ギリシャ風サラダで簡単ランチ

お昼のギリシャ風サラダ。
…などと書いているが、実は冷蔵庫の残り物だけで作れる。材料は、焼いた残りを冷凍しておいた自家製塩鮭、フェタチーズ、キュウリ、トマト、赤パプリカ、サラダ菜。普通は玉ねぎも入れるが、わたしはあの生のツンとくる匂いがあまり好きじゃないので入れない。赤玉ねぎかまたはエシャロットは大丈夫だけれど、今のところ切らしているし、普通の玉ねぎを水にさらすのもめんどくさい。つまり、お腹がすいているから早く食べたい。

ドレッシングはいい加減だけれど、オリーブオイルを1としたらレモン汁はその半分。そこにほんの少しハチミツを加え、塩コショウ。あとは庭のバジルとオレガノを刻み、ニンニクをひとかけつぶす。これをよく混ぜてからサラダにたらし、ざっと混ぜたら出来上がり。

実は明日から11年生と12年生の期末試験が始まるので試験監督業務があり、しかもその生徒たちが個人的に練習した作文などを持ってくる。つまり、かなり忙しくなる予定だ。ただし今日はまだ日曜日なので、映画を観たり読書をしたりとのんびりしたグータラ時間を満喫している。

先週あたりからぐんと冷えてきた秋のパースだが、今日はことのほか天気が悪くて出かける気がおきない。

ああこういう日に欲しいのはコタツだなあ、と無い物ねだりをしてみる。

トスカーナ風鶏むね肉のステーキにトマトチャツネを

冷蔵庫に鶏むね肉があったので、金曜日はどこへ行くでもなく自宅でささっと晩ゴハンに。

鶏むね肉はラップの上に広げて包んでから、麺棒でガンガンと叩いて伸ばす。こうすると繊維が切れて柔らかくなるし、しっとりと焼くのも簡単だ。

マリネは、ニンニク、オリーブオイル、セイジ、ローズマリー、バジルを石のモルターに入れ、ペストールでガンガンと叩いて潰す。そこにレモンの皮とレモン汁を加えて、またガンガンガン。これは実はストレス解消にもいい。

ねっとりとしたマリネができたら、鶏むね肉に薄く塗っておく。

まずニンニクのみじん切りをオリーブオイルで炒め、香りが出たらトマトはめんどくさいので皮をむくこともせず(こういうところがわたしがズボラと言われる所以)ざく切りにして放り込む。赤ワインビネガーを少々振りかけ、レモンの皮をけずり、ケイパーを加えてチャツネ完成。

ほうれん草は洗ってからざく切りにし、フライパンでさっと炒めて塩コショウし、缶詰のバタービーンズ(白豆)を混ぜておく。

最後にマリネしておいた鶏むね肉をフライパンで両面じっくりと焼き、ほうれん草とバタービーンズを添え、上からささっとチャツネを加えてできあがり。

このぐらいなら「さあ作ろう」と思ってから40分ぐらいで食卓につける。普段の日の食事はこんな感じで。

イースターの朝食:ホットクロスバン

イースター(復活祭)の金曜日は、イエス・キリストが十字架にかけられた日だ。

その金曜日には全てのパブが閉まり、レストランでは酒類を注文できない。つまり酒売買禁止の日でもある。それでも、もちろん自宅やパーティーで飲むことが禁止されているわけではないので、隣の家のように1日じゅうドンチャン騒ぎをしているウチもある。
加えて、小売店やショッピングセンターはどこも開いていない。いつもは日曜でも祝日でも開いている店がイースターは閉まる。おかげで木曜日のショッピングセンターは狂乱状態で、閉店間近には棚に何もなくなってしまう。

hotcrossbunところが開いている店もある。パン屋だ。なぜかというと、金曜日の朝に食べるホットクロスバン(Hot Cross Bun)を売るためである。イギリスから来た伝統で、シナモンなどのスパイスを混ぜた柔らかく甘いパンのことだ。表面には白く十字が描かれ、そのままでも温めてもいいが、必ずたっぷりとバターを塗って食べる。
普通は6個入りの袋で売られているためとてもじゃないけど食べきれないことが多いが、昨日金曜日の朝4つ入りの小さな袋を見つけたのでそれを買ってきた。

今日は土曜日なので店は開いているが、明日の「キリストが復活する日」と伝統的な振替休日である「イースターの月曜日」はこれまた休み。日本の正月と同じように、外出するよりは家で家族や友達と過ごすことの多い数日間だ。

マザー・グースの歌を思い出させてくれたひとがいるので、動画のリンクを追加。

懐かしい。日本ではこの歌で英語を習う子供も多いが、ホンモノのホットクロスバンを見た子は少ないだろうな。