タスマニアへ:ホバートからパースへ

4月20日(水)
ローダーデールのモーテルはかなり大きくて、しかもカジノが併設されている。いや、カジノと言ってもパースのようにブラックジャックやカード・テーブルや、1枚10万円単位のチップをやりとりする個室があるわけではなく、Pokiesと呼ばれるポーカー機がずらりと設置されているだけ。地元のひとたちが夜やってきて、パブで酒を飲み、小銭を賭けるというヤツだ。

夕食はここで摂ったが、スパゲッティーは量だけは3人分ぐらいあったが、アルデンテを10分ぐらい通り越してふにゃふにゃだったし、サラダはデザート並みに甘いドレッシングがかかっていてとても食べられたものではない。ああ、パースのレストランが恋しいと思うのはこんなときだ。または、自分で作るパスタ。

ロスのベーカリーでパンのひとつも買って来なかったのが悔やまれた。

夜にかけて雨がポツポツと降り出し気温が一気に下る。そう言えば、ここ1週間曇ったこともあったが、天候にはかなり恵まれていたことに気づいた。帰る日直前の夜に雨が降るとは…送り雨だね。

4月21日(木)
朝食は前日の夕食でよくわかっていたので、部屋で紅茶に口をつけただけでモーテルを出た。雨は激しくなっている。

空港でレンタカーを返してから、ホバート空港のカンタス空港ラウンジへ。
結構混んでいるのは、国内線しかない空港でしかも次はメルボルン行きだから。

airport1

ここの珈琲は大型の全自動で、自分の好みのものが作れる。これは、カプチーノ。すでに朝食として濃いラテを飲んでチーズを挟んだトーストサンドイッチを食べてしまっているので、ビスケットと。

airport3

わたしが乗るカンタス・リンクの飛行機。カンガルー印のカンタス航空国内線用子会社の飛行機だ。天気が急に昨日から悪化したので、暗くてシトシトと雨が降り続いている。

airport2

飛行時間は1時間と15分なので、客室乗務員たちにとってはかなり忙しい。紙の箱に入った食事を配ったり、飲み物を用意したり。例によって飛行機の食べ物がキライなわたしは紅茶だけ頼んだ。

hobart_melbourne

メルボルン空港のラウンジで1時間半ほど待たされ、そこからは4時間と5分の旅だ。

mel_perth

飛行機の中ではまたiPadが渡され、今回は日本映画の「あん」を観た。樹木希林と永瀬正敏主演で、どら焼き屋を営む過去のある男とハンセン病患者の交流を世間の偏見を織り込みながら描いている。飛行機の中で鼻をかみながら泣いてしまった映画だ。日本映画の特徴でもあるセリフの少ない淡々と進むストーリーだが、長いことお婆さんを演じてきた樹木希林の自然な演技が実にいい。
若いころから年寄りの役をやる女優には故・北林谷栄がいたが、本当に年をとっってからはものすごく味のある演技をするひとだった。樹木希林も昔はかなりエキセントリックだったが、その若さゆえの棘が抜けたいまのほうがシリアスな老人役が似合う。

いずれにしろ感動して泣いてしまったおかげで、そのあとは映画を続けて観る気が起きず、Kindleで読書をしてつい読みふけっているうちに着いてしまった。早いものだ。

パース空港ではもちろん国内線用ゲートなので、税関なしですぐに荷物が出てくるだろうと思ったら、これが大きな間違い。かなり長く待たされたうえに時間が立つに連れてどんどんと前に出てくるひとが増え、160センチのわたしにはもう前方が全く見えない。どこでどう自分のスーツケースが出るのか、ひとの間を縫って背伸びをしたりかがんだりと目を凝らしていたため、いやはや疲れてしまった。

perthairport

今回の旅はルノーのコレオスSUVを借り、タスマニア州の東海岸を行って戻って全部で1022キロ走ってきた。駆け足のタスマニアだったが、1週間以上の旅は久しぶりである。

昔はよく旅をしたものだが、どうも年を重ねると腰を上げるのがおっくうになるのかもしれない。オーストラリアは大きい。またどこかに行きたいと思うようになったのも、今回の旅のおかげらしい。それほど楽しかった。

 

タスマニアへ:サラマンカ・マーケットとバッテリーポイント

4月16日(土)
ホバートの街の中心にあるSalamankaという広場。そこで毎週土曜日に開かれるサラマンカマーケットは、観光客にとっても地元のひとたちにとっても週末の愉しみのひとつとなっている。朝は8時半から。雲はあるが晴天、9時には着いていたのでまだゆっくり見られるほどの人混みだったが、お昼近くになったら160cmのわたしの背では見られるものが限られてくる。背の高いひとたちの間をかいくぐってのマーケット散策になった。

trivet2最初に目についたのはコレ。鍋敷き(Trivet)にも使える、珈琲やお茶のカップを置く座布団だ。中にハーブが入っているので熱いカップを置くとほのかに匂ってくる。ティーポットを置く大きなものもあったが、わたしは小さめのカップ用を購入。

trivetその隣の店ではこんなヘンなキーホルダーが売られていた。全てタスマニア産のホンモノの虫。ぎゃ。小さなサソリなどを閉じ込めてあるのだが、虫嫌いのわたしにはとても身につけられない代物。

salamanka2

こちらは、タスマニア産わさびを使った特産品の店。ちなみにわたしは生わさびが欲しくて、栽培している農場にメールも書いたが「ウチのわさびは卸専用で小売はしていません」と断られてしまった。残念。

wasabi

わさび漬けのさくらんぼは思ったより美味しい。ピリリとしたわさびが舌に残るけれど、サクランボの甘さがそれを和らげてくれる。チーズやハムなどの前菜と一緒に食べられそうだ。もうひとつは、わさびマスタード。こちらはサラダのドレッシングなどに混ぜると絶品らしい。味見をしたら本当だったので、両方とも即購入。

wasabi3

ちょっと微笑ましくて写真を撮ったのは、ペット用おやつの店で「はやくちょうだいよう」とばかりに伸びをしてシッポを振る犬。

salamanka5

マーケットでおみやげとして買ったのはあとふたつほど。オーガニックティーの店では寝る前に飲むハーブティー。色々なハーブが入っていて良い香り。

salamanka6a

そして、ワイルドベリーとマカデミアナッツの入ったヌガーを1本。甘くて美味しいんだけど、もちろんカロリーも糖分も高いので少しずつ食べるつもり(だったが、柔らかくて風味豊かで…以下略)。

salamanka7

マーケットを出る前に食べたのは、この巨大なホットドッグ。列の前にいたひとがマスタードをにゅるると出しているところをパチリ。いやーあまりに大きすぎて、わたしは2/3ぐらい食べたら…飽きた。

salamanka9

salamanka8

マーケットの至る所では街のミュージシャンたちが歌っていた。
こういうひとたちの写真を撮るときには小銭を払うこと。彼らはそれで生活を立てていたりするので、歌を立ち止まって聴いたり写真を撮ったりするにはお金を払うのが当然なのだ。

salamanka10

さてお腹も一杯になったところで、歩いて近くの古い家の立ち並ぶ一角、バッテリーポイント(Battery Point)へ。

ここは、19世紀前半に建てられた美しいジョージア様式の古い邸宅がたくさん残っている。以前ここに砲台(Battery)が設置されていたのでこの名前がついたらしい。

battery

battery2

そして、古くからあるパン屋とカフェのJackman & McRoss。バッテリーポイントのメインストリートHampden Road沿いにあって、同僚たちからぜひ行くようにと勧められていた店だ。

jackman

jackman

この品揃えを見たとき、あのデカいだけのホットドッグなんか食べなきゃよかった、と地団駄を踏んで後悔した。パイやサンドイッチ類も豊富で、隣のひとが注文したオニオンパイにサラダを添えたランチを見ていたら、空いていないお腹が恨めしかったくらい。

jackman2

そうは言っても、デザートは食べるぞ。
わたしが注文したのは、地元でとれたイチジクのローストとマスカルポーネとサンブッカのタルト。味のコンビネーションが絶妙。

jackman3

友だちの季節のフルーツタルトは彩りも鮮やか。

jackman4

あまりの美味しさに全部たいらげてしまったら、さすがにお腹が苦しい。どちらかと言うとホテルに戻って昼寝でもしたい気分だったが、今日の予定はまだまだ続く。明日はすでにホバートを出発してしまうので、今日中にどうしても見ておきたい「不思議な美術館」があるからだ。

タスマニアへ:ホバートの夕食は軽くシーフードで

4月15日(金)
フェリーの待ち時間を入れると結局丸1日ツアーになったブルニー島観光。
ホバートの第二夜は何を食べようか、とネットを探索してみたら、やはり港近くの集まったシーフードレストラン街に目が行く。そのほとんどが持ち帰り用かファストフードスタイルの店だ。

金曜日の夜だということを忘れていたら、有名なシーフードレストランのMures(ミュアーズ)はほとんど満席状態。1階の気軽なセルフサービスのファストフード風、2階はサービスのつくレストランだ。ランチのチャウダーがまだ胃に残っているようなお腹の状態では、とても2階のレストランに行くほどではない。

そのミュアーズの隣には新しくできたらしいPerls & Co.というなかなかしっとりとした雰囲気のバー兼レストランがあり、ミュアーズ1階の明るく騒々しい、食器は全て紙かプラスチックという店とは一線を画している。

入ってみたら案の定テーブルは全て予約で埋まっていたが、かろうじてバーのカウンターが空いていたのでそこに潜り込んだ。

タスマニア産リースリングを注文して、メニューを開くとメインのほかにもワイン用の軽いスナック類と前菜が揃っている。ちなみになぜタスマニアに白ワインのリースリングがか多いのかというと、気候がヨーロッパの寒い冬に似ているから。リースリングは寒さがないと美味しいのは作れない、とは昼間行ったブルニー島のワイナリーオーナーの言葉。

最初に出てきたのはWhite Baitと呼ばれるイワシの一種の稚魚。要するに「ちょっと大きくしたシラス」である。オーストラリアではこれを塩コショウしてから小麦粉をまぶして揚げるのが一般的だ。バーやパブでのおつまみの定番である。これにレモン汁をぎゅうと絞ったり、アイオリソース(マヨネーズ、サワークリーム、ニンニク)にちょっと浸して食べる。小さいだけに頭から食べられるし「オーストラリア人の嫌いな魚の骨」も感じられない。わたしはおつまみと言ったら、こちらの「揚げたデカいシラス」のほうが揚げたポテトより好きだ。

そして、もちろん生ガキ。
今度はレストランなので少し手を入れたメニューにしてみた。開けたばかりの生ガキにはジン、ゆず、キュウリのソースがかかっている。これをさっと口に流し込む。いやはや、美味しい。

perls1

あとはこんな感じのおつまみセットで。
タコの酢漬け、生鮭のサラダ、クリームチーズとスモークサーモンのロールにディップ各種。

perls3鮭の刺し身とイクラの前菜は、かかっているソースが少々甘くて鮭に合っていなかったような気がする。モノは新鮮なのだが。

perls4

軽く1杯とおつまみなどと言いながら、隣の席に座った「カウンターのスツールがふたつ要りそうなほど太った男性」と「彼の連れのわたしの腕ぐらいの細い腰を持つ若い女性」が話しかけてきたので、ホバートの話に花が咲く。「明日はマーケットがあるから、絶対行かなきゃだめよ」と女性に言われ、じゃそろそろホテルに帰らなければ、と名残惜しくレストラン街を後にした。