扇のように広がる紙幣は母の得意技

88歳の母は昔旧富士銀行で「ミス富士銀行」と呼ばれた美人だ。いや正確に言えば「だった」。
出向していた国鉄で父と出会い恋に落ちたが、その時代は結婚したら寿退職が当たり前。周りに隠してひっそりとデートに出かけ、と言ってもそんな優雅でロマンチックでは決してなく、いつもラーメン屋か駅のホームのベンチだったそうだ。それでもオフィスでお茶くみをする母が湯呑みを下げようとすると、中にはデートの約束のメモがちょんと入っていたという。

そんな母はちょっと紙幣の束があるとこうやって広げて昔の腕前を披露した。そして、小さかったわたしたちはいつも感嘆の声をあげたものだ。機械がなかった時代には、銀行員はこうして紙幣を手で大きく広げて数えていたのだった。

今回わけあってオーストラリアドルを100枚ほど持ってきていたので、「お母さん、昔取った杵柄ってヤツをまた見せてよ」と言ってみた。

昔よりはかなりスピードが落ちているが、それでもキレイに広げてみせたのはさすがだ。すごいや、お母さん。

今100枚の紙幣をこんなふうに数えられる銀行員はまずいない。こうした小さな技はいずれ消える運命なのだろう。たぶん母とともに。
そう思いながら、わたしと母は懐かしい昔に戻ったように微笑んだ。

 

ダルキースの Café des délices

二週間に一度やってくる1時間目と5時間目しかない日。つまり真ん中の9時35分から2時25分まで授業がない。家に帰ってもいいのだが、往復で1時間以上かかる道のりを考えるとどうも気が乗らない。だが学校にいればどうしても働いてしまうし、何かしら用事が入ってくる。

そう言えば、なんだか素敵なフランス風カフェがあったなあと思いだした。ここで朝ゴハンなんてのもいいかもしれない。学校からなら車で7−8分の距離だ。
大雨の日で残念だったが、なんとか駐車スポットも見つけてカフェに滑り込んだ。雨さえ降っていなければ外に座るのもいいなと思ったが、やはり今日は誰も座っていない。

エッグ・ベネディクトはベーコンかスモークサーモン(追加料金)が選べる。サワーブレッドにホウレンソウが敷いてあり、スモークサーモンがたっぷり。その上にはポーチドエッグがふたつ。そして、オランデーズソースがかかっている。珈琲はすでにミルクたっぷりのフラットホワイトを学校で飲んでいたので、ロングブラックにした。エスプレッソ1杯分にお湯を同じ分量足した珈琲だ。そこにミルクを小さなピッチャーで添えてもらった。

周りを見ると、新聞を読んでいる中年男性やおしゃべりに余念がない奥様方やベビーカーをそのまま隣に置いて携帯電話を覗いている若い女性。この地域は高級住宅街だけあってこんな素敵な店がひっそりと隠れていて、訪れるひとびとの服装もオシャレだ。

支払いを済ませると、隣のショーケースには美味しそうなペストリーやサンドイッチが沢山。後ろにはフランス風のどっしりとした田舎パンや外側がパリパリのバゲットなどが並んでいる。わたしの目がもうショーケースから離れないのを見て、感じの良い店員が微笑みながら「何かおやつをお包みしましょうか」と訊いてくる。「いや、今日はもうお腹がいっぱいだからまたの機会に」と言って店をあとにした。
密かに「朝ゴハンのクロワッサンをここで買って学校に行ってもいいな」だの「また時間が空いたら今度はランチもしたいね」だの「パンをここで買って帰ってもいいな」だのと考えながら。

残った豚ひき肉で「キャベツと甘辛味噌炒め」そして次に「豚つくね」

問題はこちらのひき肉の1パックの量だ。500グラムが標準サイズ。
先日の餃子パーティーのときにそれを2パックも買ってしまい、ひとつはそのまま250グラムずつにして冷凍し、餃子にした残りの200グラムは冷凍するまでもないので、これまた残っているキャベツを使って甘辛味噌炒めにした。

油をひいてニンニク、ショウガ、赤唐辛子のみじん切りをまずフライパンへ。香りが出たらひき肉を炒め、ニラとキャベツのざく切りを加え、味噌、みりん、醤油、酒、砂糖少々で味つけひて、ざっと炒めた。こういうシンプルな炒めものもゴハンが進んで(実は進んじゃいけないんだが)美味しい。

そしてまだある250グラムをひとつ、今朝冷凍庫から冷蔵庫に放り込んでおいた。何か作ろうとは思っていたが、朝の時点では何も決めていない。

今日の午後は研修のプレゼンターだったのだ。
パースのそれぞれの学校にいるアシスタントやチューターのための3時間の研修だ。こちらの大学受験やその会話試験の構造と基本、生徒への文法や言い回しの提案、練習の仕方など、どれも教師たちに時間に余裕がなければ教えられない情報やサンプルなので、とても喜ばれた。最後のアンケートもそんなポジティブなコメントばかりでほっとしたところ…。

ということで、今日の晩ゴハンではなく「おつまみ」は豚つくね。つくねって鶏肉だけなのかなと思っていたが、そんなわけでもないらしい。

例によっていい加減な分量だが、豚肉250グラムに万能ねぎのみじん切りを3本ほど、そしてマッシュルームがあったのでそれもみじん切りにして4個。パン粉を「5つまみ」ほど加え、卵をひとつポンと割り、ショウガをガリガリと削り、醤油と塩とみりんと砂糖で味を整えた。

焼きやすいように平たい円形にしたかったのだが、なぜか楕円形になってしまい、どこから見てもミニハンバーグ。片面をキレイに焼いてからひっくり返して蓋をし、弱火でじっくり火を通した。

見た目はよくないが、これはおつまみに最適だ。やわらかくて、まさに「つくね」だが、白飯と一緒に食べても美味しいはず。まだ残っているので、明日はこれと玉ねぎを温めて半熟の卵をとろーりとかけてドンブリ飯にするつもり。

しかし、もう少し小さいサイズの豚ひき肉があれば、こんなに使いまわしの苦労をしなくてもよいのだがなあ…。