2件のコメント

バンコクの散歩は命がけなのか…

買い物のあとエカマイの駅で降りてから、さてタクシーを拾うにはどこがいいかとグルリと見渡したら…そう言えばこのごろバンコクで外を歩いたことがなかったな、と思い出した。
別に雨が降っているわけでもなし、多少荷物がじゃまだが歩けないほどではない。Googleで調べてみたら1.5キロ。ぶらぶら歩いても30分はかからない。よし。

歩きだしたら周りのタイ人たちをどんどん追い抜いてしまうほど、はるかにわたしの足のほうが速い。これはセカセカしているということなので、速度を落として本当に「ぶらぶらと」歩き始めた。タイ人は急がなければならないときにはバイクタクシーなどを使う。歩くときはもうゆっくりと亀の如き速度だ。常夏の国ではセカセカと走るように歩いたら体力を消耗して疲れてしまうし、いいことなんか何もない。今ではタイ人の中にも「セカセカ人」が増えたが、それでも時間にルーズなひとのほうが多いのもこの「ゆっくり行こうよ」という国民性のせいかもしれない。

そして、速度を落として歩くと周りの風景が見え始める。
車の中から見るだけだった珈琲店やその隣の北タイ料理店が面白そうだ。韓国料理の一膳飯屋もある。何ヶ月か前にサンドイッチを買ってみたイギリス人の店はすでにつぶれてしまったようだ。新しい和風の喫茶店は、シンプルで真っ白な内装で洒落ている。

建設の始まったコンドミニアムは分譲27平方メートルのスタジオタイプから。これだけ小さいのは最近始まった流行だが、自分で住むために買うひとが一体どれくらいいるのだろう。たぶん投資なのだろうが、供給が過剰になっている今賃貸がそれほど期待できるとは思えない。投資というより、よく言われている金持ちの「じゃまな現金の隠し金庫」なのだろうなあ。

しかし、歩いてみるとわかるが、バンコクの「歩道」は通行人にはとても不便だ。なにしろ歩道が平らではない。つくりが悪いから、デコボコしていて今回歩いてみただけで2度ほどころびそうになり、おっとっと。危ない、危ない。

以前歩いたときには本当に足をとられて足首がぐにゃりとなり、歩道に手をついてしまった。あのときは痛かった。だからバンコクの「舗装された歩道」では必ず下を見て歩かなければならない。うつむいて、ゆっくりゆっくりと亀のように進む。前のひとを追い越すほどスピードを上げてはいけない。
昔住んだパリでも下を見て歩かなければならなかったが、あれは「犬のウンチ」のせいだった。

しかし、通行人というものはここでは街路樹より下の扱いだ。大体こんなふうにキレイに剪定された街路樹のほうが幅を利かせている。こんなものにお金をかけるくらいなら、歩行者道の舗装を何とかしてほしいと思うが、歩いているひとたちはあまり気にかけるふうでもない。

ひとがすれ違えるほどの幅がないので、大体向こうからやってくるひとがいたらどちらが先に着くかを見極めて、ささっとどいたり先に行ったりするわけだ。

もっとひどいのはコチラ。ひと1人さえまともに通れない。カニさん歩きである。もうあまりにもひどすぎて笑ってしまった。
雨季に傘なんぞ差していたら引っかかりそうだ。

タイでは土地神様として木も祀られていることが多いので、これだけの巨木を交通の激しい道沿いにどでーんと残しておくのはそのせいなのかもしれない。

このエカマイ道は車もバイクもかなりスピードを出して突っ走っているので、わたしのようにたまにしか歩かないナマケモノには危ないことこの上ない。以前なかなか渡れないわたしを見て、すでに渡ってしまった友達が戻ってきて手を繋いで一緒に渡ってくれた。まるで老人である。だって、コワイんだもん。今日は最初から右側を歩いてきたが、これなら道を渡らずに家に帰れるからだ。

さて、角を曲がればもうわたしのマンションはすぐだ。
門番のガードマンが不思議そうにわたしを見て、やっと気がついて挨拶した。いつもは車かタクシーなのでなんだかビックリしてしまったのだろう。

ロビーに入ったら今度はいつもは管理人室にいるスタッフのひとりがいて「あらまあ、歩いてきたんですか…顔が真っ赤」とにこやかに挨拶してくれた。そんなに赤いかな、と部屋に入って鏡を見たらなるほど真っ赤だった。バンコクの温度は34度だったから、そりゃ暑いし当然だ。髪の毛も風に吹かれてバサバサ。今度歩くときは髪はまとめてヘアバンドで留めて準備して行かなければね。

でも、ホントのところは楽しかったのである。やはり散歩はいいなあと思うのはこんなとき。そのあとシャワーを浴びてさっぱりしてからテラスでビールを飲んでいるときも含めてだが。

パースの散歩:コーズウェイからバースウッドへ

パースは真冬の8月から春になった今まで朝晩は10度以下の日々が続いている。雨まで降って、まさかのジャケットやスカーフまで必要な天気だ。公式に記録更新されたほどの「パースで最も寒い春」と言われている。

そんな春だったがようやくそれでも昼間は暖かくなってきた。今日、日曜日の昼間の気温は22度だ。こんなポカポカした午後なら散歩に最適なので、スワン川にかかる橋コーズウェイへ。

全部で6.2キロのコースだ。
まずは地図ルートの下方の右角にあるコーズウェイの橋が始まる地点で、駐車場に車を停めた。帽子とサングラスで武装し、水筒とカメラのバッグを持ち、日焼け止めを塗りたくってイザ出発。

橋を渡って川辺に降りてから、コーズウェイの橋を望む。

causeway2

対岸に見えるのがバースウッドのカジノとホテル。この後方にわたしの自宅がある。

causeway1

イーストパースにさしかかった散歩の途中で水飲み場があった。フィットネスのマシーンまで並んでいる。コーズウェイの橋からそろそろ1キロという地点だ。散歩の途中の休憩でマシーンまで使ってしまうひとがいるのが、オーストラリア。わたしには到底できないけれど。

causeway4

イーストパースの入江。おしゃれなカフェが並んでいて、日曜日ともなるとかなり混んでいる人気の地域。後ろにパース中心街の高層ビルが並んでいる。

causeway5

バースウッドの橋(地図で言うと緑色の矢印のある場所)を渡ろうとしたら、橋のたもとで釣りをしている男性がいた。ちょうど釣り上げたのがブリーム。コイ科の一種の淡水魚で、魚屋でも買える一般的な魚だ。

bream

「ああ、これは放してやらないとな」と言いながら、釣り人はブリームを傷つけないようにタオルで優しく包んでから、釣り針から離して川に放り込んだ。
「なんで放してやらなきゃいけないの?」
「小さすぎるからだよ。ブリームだと25センチ以下は釣ってはいけないんだ」

スワン川で釣りをするのは自由だが、釣れる魚の大きさは規定があってかなり厳しい。それ以下の小さいものを釣ると罰金が待っている。橋にはそうした魚やカニなどの種類と釣ってもいいサイズの表が貼ってあった。つまり、生態系の保存のために稚魚に規定されるものは破壊してはいけないということである。

causeway10

橋を渡ってバースウッド側はなぜか風が強い。帽子を飛ばされないように抑えながら歩く、歩く。すでに4キロ以上の距離を制覇。

対岸に先程歩いてきたイーストパースの家並みが見える。

causeway11

バースウッド側には建設中の巨大なスタジアムがあり、そのせいで遊歩道が制限されて迂回したりしなければならず、また視界も建設のフェンスや大きな幌などで遮られる場所も多い。わたしの自宅近くの鉄道駅がこのスタジアムを通ることもあり、電車が建設のため止まったりとかなり近所では支障をきたしているので、早く終わってくれないかなというのがバースウッド側の近所の大半の住人の願いだ。

しかし、パースには街なかでも野生の鳥が沢山いて楽しい。なかでも大きなペリカンたちは時々悠々と飛んでいるのに出会うが、大概車を運転しているときなので写真も撮れない。そのペリカンたちが工事現場のフェンスのある水辺でゆっくりと休んでいた。

causeway7a

こんなに沢山かたまっているのはめったにないので、もっと近くで写真を撮ろうとそっと近づいて行ったら…

causeway8

全員揃って首を上げて立ち上がった。今にも飛び立ちそうだ。ひえー。そそくさとシャッターを切ってすぐに退散したのは言うまでもない。野生の鳥たちはやはり臆病なのだ。

そろそろまたコーズウェイの橋が見える辺りには、今度は凛々しく雄々しく立って、こちらの散歩する人間たちをじっと見つめる鴨の姿が。

causeway12

その2メートルほど先には、雛鳥たちがまだフワフワの産毛を風に揺らせながら毛づくろいをしている。どうやら、雛鳥たちがいるために警戒しているらしい。

causeway13

パースは州都で一応は都会なのだが、こうした自然はまだ街なかにも沢山ある。散歩が好きなわたしは紫外線が強いため完全武装で出かけるが、それでも自然は美しく、歩くのは楽しい。今回は全行程6.2キロ、写真を撮るために立ち止まった時間も入れて2時間と10分ぐらい。

やっと春らしくなったパースは、これから猛暑が始まるまでが1番散歩にいい季節なのだ。

煙草を持たない散歩

雲ひとつない青空を見上げてしまったら、出かけないわけにはいかない。皮膚癌にならないように、とオマジナイのSP50ローションを塗りたくり、てらてらと腕を光らせながら歩く、歩く。

近 くの公園までたどり着いて、木陰から鴨の群れを見ていたら、アボリジナル人(豪州のネイティブ人種)のオジサンに声をかけられた。「煙草もってないかね、 おじょうさん。」 煙草をやめてすでに4ヶ月、ベンチに座って吸っていたわけでもないのに、びっくり。「もう何ヶ月も前にやめたから、持ってないの」と答 えると、「「いや~、前にここで、煙草を吸っていたのを見たから」だと。いやに記憶力のいいオジサンだ。。。喫煙人口が極端に少なくなった豪州では、煙草 をせがめるひともあまりいないというわけで、吸っている顔はめったに忘れないらしい。

そう言えば、喫煙者を登録制にして、煙草を買うのにカード提示させるようにしよう、なんて動きがある。すでに喫煙常習者であるという医者の証明書を提出、 そして発行されたカードを携えてコソコソと「後ろめたく」煙草を買わせれば、喫煙人口も予備軍も少なくなるだろう、というアンチ煙草主義者の団体が勧めて いる運動らしい。そこまで貶めなくても。。と思うのは、今だに口も指も寂しい元スモーカーの「過去弁護」かな。