がびのテラス - 軽妙にして辛辣、独断にして優雅に

紹興酒の香る中華風ポークチョップと青梗菜の蒸しもの

ちょいと気の重い出来事があって、頭痛も相まってとても出かける気になれず、友達の誘いを断って家でゆっくりすることにした。こういうこともたまにはあるが、そういうときは美味しいものでも食べて、酒でも飲むに限る。

今日は帰り道で寄った肉屋のポークチョップを使う。
この肉屋はスーパーのパックされた肉とは違い、ウィンドウから直接選んで包んでもらうタイプの店だ。右だの左だのとサンザ指図をして選んだのは、わたしひとりで食べる場合にちょうどいいぐらいの大きさだ。
ついでに隣の中国人の八百屋で葉っぱのピンとはった新鮮な青梗菜も買った。

日本で料理用の酒と言ったら日本酒だろうが、わたしは時々中国の紹興酒も使う。中華料理屋の蒸し物や炒め物などでたっぷりふってあるのがこれだ。入れると入れないのでは、やはりコクが違うので、中華料理風のソースを作るときには必ず少々加えることにしている。

今日は、またもや料理とも言えないスピード晩ゴハンだ。

豚肉には塩コショウと五香粉をふり、フライパンで両面に焦げ目をつけてから200度のオーブンで五分。その間に青梗菜をざっと洗って縦半分に切り、紹興酒と塩少々をふってからラップをして電子レンジで一分。ショウガとニンニクをみじん切りにして、ごま油で炒め、たっぷりと紹興酒を入れてアルコールを飛ばす。そこにオイスターソースをさっと混ぜ合わせ、焦げないようにすぐに火をとめる。これがソースだ。

青梗菜とポークチョップを皿に盛り、ソースをたっぷりとかける。

ソースを別につくることで、肉に焦げ付いたりすることもなく見た目もきれいに仕上がった。紹興酒と五香粉でかなり本格的な中華味の変わりポークチョップだが、普通のステーキに飽きたときにも簡単ですぐにできる一品。

気分転換には南オーストラリアの赤ワインをグラスで二杯ほど、いや三杯ぐらいはいけるかもしれないね、と今晩は自分を甘やかすことに決めた。

2 COMMENTS

ぶらぶら

SECRET: 0
PASS:
ずっと気が重いこと続いてるんでしょうか。
アップされることお待ちしてます。

返信する
gaby

SECRET: 0
PASS:
あ。心配していただいてありがとうございます。気の重いことはまだ時々ありますが、ただいまのところ全然へたれていません。そろそろ何か書こうかなと思っていたところです。長いことホッタラカシにしていると、いざ腰を上げるのが面倒になります。ジム通いと同じようです。どっこいしょ。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です