サーモンのカルパッチョ

軽いのが幸いだったけれど、また車の事故があり(まだ立ち直っていないのでそのことについてはまたのちほど)少々気が滅入っているので、サーモンの刺身を買ってきた。これでとびきり良い白ワインを開けちゃうんだ。まだ火曜日だってのにいいのか、という声が聞こえてきそうだがかまわない。

こちらで売られているタスマニア産鮭は天然ではなく養殖なので、寄生虫アニサキスは存在しない。だから日本と違い、平気で刺身で食べられるわけだ。ただし「刺身用、生食用」として売ってはいるけれど、日本の塩鮭の切り身の3倍ぐらい、「自分で切れ」と言わんばかり大きさである。

それを半分に切ってひとつずつジップロックの小袋に入れ、冷凍。3時間ぐらいで薄く切れるくらいになるので、紙のように薄く(難しいが)なんとか切り、それを皿に並べる。ケイパーを散らす。

醤油、米酢、オリーブオイルを各2としたら、そこに練りワサビ1を放り込み、一気に混ぜ合わせ、小口切りにしたチャイブを加える。それをサーモンの上からそっとかけて、最後にルッコラの葉を大量に載せてできあがり。サーモンの匂いがまだ気になるひとのために、ライムかレモンのかけらを載せておく。

もうおわかりだと思うが、これはわたしがよく前菜として出す料理で、大して芸があるわけでもない。でも、新鮮な刺身サーモンをつかってワサビ醤油ドレッシングをかけるだけで、なるほど和風カルパッチョになってしまうんだ。ソースが美味しくて、ルッコラをもう少し足してサラダ風に食べた。

 

豚肉の味噌漬けステーキ

土曜日に買った豚肉ロースを昨日味噌漬けにした。
4枚入りを買ってしまったので4食分、加工しなかったらもったいない。

味噌漬け用のタレは自己流だ。味噌2に対してみりんは1。そこに酒はざざっとたらす。砂糖は適当に。わたしは人工甘味料を使ってしまうが、砂糖だともっと照りが出る。料理用語では「煮切る」というが、つまり酒とみりんのアルコール分を飛ばすわけ。小鍋を中火にかけて、フツフツと泡が出てきたら弱火にし、とろりとするまで気長に時々混ぜてやる。

冷めたタレを豚肉に塗りたくり、ジップロックのビニール袋に入れて空気を抜き、一晩冷蔵庫で寝かせる。

今晩は、その豚肉から味噌をこそげとって焼いただけ。付け合せはカイランまたはガイランと呼ばれる中国野菜とマッシュルームをショウガとナンプラーソースで炒めた。ガイランはオイスターソースでさっと炒めても美味しいのだが、豚肉が味噌漬けなのでちょっと味がかぶるかなと思って、さっぱりとナンプラーに。

残りの豚肉は味噌を拭き取ってから一枚ずつ小分けにして、冷凍庫に入れた。こうしておけば、食べたいときに一枚ずつ解凍できる。

料理と言うのもオコガマシイほどの簡単な一皿だが、平日の晩ゴハンなんて時間をかけていられないからこんなものだ。豚肉は味噌タレとあわせておいたおかげで柔らかく、味もしみていて美味しい。

ギリシャ風サラダで簡単ランチ

お昼のギリシャ風サラダ。
…などと書いているが、実は冷蔵庫の残り物だけで作れる。材料は、焼いた残りを冷凍しておいた自家製塩鮭、フェタチーズ、キュウリ、トマト、赤パプリカ、サラダ菜。普通は玉ねぎも入れるが、わたしはあの生のツンとくる匂いがあまり好きじゃないので入れない。赤玉ねぎかまたはエシャロットは大丈夫だけれど、今のところ切らしているし、普通の玉ねぎを水にさらすのもめんどくさい。つまり、お腹がすいているから早く食べたい。

ドレッシングはいい加減だけれど、オリーブオイルを1としたらレモン汁はその半分。そこにほんの少しハチミツを加え、塩コショウ。あとは庭のバジルとオレガノを刻み、ニンニクをひとかけつぶす。これをよく混ぜてからサラダにたらし、ざっと混ぜたら出来上がり。

実は明日から11年生と12年生の期末試験が始まるので試験監督業務があり、しかもその生徒たちが個人的に練習した作文などを持ってくる。つまり、かなり忙しくなる予定だ。ただし今日はまだ日曜日なので、映画を観たり読書をしたりとのんびりしたグータラ時間を満喫している。

先週あたりからぐんと冷えてきた秋のパースだが、今日はことのほか天気が悪くて出かける気がおきない。

ああこういう日に欲しいのはコタツだなあ、と無い物ねだりをしてみる。