キングストリートの Heno & Rey

久しぶりにオペラ観劇。今回はパースでは15年ぶりという「カルメン」だ。なぜ15年もこんなに有名なオペラが上演されなかったかと言うと、主人公のカルメンが働いているのが「煙草工場」で「煙草を吸う場面が多いから」という何とも嫌煙が進んでいるオーストラリアならではの理由。何ヶ月も前にチケット購入していたから観られたが、4日間全て満員御礼というのは非常に人気の高いオペラで親しみやすい曲がたくさんあったためと思われる。

さてそんな「カルメン」を上演するのは豪華で古めかしい劇場、His Majesty’s Theatre(王立劇場)だが、その隣にHeno & Reyというスペイン料理店が新しくできた。こちらも予約して出かけていった。

外にも座る席があり、いかにも心地よさそうなソファーなのだがいかんせん寒すぎる。夜ともなると13−4度になるパースの冬だ。街のパブのように外にヒーターもついていない。わたしは窓際だったので、外の席の女性に大きな毛布が渡されるのを見たが、それでも寒かったとみえて中のテーブルが空いたときに食事の途中だったのにすぐに移ってきた。ヒーターはつけるべきだなあ…。

さて、料理だがタパスが多いのでいくつかそこからおつまみを注文したが、その注文がなかなか来ない。ワインに口をつけてしばらくしても頼んだチェイサーの水さえテーブルに来ない。

タパスを作っているオープンキッチンの大きなテーブルに所狭しとタパスの皿が並び始めた。それこそもうそれ以上作れないほどに。つまり、サービススタッフが出来上がった皿を取りに来ないからだった。10分以上たっても来ない。そのうちに料理人たちがザワザワし始めた。そして、何度もチーンと鳴る「料理が出来上がっているよ!」のサイン。そして、ついに料理人のひとりがしびれを切らしてキッチンから出てくると、スタッフを呼びに行って不満をぶちまけたようだ。なるほど、遠くでおしゃべりをしているスタッフが2人。ようやくその2人が飛んできて料理を運び始めた。

そして、わたしたちが恐れていたように全部いっぺんに注文した料理が並んだ。並んだというよりもうぎっちりと置かれて、ワイングラスをおく隙間さえない。「全部いっぺんに持って来ないよう、あらかじめお願いしたはずですが」と言うと「すみません」と言うばかり。取りあえず、ふたつほど料理を銘々皿に分配し、空いた皿を下げてもらうよう合図。今度はスタッフのひとりが飛んでくる。(実はわたしはこういう場合ものすごーく顔に出やすいので、スタッフたちにはわたしがものすごーく怒っているということがわかってしまったらしい)
しかしねえ、こういうときはフロアマネージャーが小さなおつまみ一品ぐらいタダで持ってきて「すみません」とやってくれたら、客も気分よく食事が楽しめると思うのだが、まだそんな気の利いたことができる店にはなっていないらしい。

しかし、やっと料理が楽しめるね(というよりワインをテーブルに置けるね)と食べ始めたらこれがビックリするほど美味しい。

キングフィッシュのセヴィッチェ(刺し身のレモンマリネ)。魚が本当に新鮮で、厚みのある肉にレモンのフレッシュな味わいが何とも言えない。

こちらは、タコの足とカリフラワーのグリル。味はよいのだが、残念ながら冷えている。そりゃ、キッチンテーブルに置きっぱなしだったのだから当然だ。プリプリのタコの足なのに。

スペイン料理店に来たら、絶対これは注文しなきゃねというスペインの生ハム、ハモン・セラノ。店で直接切り落としたばかりのハモンはやはり美味しい。

これはレモンとアイオリソースを添えたイカの足の揚げ物。おつまみには最高だ。

この他にもまだサラダとホワイトベイト(小魚)のフライがあったのだが、テーブルが大入り満員で写真が撮れる状態ではなかった。残念。

料理は素晴らしいし、値段もパースシティーにしては安めかもしれない。雰囲気もモダンで素敵だ。それでもスタッフの対応で興ざめしたのは間違いない。料理人たちがかわいそうで、トイレから帰ってくる途中で「料理が本当に美味しかったです、ありがとう」と一言残しておいた。3人ともニッコリと微笑んでくれたのが印象に残っている。
いずれにしろ彼らに罪はないし、そのほかの料理を試すためにもう一度訪れたいとは思っている。

