初めて洗車ショップに行ってみたら

このところパースで「雨後のタケノコ」のごとく現れ始めた「洗車ショップ」。最低賃金で(と言っても日本と違い時給1200円以上は確実にもらっているが)アルバイト学生や外国籍のひとたちが働いているのだろうが、資格と専門がなくてもその日から働けるだけあって、需要と供給が増えているらしい。そのうえ、ビジネスを始めるのも簡単だ。場所と使用機器さえあればできるのだから。

洗車は去年までは自分で洗車できる店に行っていた。近所で週末に行くのに大変便利だったし、コインを入れると泡が出たり、水が出たり、自分で操作できてしかも全部で500円もかからなかった。

パース中心地からものすごく近く、しかも今じゃ洒落た珈琲店やレストランも並ぶ一等地だ。いつかなくなるだろうなあと思ったら去年いきなり閉店した。

その後行っているのが全自動の洗車ボックスがあるガソリンスタンドだ。これも近所で、ガソリンを入れたあとで洗車とワックスができるし、9回行けば10回目はタダというカードももらえる。一回が大体1000円以下なのでまあまあかな。ただし、全自動の常でしっかりこびりついた鳥のフンなどが残っていることがあるし、洗車のあとは自分でさっと水を拭き取らないと水滴の跡が残ってしまうので少々面倒かもしれない。

もうひとつの難点は、たぶん閉所恐怖症だったら飛び出したくなるだろうということ。いやわたしはそうではないけれど、独りで小さなクルマに閉じ込められてグワングワンという四方八方からのブラシの音を聞かなければならないのは、あまり気持ちのいいものではない。

そんなわけで「洗車ショップ」が近くにできたこともあり、さっそく行ってみた。

自宅から郊外に向かって3キロ、中古車のディーラーが並ぶ一角だ。
わたしのは小型車と言えるので、カーシャンプーをつけて洗い、水滴を拭ってワックスをかけてくれる一番簡単なサービスが、日本円にして大体1700円ほど。車内にも掃除機をかけて窓や機器を磨いてもらうと、これが一気に4000円ほどになる。

ハンドウォッシュと言うだけあって、自分でやるのはめんどくさいワックス掛けや窓磨きまでやってもらえるのはありがたい。

自宅には下水口がレンガ敷きの部分にないので、洗車シャンプーの汚水が全て庭の草木の根に行き渡ってしまってよくない。
だから普段はやはりガソリンスタンドの全自動マシンを使うが、たまにはこんなふうに内も外もピカピカにしてもらうのも悪くないと思った。ちょっと高いけどね。

 

小麦粉を使わないニューイングランド風クラムチャウダー

土曜日の買い出しに行ったら、魚屋のオジサンが手を振って「来い来い」と呼んでいる。また何か新鮮なモノが手に入ったのか。
「見てよ、こんな新鮮で大粒のアサリ!」と指差した先には、砕氷の上に大量のアサリがほんの少し口を開けて山のように盛ってある。なんでも西オーストラリアのシャークベイ産だと言う。パースから海岸沿いに850キロほど北上した場所にある小さな湾岸だ。昔は冷凍モノしか手に入らなかったが、このごろでは新鮮なアサリも時々あり、入ったときには魚屋が手を振ってくれるのだ。

これを海水程度に塩を入れた冷水に漬けて2時間。砂が吐き出されたころにベーコンを刻み、セロリとオニオンをブツ切りにし、バターで炒める。柔らかくなったらアサリを入れて、水を半カップ注ぐ。それから 火を高温にして蓋をし、かわいそうなアサリが昇天するのを待つ。

火からおろしたアサリは、このままだと貝殻が多すぎてチャウダーにできないので貝殻から外し、飾り用に幾つか殻付きで取っておく。

先程野菜を煮た鍋に今度は牛乳を2/3リットルぐらい入れ、ベイリーフとタイム(どちらも自宅の庭からむしってきたもの)とサイコロ状に切ったじゃがいもを加えて柔らかくなるまで煮る。20分くらいか。

普通クラムチャウダーと言うと小麦粉とバターをつかってトロリとさせるが「これだと小麦粉くさくっていけねえ」と教えてくれたひとがいて、わたしも彼女の真似をしてミキサーでトロリとさせてみることにした。
バターとベーコンの脂はもちろんスープの上に浮いていて層になっている。こんな具合に。

そして、これを混ぜ合わせてくれるのが本来の小麦粉の役目だ。が、それなしでミキサーにかけることでこの脂がいい具合に混ざり、しかもふわりとしていて小麦粉のねっとりした舌触りと匂いもない。いいことを教えてもらった。

出来上がった「スープ」の野菜をアサリを入れたザルの上から加えて濾し、下にたまったスープだけをミキサーにかける。スープがふわりとなったらミキサーを止めて具と一緒に鍋に戻し、もう一度軽く温めて塩コショウしてオシマイだ。おっと、そして温めているときにクリームを半カップほど注ぐ。これでコクも増すので。

久しぶりに食べたクラムチャウダーだが、小麦粉を使わなかったため本当に軽い舌触りだ。新鮮なアサリもふっくらとしていて美味しい。今度またアサリが手に入ったら酒蒸しにするか、またはトマト味のマンハッタン風クラムチャウダーにするか。食の愉しみは尽きない。

 

スモークトラウト、ルッコラ、ケイパーのフェットチーネ

わたしの家で今のところ大活躍しているパスタマシーン。それについては以前「パスタマシーンでつくる自家製パスタの世界」という記事にもした。

まあ確かにささっと茹でるだけの市販のドライパスタと違い、粉と卵と水をマシーンに入れたりと手間はかかっているが…段々とできあがっていくパスタを見ているだけでもちょっと楽しい。今回は平たいフェットチーネで。

フェットチーネができるあいだに、申し訳ないぐらい簡単なパスタソースを作ってみた。材料は、レモンジュース、エキストラバージンのオリーブオイル、塩コショウ、刻んだ唐辛子、つぶしたニンニク、塩コショウ、ケイパー。これを全部小さなボウルで混ぜておく。
そして、スライスではなく塊で売っているほうのマスの燻製をほぐしておく。たぶん塩焼きしたマスの残りでも美味しいと思うんだけど、まだ試したことはない。あとは新鮮なルッコラを両手に乗らないくらいたくさん。

パスタが茹で上がったら、ソースを入れてざっとまぜてからマスの燻製とルッコラを加える。パスタはドライでも構わないし、そうするとソースや具の準備はその間にできるから、15分ぐらいしかかからない何とも手間なしの料理だ。

いつも思うんだが、出来合いのピザやお惣菜を「買いに行くだけの時間」でできてしまう料理というものもある。