センセイがやっぱり泣いてしまう日

卒業式が近くなると、毎年12年生の生徒たちのほとんどがカードとプレゼントを持ってきてくれる。今まで何年も教えていた生徒たちなので、いきなり抱きついてきて「センセイ、今までありがとう!」なんて言われると、こちらも目頭が熱くなってしまうときだ。

プレゼントも嬉しいが、その心のこもった手書きのカードに泣かされることも多い。その子の成績に問題があって世話を焼いたことが数知れない場合は、特に。
彼女にはずいぶんと時間を割いて添削をしたし、会話の補習も朝早くか放課後に集中した。10年生のときまでは成績がよかったが、文法が難しくなるにつれて他の子たちとの差が出てきた。それでも言われたとおりに作文の練習もスキャンして送ってきたし、受験が近づくにつれて会話も少しずつスムーズになってきて、ほっとしたものだ。

受験が終わり、どうしているかなあと思っていたら、明後日の2016年度修了式のための合唱練習の合間にオフィスに寄ってくれた。12年生は入試期間からすでに授業はない。「センセイ!」と呼ばれて振り返ると、満面の笑みを浮かべて私服姿のその子が立っていた。

「今日はセンセイに御礼が言いたくて寄ったんです」と言いながら、小さな袋とカードを渡してくれた。袋の中には黒く艶のある玉を並べたブレスレットが。彼女が帰ってから封筒を開けてみると、美しい手製のカードだった。中学生のときから手先が器用で、趣味は小物のクラフト細工だった子だ。

card3

この何年もの長いあいだ先生に教えてもらったこと、本当に本当にありがとうございました。先生のおかげでわたしは段々と日本語に興味が持てるようになったんです。先生は知識と細部まで丁寧に教えられる技術を持っていて、本当に素晴らしい先生です。

先生はわたしが7年生のときから教えてくれていましたが、もう最初からずっと一人ひとりの生徒に目が行き届いていて、だからみんな日本語とその日本語を勉強することが好きになったんだと思います。

特に卒業までの2年間、段々と自信がなくなっていたわたしを力づけて最後まで色々と補習やアドバイスをしてくれた先生に感謝しています。

先生はわたしにとって一番特別な先生です。これからもずっと先生と連絡できるように願っています。
本当にどうもありがとうございました!

何だか鼻につんと来て、オフィスの自分の席でほろりと涙がこぼれた。
色々と辛いことや悔しい思いをした2016年だったが、わたしは生徒にだけは恵まれている。そして、だからわたしは教師が辞められないのだと思う。

明後日の修了式は、12年生たちが制服を着る最後の日だ。
わたしの肩までの背だった小さな少女が成長し、若い女性のしなやかな身体を翻して修了式の終了とともに会場の外に駆け出していくことだろう。彼女の未来を思って、何だか寂しいような楽しいような複雑な思いに、カードを胸に抱いてほうとため息をついてみる。

 

プロヴェドーレス・マーケットで生牡蠣に舌鼓をうつ

土曜日はいつも見逃していたイベント、プロヴェドーレス・マーケット (Provedores Market) に行ってきた。
ヨーロピアン食品の卸業者倉庫の前で催される、年に一回のイタリアン食品マーケットだ。アコーディオンがイタリアン音楽を奏で、倉庫前の広場にはピザ、スパゲッティー、パン、お菓子、そして珈琲の店が立ち並んでいる。

italian8

italian7

散歩のついでに立ち寄るひとも多いと見えて、新鮮な水とクッションまで備えたお犬サマ用カフェまである。

italian2

それらを横目で見ながら…わたしのお目当てはコレだ。その場でこじ開けてくれる新鮮な生牡蠣。

italian5

このオニイサンのすごいところは、素手で親指に指サックをしただけで高速で5秒もたたないうちにこじ開けてしまうことだ。いや、わたしの家にも牡蠣こじ開け用のナイフがあるが、指を傷つけてしまうから軍手装着、ひとつ開けるのに絶対1分以上かかる。そんなわけで、もうこのごろでは自分で開けるなどという大仕事はしたことがない。

オニイサンはしゃべりながら牡蠣を取り、じゃっと一息でナイフを隙間に入れて、するっと開けてしまう。見事だ。

italian4

たった今開けたばかりの新鮮な生牡蠣は、1ダースで約1200円。レモンをたらーりとたらして、口につけ一気にすすりこむ。ああ、至福の瞬間。

italian

ワインなどの酒類は販売していない。卸業者の倉庫前なので酒の小売は許可されていないのだ。これだけがちょっと残念。こんなに新鮮で美味しい生牡蠣をキリリと冷えた白ワインで流し込めないところが。

