当たっちゃった

しつこく「宝くじ」のことに触れるのには、わけがある。
当たってしまっ たのだ。例のごとく4枚のロトシート(ということは4週間確認していない)を新聞を買ったついでに、売店でチェックしてもらったところ。。。。。「わわわ わわっ、当たっていますっ。当たっていますっ。おめでとうっっっ。いやー、おめでとうっっ」などと売店のおじさんに叫ばれ、いきなり心臓はどきどき、すわ ウン億円かっ、と思ったら、なんと約7000円だった。おじさんが当たった金額を言ったとたん、周りにいた今夜のロトを買いにきたひとびとは、「なんとな く」胸をなでおろしたような風情。そりゃあ、そんな簡単に1m鼻先で大金を当てて欲しくはないわな。
当たったことがなかったので知らなかったが、少ない賞金は売店で即払い戻しになる。新聞に雑誌を数冊、そして今夜のロトも買ったのに、レジからその分差し引いた金額を「もらえる」というのは、さすがにうれしくて笑みがこぼれる。
友人との遅い午後の珈琲のときに、そのことを言ったら「じゃあ、この珈琲はがびちゃんのおごりねっ。では、ケーキも食べちゃいましょう。」
言わなきゃよかった。
「そ う言えば、あなたそういうチマチマしたものは、よく当たるよねえ。去年教えていた学校の昼休みクジ引きでは、2回も当てたじゃない。チョコレートとシャン プーだったっけ?でもねえ、そうやって、あなた大きな運を逃しているのよねえ。10回チマチマ当たるより1回どかん、てのはなかったでしょ。」
言わなきゃよかった。

こ のところ、全く「教える」仕事のオファーがないというのも「運」と言ってしまえばそれまでだが、その分こうしてHPや日記を更新したり、プログラミングと 論文の準備がゆっくりできると思えば、気分は楽になる。チマチマした運に強いわたしは、こうしてほんの少し高いワイン(もちろん、これも当たりロトのせ い)で、ふんわりといい気持ちになる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA