ヴィクトリアパークのSilk Road Uyghur Cuisine

近所にウイグル料理の店ができた。
シルクロードという名前からしてエキゾチックだが、たぶん中央アジアの料理なのだろうなと思いながら入ってみた。

比較的早い時間だったので、わたしたちの他には2組しかいない。さてどんな料理だろうとメニューを開いたら、すぐにピーナッツと甘いポップコーンの小皿に水のボトルが出てきた。ワインかビールでも飲みたくなるところだが、ウイグル自体がイスラム教徒の地域なのでアルコールはおいていない。オーストラリアのほとんどのレストランでは、持参したアルコール類をコルケージ(持ち込み料)付きで飲めるが、そうした表示も全くない。
わたしたちが会計をし始めるころに入ってきた客はワインのボトルを持っていたが、どうもそんな雰囲気ではないことを察して、早々にバッグに戻してしまった。

ウイグル族はトルコ系少数民族で、新疆ウイグル自治区やカザフスタン・キルギス・ウズベキスタンなど中央アジアに居住するひとたちだ。敬虔なイスラム教徒でもあり、モンゴル族と同じく独立を目指しての衝突が中華人民共和国内で今も勃発している地域だ。

サービスをしてくれる責任者の女性はエキゾチックな風貌で、とても美しい。
飲み物は勧められたウイグル風ホームメイドのヨーグルトドリンクにしてみた。甘いのと甘くないのと両方あり、これはどちらも美味しい。ねっとりとしていてコクがある。甘くないほうは銅製のカップで供され、甘いほうは普通のグラスに入っていた。

最初に出てきたのはPermudeというラム肉と野菜を包んだ小さなパイ。ふたくちで食べられるくらいの量だ。中華料理によくある餃子のようだが、スパイスが効いていて味はかなり違う。

こちらがメインのジーケワップ(Zih Kewap)。ラム肉の串焼きだ。ウイグルのスパイスで味付けして、炭火で焼いたこの店の名物だ。鉄串は40cmほどの長いもので、隣のテーブルの男性たちは豪快にそのまま口に運んでいたが、鉄串の切っ先が唇に刺さりそうで、わたしはフォークを使って串から外してから口に運んだ。

これが予想外に「おお」と声が出るほど美味しい。スパイスの馥郁たる香りと味もさることながら、肉自体がとても柔らかくてジューシーなのだ。ラム肉の匂いが嫌いなひとでもたぶん食べられるのではないかと思う。それほどマリネもしっかりとしてあって、いくらでも食べられそうだ。

付け合せに注文したのは、ガーリックナン。作り方が違うのか、インド料理店のもちもちとしたナンに比べるとパンに近い。

同じく付け合せとして出てきたのが、ポロ(Polo)と呼ばれるウイグル風ピラフ。ニンジンが沢山入っていて色も美しい。

こちらはパディチサラダ(Padichi Salad)。細かく刻んだトマト、キュウリ、赤玉ねぎ、パプリカ、パセリがドレッシングで和えてある。さっぱりとしていて歯ざわりもよく、こってりとしたラムやニンジンピラフにとてもよく合う。

これだけ食べてしまうと、残念ながらデザートはとてもじゃないが入らない。メニューだけ見せてもらうと、ギリシャ料理やトルコ料理やインド料理にもあるバクラヴァ(Baklava)の名があった。やはりシルクロードだ。

エキゾチックで壮大なシルクロードに思いを馳せ、腹いっぱいの幸福な気分を抱えて店をあとにした。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA