雨の神保町で本と珈琲を楽しむ

日本に一時帰国すると、神保町に出かける用事があるのが嬉しい。あそこはわたしの「遊園地」なので、古本屋を冷やかしながら最後に書泉で新刊本も数冊買う。で、戦利品を「ラドリオ」か「さぼうる」で開けて珈琲を飲みながらパラパラとペ...

キングストリートの Heno & Rey

久しぶりにオペラ観劇。今回はパースでは15年ぶりという「カルメン」だ。なぜ15年もこんなに有名なオペラが上演されなかったかと言うと、主人公のカルメンが働いているのが「煙草工場」で「煙草を吸う場面が多いから」という何とも嫌...

扇のように広がる紙幣は母の得意技

88歳の母は昔旧富士銀行で「ミス富士銀行」と呼ばれた美人だ。いや正確に言えば「だった」。 出向していた国鉄で父と出会い恋に落ちたが、その時代は結婚したら寿退職が当たり前。周りに隠してひっそりとデートに出かけ、と言ってもそ...

ダルキースの Café des délices

二週間に一度やってくる1時間目と5時間目しかない日。つまり真ん中の9時35分から2時25分まで授業がない。家に帰ってもいいのだが、往復で1時間以上かかる道のりを考えるとどうも気が乗らない。だが学校にいればどうしても働いて...

餃子パーティーは楽しいよ

餃子は昔はよく作ったのだが、なぜかこのごろあまり自分では作らないことに気づいた。ふむ。それはもしかしてパースでは飲茶ランチが多いせいではないか。友達と飲茶に行けば、鍋貼餃子(中国餃子は少々皮が厚いけど)があるし小籠包もあ...