ギリシャ風サラダで簡単ランチ

お昼のギリシャ風サラダ。
…などと書いているが、実は冷蔵庫の残り物だけで作れる。材料は、焼いた残りを冷凍しておいた自家製塩鮭、フェタチーズ、キュウリ、トマト、赤パプリカ、サラダ菜。普通は玉ねぎも入れるが、わたしはあの生のツンとくる匂いがあまり好きじゃないので入れない。赤玉ねぎかまたはエシャロットは大丈夫だけれど、今のところ切らしているし、普通の玉ねぎを水にさらすのもめんどくさい。つまり、お腹がすいているから早く食べたい。

ドレッシングはいい加減だけれど、オリーブオイルを1としたらレモン汁はその半分。そこにほんの少しハチミツを加え、塩コショウ。あとは庭のバジルとオレガノを刻み、ニンニクをひとかけつぶす。これをよく混ぜてからサラダにたらし、ざっと混ぜたら出来上がり。

実は明日から11年生と12年生の期末試験が始まるので試験監督業務があり、しかもその生徒たちが個人的に練習した作文などを持ってくる。つまり、かなり忙しくなる予定だ。ただし今日はまだ日曜日なので、映画を観たり読書をしたりとのんびりしたグータラ時間を満喫している。

先週あたりからぐんと冷えてきた秋のパースだが、今日はことのほか天気が悪くて出かける気がおきない。

ああこういう日に欲しいのはコタツだなあ、と無い物ねだりをしてみる。

エアルームトマトのサラダにチキンとマッシュルームのオーブン焼き

日曜日は恒例となった近くのファーマーズ・マーケットへ。ここは以前はしなびた露店が10軒もあればいいほうだったマーケットだが、市が「これじゃいけねぇ」と思ったらしく、今年から規模を大きくして新鮮な野菜や果物などの店を増やしたら大当たり。毎週野菜を買いに行くのが楽しみになったひとも多い。もちろんわたしもそのひとり。

今回は「来週からはトマトもやるからね」という店に直行したら、おお、あった。この無骨で醜くて形もマチマチで、スーパーじゃとてもじゃないが売れないような形のトマトが。

これはエアルーム・トマト(Heirloom Tomato)と言って、交配を繰り返した改良品種ではなく固定種と呼ばれる。つまり何世代も同じ育成過程を経て作り続けられる品種だ。たくさん作れるわけでもなく、赤くなってから収穫するのでスーパーに大量に卸せるわけでもない。だから、こうしたマーケットで細々と売るほうが多い。

昔ながらの青臭いトマトの香りと肉厚の甘い果肉が楽しめるので、こればかりはスライスしてバージンオリーブオイルとバルサミコ酢を振りかけ、最後にパルミジャーノ・レッジャーノのチーズとバジルを載せるだけだ。

これだけはどんなに食べても食べ足りない。スーパーのトマトなんか実際食べられたものではないのだ。

さて、そのトマトをつまみながらもうひとつのメインの料理を作る。まずフライパンにオリーブオイルを熱し、皮を剥いたエシャロットを半分に切り、マッシュルームも大きいものは半分にして中火で炒める。どちらもしんなりしたら、ニンニクのスライスを加え、タラゴンを茎ごと放り込み、チキンコンソメスープのキューブと水を入れ、ついでにシェリー酒をたらす。一気に沸騰したら火を止めてオーブンロースト用の深皿に。

次に同じフライパンに油を足してから、骨付き鶏もも肉に塩コショウし、両面焼き色ををつけて同じ深皿に加える。そのまま、アルミホイルでぴっちり蓋をしてから180度に熱したオーブンで30分。アルミホイルをはずして15分。フレッシュなタラゴンを散らしてできあがりだ。

おっと、その間にこれまたマーケットで買ったジャガイモを同じオーブンで30分ほどローストした。

熱いうちにハフハフと頬張り、甘いトマトで口中をさっぱりさせ、また今度は熱いジャガイモでハフハフと…ああ、美味しい。