エカマイの (UN) FASHION Cafe

バンコク・エカマイは最近カフェがずいぶんと増えて、珈琲好きとしては大変楽しい散策エリアとなってきた。

エカマイのソイ10角には「Ekkamai Shopping Mall」という一角があるが、最近ではショッピングというより小さなカフェ、バー、レストランなどが立ち並び、連夜若者たちで賑わっている。数年前からそこには小さなヴィンテージものの革製品を売る店もあるが、その隣に今度はカフェができた。それが (UN) FASHION Cafe(アンファッション・カフェ)だ。

外から見るとまるで誰かの家のような椅子とクッションが散らばっていて、狭い店内はとても居心地がよさそうだ。スタッフは若く英語も達者だ。外の椅子にはアメリカ人の親子が座っていたし、ここには結構外国人も来るのだろう。

何となく古びた椅子やらテーブルやらが置かれ、狭い店内はカフェというよりアンチックショップのような雰囲気だ。隣のヴィンテージ革ショップのオーナーのカフェなので、内装が似ているのは当然なのかもしれない。

珈琲メニューはバンコクの標準的なスタイルで、カフェラテ、カプチーノなどが並ぶ。わたしは冷たいカプチーノを注文し、窓際の席が空いていたのでそこに陣取った。クッションが柔らかくやはり快適な小さな空間。ここならゆっくりと1時間ぐらい本を読んだりメールをしたりできそうだ。

窓際にはホームメイドのケーキが並んでいたので、アップルタルトをひとつ切ってもらった。

しばらく待っていると、温かいアップルタルトのひと切れが生クリームを添えられて出てきた。シナモンがたっぷりとかけられた素朴なヨーロッパ風タルトだ。生地はサクサクとしていて香ばしい。

1階は珈琲とケーキだけだが、狭い階段を上がる2階はダイニングエリアとなっていて軽食も楽しめるらしい。わたしはどちらかというと、知人の古びた家にいるような懐かしい空間の「 (UN) FASHION Cafe」で、今度は文庫本でも持ち込んでゆっくりと過ごしたいと思う。

エカマイの BEESTON CAFE

雨がパラパラと降ってきたので雨宿りがてら、エカマイのソイ2にあるBEESTON CAFEへ。

中は広々としていて、テーブルとの間隔もゆったりと取ってある。居心地のいい空間だ。

英国のビーストンに滞在したことのある若い6人が共同でつくった店だ。コンセプトは「自分たちのアパートでくつろいでいるような空間」ということで、インダストリアルな雰囲気の中で、様々な形のテーブル、椅子、ソファが置かれ、テーブルランプや電源コンセントなども近くにあり、なるほどくつろげる。

珈琲はチェンマイからのオーガニック豆を挽いているそうで、香りが豊か。カプチーノはもう少し泡が少ないほうが飲みやすい…のはわたしだけの好みなのか。飲み終わったあとに、カップの1/3ほどが泡だったことに気づく。儚い。

おやつに注文したアーモンドクロワッサンは、外側がサクッとしていてとても美味しい。フランスのコルドンブルーで修行したシェフが毎朝自ら焼いているんだとか。他にもプレーンなクロワッサン、ハム&チーズ、チョコレートなどがあり、最初選ぶときに目移りしてしまった。

メインの食事類も充実していて美味しそうなので、次の機会には食事に来てみたい。

エカマイの One Ounce for Onion

バンコク・エカマイは15年ほど前はまだ今ほど新しいマンションの乱立もなく、ソイの内側に入れば比較的静かな地域だった。それがあれよあれよという間に車の通りが激しくなり、大型スーパーが開店し、少しずつトレンディな店が増えてきた。

エカマイのソイ12にはその昔住んだことがある。「何にもない」普通の住宅が立ち並ぶ道だった。ところが、ここはお隣の繁華街トンローに直結する道だったこともあり、現在では「エカマイ・ソイ12の珈琲通り」として、数えただけでも9軒ほどのカフェがある。

そのうちのひとつ「One Ounce for Onion」はソイ12からさらに小さな路地を抜けていくとあった。どこにでもあるようなタウンハウスが立ち並ぶ路地で、車が二台やっとすれ違えるくらいの幅である。大きな看板があるわけでもなく、オープンな入り口がなければ見過ごしてしまいそうな場所だが、サングラスやカジュアルウェアなどを売るOnionが右、カフェのOne Ounce for Onionは左側の小さな空間で、外にも座れるようになっている。ここで数人煙草を吸いながら珈琲を楽しんでいるひとたちもいる。カジュアルで居心地がよさそうだ。

お腹がすいていたので、珈琲はあとにしてまずランチを注文した。ドリンク類も色々とあり、特にコールドドリンク類が変わっている。

こちらはバナナクランチ(Banana Crunch)。バナナと砕いたキャラメルアーモンドとヨーグルトのミックスシェイク。ねっとりとした甘さ。

そしてミックスベリーとハーブのソーダ(Mixed Berries and Herb)は、赤い実(たぶんイチゴ)のピュレ−、ローズマリ、レモン、シナモンのミックスで、さっぱりとしている。

どちらもコンビネーションが絶妙だ。パッションフルーツとタイムのソーダ、ジンジャーピーチ、アーモンドキャラメルチーズシェイクなど、他のドリンクも試してみたいものばかり。

ランチとしての軽食は三つしかない。その中から二つ。
カフェお勧めの「グリルド・クロワッサン Grilled Croissant」は卵の黄身と豚ひき肉入りの自家製のスパイシーなトマトソースがついてくる。シンプルな一皿だが、カリカリのクロワッサンをトマトソースと卵の黄身でこってりとしたソースに浸して食べるだけでなんでこんなに美味しいんだろう。

もうひとつの皿は「ガーリックとベーコンのタイ風パスタ Pasta Thai Garlic Bacon」だ。こちらは細いカッペリーニを使い、ベーコン、チェリートマト、ピーマン、スライスしたニンニクにバジルとチリをからめてある。チリがぴりりと効いていて、なるほどタイ風のパスタだ。

最後に珈琲を。これがまたビックリするほど美味しい。バリスタの男性が上手いのかもしれないが、わたしの飲んだFlat White(オーストラリア流の呼び方だが、エスプレッソ珈琲を1ショット、そして泡立てたミルクを注いだ珈琲のこと)はその酸味と苦味がほどよく混ざり合いまろやかな舌触りだ。コーヒー豆はSiam Discovery Centerの有名な珈琲店、Brave Roastersのものを使っているという。コーヒー豆も売っているので、再訪の際には必ず購入しなくては。

そのほかにはデザート類も豊富で、隣のテーブルで注文されたワッフルとアイスクリームとイチゴのデザートに思わず手が出そうになった。

One Ounce For Onionは場所が駅から遠くて多少不便なので、観光客向けというよりは地元のヒップスターたちか近辺の高級マンションに住む駐在の外国人が多い。WiFiも無料なので、ゆっくりと午後の静かな時間を過ごすのに最適と言えるかもしれない。