扇のように広がる紙幣は母の得意技

88歳の母は昔旧富士銀行で「ミス富士銀行」と呼ばれた美人だ。いや正確に言えば「だった」。 出向していた国鉄で父と出会い恋に落ちたが、その時代は結婚したら寿退職が当たり前。周りに隠してひっそりとデートに出かけ、と言ってもそ...

和風ミニハンバーグをおろしポン酢で

小さいときに実家の晩ゴハンに登場したハンバーグはたまに作る。繋ぎにはパン粉を牛乳大さじ2杯に浸して混ぜ、玉ねぎは飴色になるまでよく炒めて、キャッチボールをしながら形をつくり、食べるときにはケチャップととんかつソースを混ぜ...

長ナスの甘酢炒め

母が行く病院の隣には小さな八百屋がある。いつもの腰と膝の治療なので、わたしがついていかなかったためか、母は長ナスと枝豆を買ってカートのポケットに入れて帰ってきた。ここずっと買い物らしきものに行けなかったので、どうにも何か...

治外法権を持つ自転車という乗り物

ここ10年以上ほとんど1年に1度2週間しか滞在しない東京だったが、母の介護のおかげで6週間になろうとしている。 これだけ長く滞在していると、街に出て気になるのが自転車という乗り物。オーストラリアやヨーロッパでは自転車は基...