気を取り直して後ろを振り返れば、おお、イタリアのアンチックな中古車が。と言っても、古いなりに整備されていて、こりゃ高いだろうなあと思わせる風情だ。このFiatなんか可愛らしくて、駐車がヘタクソなわたしにもすんなりと行きそうなくらい小さい(でも、もちろんマニュアル)。

italian3

倉庫の中に入ると、ここでもチーズや豆類やサラミなどが販売されている。わたしが買ったのは日本に持って帰ってお正月のおつまみ用にできる丸ごとサラミを2本。そして、アマレット風味のビスケット。

italian6

お酒は、卸業者なので売ってはいるが4リットル以上となっている。つまりワイン6本分だ。試飲はアルコール分の強いグラッパとリモンチェロのみ。ワインを試飲なしで買うつもりはないので、これだけは断念した。

そのあとは、近くのイタリア食品店でサラミや生ハムなどを切ってもらい、チーズも少しずつやはり切り分けてもらってから、その店の試飲所で試した白ワインを2本買った。

italian9

晩春の遅い午後はまだ少し肌寒いけれど、自宅の庭でゆっくりと楽しむワインとおつまみとおしゃべりで「今日はイタリアンづくしの土曜日だねえ」と呟きながら空を仰いでみる。
明日もいい天気になりそうだ(と思ったら30度まで上がる暑い日に)。

 

近所の日曜マーケットで巨大なサンドイッチ巻きにかぶりつく

日曜日のご近所マーケットは、ショッピングセンター横の空き地で行われる。
時々寄っていたが、寒い冬の雨模様に怖気づいてしばらく行っていなかった。さて、天気がカラリと晴れ渡った日曜日、久しぶりに歩いて行こうと思い立った。全行程2.2キロの散歩だ。行き帰りだと4.4キロ。間にランチや買い物を挟んでいることもあり、まあこのぐらいだったら軽いものだ。

春なので、歩いているだけでボトルブラシの木が満開の真っ赤な花を咲かせているのが見える。そろそろ散り際なのか、道にも赤い絨毯が。

market2

これはたぶんグレヴィレアの一種。オフホワイトの花が重たげに揺れていた。

market3

さて、マーケットのある空き地はかなり広大なので、右に売店が並び、左には椅子とテーブルが据えられていて、真ん中の日差しが強い場所はそのまま開けてある。至ってシンプルな作りである。

market4

market5

歩いたせいでお腹も空いてきたことだし、ずらっと並んだ売店の中からひとつを選んで並ぶ。サンドイッチの店で、並んでいる間に選んだのは「チョリソー・ソーセイジとハルーミのラップ」。平たくて丸いピタパンを拡げて、そこにたっぷりと焼いたチョリソーとハルーミを入れ、サラダもたっぷり。ハルーミというのはギリシア産のチーズのようなもの。最後に好みのソースをかけてくれる。わたしが選んだのはアイオリ・ソース。

market6

オジサンは列の最後だったわたしとおしゃべりをしながら作っているものだから、具を入れすぎて巻けないぐらいの巨大なサンドイッチ巻きになってしまった。

market7

わたしは手が大きいほうだが、それでも半分ぐらいしか握れない。長さは何と20センチ以上はあるシロモノだ。

market8

まだほかほかと湯気をたてているソーセージとサラダはとても美味しくてかぶりついていたが、さすがに大食いのわたしでも食べきれない。半分ほど食べて疲れてきたので、またオジサンのところに戻ってナプキンを多めにもらい、包んでからバッグにいれた。あとでオヤツにしよう。

market9

さて、そのまま行くと小さなテントのようなものがあってひとが集まっている。何だと思って見に行くと、小動物が抱ける子供用の小さな動物園だった。ラマがいて、後は羊やヤギの子供、そしてウサギ。皆とても慣れていておとなしい。

market10

その隣には植物の店。ここでは韓国シソの鉢が売られているのだが、葉は固くてとても生食用にはできそうもない。

market11

「日本のシソはないんですか」と聞くと「ああ、あれは時間がかかるわりにはすぐに摘まないとダメだから売っていないんだけど、種なら来月持ってきてあげるよ」とのこと。さっそく予約だけして、電話番号を残しておいた。

market12

ざっと見渡すと、トマトの苗木もある。5個で約800円。園芸センターよりはるかに安い。釣り書を見ると、色々な種類がありどうしても欲しくなって結局5種類の違ったトマトの苗木を買ってしまった。ついでに、あいちゃんとすーちゃん用の猫草も同じ店で手に入れた。

market13

今日の戦利品だが、よく考えたらトマトが熟れるころにはわたしはまだ日本にいるはず。ギリギリで食べられるかどうかなので、葡萄もトマトももしかしたらまた友だちに採りに来てもらうようになるかもしれない。
何のために買ったんだろう…わたしは。