暴風雨に外出という愚行

パースではあまりお目にかかったことのない暴風雨が、ここ数日間間隔をおいて続いている。パティオの煉瓦敷など落ち葉だらけで、ひどい状態だ。電話をして きた友達に「まるで、北のダーウィンあたりにやって来るサイクロンみたい」とため息をついたら、パース西のスカボロ海岸に風速100kmという「ホンモ ノ」のサイクロンが上陸していると言う。なんだ、そのせいだったんだ。

西豪教育省から連絡があり、フルタイムの教師の契約がはいった。来 月から半年間ということで、直接学校へ面接に行ってきたのだが、不幸なことに太い街路樹がナナメになるほどの暴風雨の時間にちょうど当たってしまった。高 速道路など、ハンドルをしっかり握っていないと車があらぬ方向へ走りそうになる。おまけに雨は高速ワイパーでもぬぐえぬほどの量。正直なところ、引き返し たくなった。

学校で様々な話し合いと書類手続きを終えると、また暴風雨が戻ってきている。コピーしてもらった資料をかかえて駐車場まで走ったら、 あまりに強い風に腕の中の書類が飛ばされた。舞い上がった書類は、駐車場のフェンスにべたりと一枚づつ張り付く。風のせいで落ちないのはいいが、高すぎて 届かない。情けないなあ。通りかかった高校部の男子生徒にとってもらう。こちらの16歳くらいの「少年」は、まるでプロレスラーのように大きいのだ。「ど うもありがとう」とお礼を言ったら、「ノーウォリーズ(no worries)」。豪州英語特有の「どういたしまして」だが、いまだに慣れない。「ご心配なく」って言われてもピンと来ないじゃないか。ゆえに、わたし には使えない言い回しでもある。つらつらとそんなことを考えながら、そろそろと車を走らせていたら、今度は迷った。
倍の時間をかけて家にたどり着くと、もうグッタリだ。暴風雨の真っ只中に外出なんて、いいことヒトツもなく、ただただ情けないものである。ふう。

写真は、情けない日の終わりに気分転換をもたらす小さな陶器の象。香炉になっているので、ゆらゆらする細い煙を眺めながら寝酒の一杯を。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA