シェントンパークの Kiri Japanese Restaurant

パースに住み始めたときの最初のアパートは、Shenton Parkという西オーストラリア大学に近い静かな住宅街にあった。そのころまだ車を運転していなかったので(いや、免許はあったがいわゆるペーパードライバーというやつで)、大学院の真ん前までバスで5分という立地と隣にあるスーパーのせいで即決したアパートだった。寝室がふたつ、そしてリビング・ダイニング・キッチンがオープンになっていて、ものすごく古いだけに家賃はとても安かったのを覚えている。そして同じアパート内の同じ間取りが、その当時約900万円ほどで売りに出されていた。ああ、買っておけばよかったなあ。パースの物価高騰にともなって今じゃ3倍から5倍になってしまった。

わたしが引っ越したあとで、色々な店がそのアパートの周りにできて、今では予約するのも難しいイタリア料理店なども並んでいる。

そして、そのレストランがいくつも並んだ一角にひっそりとKiriがある。
入り口はふたつ。右側はカジュアルな雰囲気のテイクアウト屋さんで、そこで食べることも持ち帰ることもできる。左側の入り口をはいると、こちらは小さいながらも本格的なレストランだ。

今回は友達の紹介で皆で「シェフのおまかせコース」をお願いした。

まず出てきたのが、刺身の前菜。帆立貝の上に海老とキュウリのジュリエンヌ風、そして小さな紫蘇の葉が上にふわりと載せられている。添えられた柚子胡椒をつけて食べてみると美味しい。どこで紫蘇が手に入るんだろうねえ、とひとしきりテーブルで話題に。

次は鴨の冷製。ベビーグリーンが上に載せられていて、その下に口の中でとろけそうな柔らかい鴨に出し汁がかけられている。これにはテーブルで歓声があがった。鴨と言ったらコンフィかね、というパースでこんな繊細な鴨肉の和風だしが食べられるとは思わなかった。小鉢に注いで出し汁も最後の一滴まで美味しく飲んでしまったのは言うまでもない。

刺身盛り合わせは、新鮮で活きのいい魚ばかり。マグロの赤身、サーモン、ハマチ、タコ、そしてちょっと変わっているのが昆布に挟まれたキング・ジョージ・ホワイティング。日本語ではアメギスというキスの一種だそうだが、昆布の歯ざわりと重なってさっぱりと食べられた。

次に来たのが、天ぷら盛り合わせだ。大海老に添えられたのは何とケイルの天ぷら。お隣にはタケノコと紫蘇を白身魚で巻いたものが揚げてあった。ケイルはカリカリにローストしておつまみにすることもできるが、天ぷらにしても美味しいとは考えてもみなかった。海老はもちろんアタマとシッポもかりかりと食べられる。オーストラリア人の仲間がひとりアタマとシッポを残していたので、下げられる前に日本人の友達がさっとさらって食べてしまった。残してしまうにはもったいない。

ナスの揚げびたし。
ナスはやっぱり揚げるのが一番美味しい。油を吸ってとろりとしたところに出し汁をかけて冷たくしてある。

寿司盛り合わせは、今日楽しみにしていたコースのメインのひとつ。マグロ、スナッパー(鯛の一種)そしてウナギ。あとからイクラの軍艦巻も出てきた。 そして、ほっとするような豆腐とわかめの入った味噌汁がついている。

あとはデザートだね、と言っていたら、なんと小豆入りの抹茶ロールケーキが白薔薇に囲まれてテーブルの上へ。ロウソクが1本刺さっている。
えっ。
実は友達が店に頼んで用意してもらったわたしの誕生日(10月8日)の一月遅れのお祝いだった。うわあ…とこれには本当に感激してしまった。嬉しかった。

そして、デザートのきなこ入りのアイスクリームには、先ほどの抹茶ロールケーキが添えられていた。

パースの和食はオーストラリア料理とのフュージョンも多いが、Kiriの料理はオーストラリアの素材を活かした伝統的な和食だ。金曜日の晩は予約も難しいそうだが、早めの時間帯だったわたしたちが座ってから1時間もたたないうちに満席となった。

今回はおまかせコースだったが、次回はアラカルトで注文してみたい。学校からの帰り道でもあるので、テイクアウトでお弁当も買ってみたい。

豚肉とピーマンのごまみそマヨ炒め

実家に戻るといつも「飯炊きババ」になったような気分。
でも昔書いたことを読み返していると、母が元気だったころには実に何もしない娘だったことがわかる。帰国するたびに母の料理を楽しみにしていたことがわかる。

80の声を聞いてから段々と料理をつくることが億劫になってきた母に代わって、帰国するたびに料理をつくるようになった。どちらかというと洋食のほうが多いわたしだが、実家で料理をするときはほとんど和食だ。というより、「白いご飯のおかず」だな。

今晩は冷蔵庫のチルド引き出しに残っていた豚肉のこま切れとピーマンを使った。
日本のピーマンは薄くてパリパリしていて、炒めものにとても良く合う。オーストラリアのものはゲンコツ以上の大きさで皮も厚く、このパリパリ感が出ない。歯ざわりを重視すると生焼けだし、炒めすぎてしまうとクッタリとしてしまう。だから、イタリア料理の前菜に使うようにグリルにして皮を剥き、くったりしたヤツをオリーブオイルに漬けたりする。

豚肉は食べやすい大きさに切り、塩と酒を振って片栗粉をまぶしておく。フライパンに油を熱している間に、ピーマンを乱切り。強火で豚肉を炒めている間に、味噌、醤油、みりんを合わせておく。ピーマンを加え、火が通ったら合わせソースを振りかけてざっと炒め、最後にすりゴマとマヨネーズを加え、最後にいりゴマをパラパラと。

母の高血圧を考慮して薄味だが、ゴマとマヨネーズのおかげでこってりといい味に仕上がった。

 

忙しいときの即席晩ゴハン:そぼろ丼

ちょいとここんところは忙しくて、週末さえ出勤(=会話テスト)があり、来週の土曜日も日本語教師会の研修とワークショップだ。オマケにテストが重なって採点が山積み、ところが父兄面談日まで学年ごとに1日ずつ。つまり、わたしのように7年生から12年生まで教えていると、すでに4日間7時半までつぶれている。やれやれ。

普段は週末はひとを呼んだり呼ばれたり、実は今週も親しい友人が泊まりがけで来る予定だったのだが、それもお断りしてずっと昨日から採点中だ。

いいかげん手も目も脳ミソも疲れてしまい、晩ゴハンは…即席ラーメンかなと思ったのだが、冷蔵庫を開いてみたら今週肉団子を作った残りの豚ひき肉がまだある。これを使ってしまわないと、ね。

思い出したのは、昔なつかしいそぼろ丼。わたしが子供のころに、母がよく作っていたっけ。

ご飯は小分けにして冷凍してあるものを取り出し、電子レンジへ。
その間に挽き肉を炒め、ショウガをがりがりと上から削りかけ、醤油、みりん、砂糖で味つけ。汁がなくなるまで炒めてオシマイだ。
続いて、卵をといて塩と砂糖で味付。菜箸を4本使って、細かくそぼろ状の卵にする。絹さや3本は、洗ってからラップして電子レンジへ。

10分でできてしまった。
でも何か足りないと思ったら、ありゃ野菜が全然ない。急いでキュウリを輪切りにしてトマトと合わせ、和風ドレッシング(つゆの素、米酢、ゴマ油)をかけた。

コンビニが近くにあるわけでもないし、スーパーでお惣菜が売っているわけでもない。でも、こんなふうにささっとできる有り合わせの晩ゴハンのほうが、出かけるよりはるかに早く口にはいるのである。
残りは明日のランチにできるので、一挙両得。