ワタリガニとムール貝のスパゲッティー

今日は土曜日の祝日Anzac Dayの振替休日なので、ほとんどの店が開いている。明日も明後日もたぶん帰りが遅いので、今週食べるモノを買って来なければならない。テーブルの目の前にうず高く積まれている採点待ちの答案の束は、この際とりあえず無視して出かけた。

魚屋のおじさんが手を振っている。さてはまた何かあるな。
「今日はブルースイマーの新鮮なのが入っているよ」
Blue Swimmerというのはワタリガニの一種で、味はとてもいいのだが、細くてとにかく食べるのがめんどくさい。うーん、と渋っていたら「ぶつ切りにしてスープに入れたら美味しいよ」と、おじさんの手はもうすでに1匹袋に入れてしまっている。

確か、冷凍のブルースイマーの肉だけがまだ冷凍室にあったはず。この新鮮なヤツを煮立たせて美味しいエキスをとってからパスタにからめて…と考えたらヨダレが出そうになり、結局1匹だけ購入。ついでに隣にあったムール貝も3つかみばかり買った。

ムール貝はゴシゴシとタワシで貝殻をこすってから、白ワイン1杯とともに鍋に入れて軽く蒸した。こうすると茹でて旨味を流してしまうより美味しい。貝が開いたら、冷まして貝殻からはずしておく。蒸し汁はもちろん捨てない。

大鍋に湯を沸かし、沸騰したらトマト1個を放り込み、1分ぐらいで取り出したら皮をむいてざく切りに。生のスパゲッティーを買ってきたので、茹で上がるのはたった3分だ。このまま具が出来上がるまで、もう少しグラグラと待っていてもらう。

さて、カニとムール貝だ。
大きなフライパンにオリーブオイルをたっぷり熱し赤唐辛子とニンニクのみじん切りを炒めてから、カニのぶつ切りを豪快に炒める。そして、先ほどのムール貝を放り込み、ガラガラガシャガシャとうるさく炒め、青かったカニがマッカッカになったら、解凍した蟹肉を加え、先ほどのムール貝の茹で汁を加えてしばらく待つ。そうするとカニから出たエキスがほうわりと至福の香りを醸し出す。

スパゲッティーをアルデンテに茹でたら、湯を切ってざざっと具の入ったフライパンで混ぜあわせ、バジルの葉を散らした。

20150427_3カニである。こういうものは豪快に手を使い、指をぬらぬらとさせながら齧り、舐め、吸い尽くす。海の幸のエキスが絡みついたスパゲッティーを、そのベトベトした手でフォークを使って口に運ぶ。ヒトサマには見せられないカッコで食べるスパゲッティーの何と美味しいことよ。

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2015

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA