キングストリートの Heno & Rey

久しぶりにオペラ観劇。今回はパースでは15年ぶりという「カルメン」だ。なぜ15年もこんなに有名なオペラが上演されなかったかと言うと、主人公のカルメンが働いているのが「煙草工場」で「煙草を吸う場面が多いから」という何とも嫌煙が進んでいるオーストラリアならではの理由。何ヶ月も前にチケット購入していたから観られたが、4日間全て満員御礼というのは非常に人気の高いオペラで親しみやすい曲がたくさんあったためと思われる。

さてそんな「カルメン」を上演するのは豪華で古めかしい劇場、His Majesty’s Theatre(王立劇場)だが、その隣にHeno & Reyというスペイン料理店が新しくできた。こちらも予約して出かけていった。

外にも座る席があり、いかにも心地よさそうなソファーなのだがいかんせん寒すぎる。夜ともなると13−4度になるパースの冬だ。街のパブのように外にヒーターもついていない。わたしは窓際だったので、外の席の女性に大きな毛布が渡されるのを見たが、それでも寒かったとみえて中のテーブルが空いたときに食事の途中だったのにすぐに移ってきた。ヒーターはつけるべきだなあ…。

さて、料理だがタパスが多いのでいくつかそこからおつまみを注文したが、その注文がなかなか来ない。ワインに口をつけてしばらくしても頼んだチェイサーの水さえテーブルに来ない。

タパスを作っているオープンキッチンの大きなテーブルに所狭しとタパスの皿が並び始めた。それこそもうそれ以上作れないほどに。つまり、サービススタッフが出来上がった皿を取りに来ないからだった。10分以上たっても来ない。そのうちに料理人たちがザワザワし始めた。そして、何度もチーンと鳴る「料理が出来上がっているよ!」のサイン。そして、ついに料理人のひとりがしびれを切らしてキッチンから出てくると、スタッフを呼びに行って不満をぶちまけたようだ。なるほど、遠くでおしゃべりをしているスタッフが2人。ようやくその2人が飛んできて料理を運び始めた。

そして、わたしたちが恐れていたように全部いっぺんに注文した料理が並んだ。並んだというよりもうぎっちりと置かれて、ワイングラスをおく隙間さえない。「全部いっぺんに持って来ないよう、あらかじめお願いしたはずですが」と言うと「すみません」と言うばかり。取りあえず、ふたつほど料理を銘々皿に分配し、空いた皿を下げてもらうよう合図。今度はスタッフのひとりが飛んでくる。(実はわたしはこういう場合ものすごーく顔に出やすいので、スタッフたちにはわたしがものすごーく怒っているということがわかってしまったらしい)
しかしねえ、こういうときはフロアマネージャーが小さなおつまみ一品ぐらいタダで持ってきて「すみません」とやってくれたら、客も気分よく食事が楽しめると思うのだが、まだそんな気の利いたことができる店にはなっていないらしい。

しかし、やっと料理が楽しめるね(というよりワインをテーブルに置けるね)と食べ始めたらこれがビックリするほど美味しい。

キングフィッシュのセヴィッチェ(刺し身のレモンマリネ)。魚が本当に新鮮で、厚みのある肉にレモンのフレッシュな味わいが何とも言えない。

こちらは、タコの足とカリフラワーのグリル。味はよいのだが、残念ながら冷えている。そりゃ、キッチンテーブルに置きっぱなしだったのだから当然だ。プリプリのタコの足なのに。

スペイン料理店に来たら、絶対これは注文しなきゃねというスペインの生ハム、ハモン・セラノ。店で直接切り落としたばかりのハモンはやはり美味しい。

これはレモンとアイオリソースを添えたイカの足の揚げ物。おつまみには最高だ。

この他にもまだサラダとホワイトベイト(小魚)のフライがあったのだが、テーブルが大入り満員で写真が撮れる状態ではなかった。残念。

料理は素晴らしいし、値段もパースシティーにしては安めかもしれない。雰囲気もモダンで素敵だ。それでもスタッフの対応で興ざめしたのは間違いない。料理人たちがかわいそうで、トイレから帰ってくる途中で「料理が本当に美味しかったです、ありがとう」と一言残しておいた。3人ともニッコリと微笑んでくれたのが印象に残っている。
いずれにしろ彼らに罪はないし、そのほかの料理を試すためにもう一度訪れたいとは思っている。

ボウフォート・ストリートのSt Michael 6003

昔Jackson’sという、いわゆるFine diningが楽しめる高級レストランがあった。残念ながら数年前に閉店してしまったが、そのあとにできたのがこのセイント・マイケルという店で、おなじようにコース料理を得意とする高級店だ。
Zomatoという日本で言うなら「食べログ」のようなサイトでも高評価を得ている。土曜日のディナーは他にも色々と候補が上がっていたが、その高評価とJackson’sの後釜ということでSt Michaelに決まった。予約を入れてみると、6時45分の予約だと2時間でテーブルを明け渡さなければならないので、そんなに混んでいるのかと7時半にした。その時間ならコース料理を急いで食べることもなく、ゆっくりと楽しめると思ったからだ。

結果は、バツ。

給仕スタッフは感じがよいのだが、まず「水はスパークリングですか、スティルですか」と訊く。ワインがあるので水は口を湿らせる程度しか飲まない。そこにミネラルウォーターだけではなく水道の水の選択もあることを知らせるのが普通だが、そういう言葉はなかった。つまりこちらから「水道の水でいい」と言わなければ、持ってきてもらえない。

メニューには季節の素材を使った「夏のメニュー」と題したコースがあり、それと白ワインを1本注文した。

最初はトマトのガスパーチョ(酸っぱい冷製スープ)だ。自家製フォカッチャのパンがついていたが、これがまたずいぶんと脂っこい。ねっとりとしたバルサミコソースがつけられている。酸っぱいバルサミコをつけたパンと酸っぱいガスパーチョか。ガスパーチョは美味しかったけれど、小さなエスプレッソカップに入っていてカトラリーが何もついていないのですすらなければならない。パンで拭きたくてもカップはそれができないほど小さい。

ここらあたりでもうわたしはイヤな予感がしていたのだが、気を取り直してコース二番目の料理。カポナータ(イタリア風ナスの甘酢煮)の上に大ぶりのホタテが載っている。カポナータがまたもや酸っぱい。いやカポナータが酸っぱいのは当たり前なのだが、それでも二皿目もまたかと思わざるをえない。ホタテの焼き具合は完璧だったが、味が全くしない。つまり塩を振っていないか、忘れたのか。カポナータと一緒に食べろということなのだろうが、それにしても味気ない。真ん中にはターニップとフェンネルのクリームにオリーブオイルがたらしてあるが、彩りはいいのにこれもまた塩気なし。

三皿目は、カリフラワーのリゾットにケイパーが添えてある。これが洗面器のような皿の真ん中にほんの少しだけ鎮座している。あれ?と思ったのはこの巨大な皿を見たのはこれで2回めだからだ。Red Cabbageという店だった。

サウス・パースのRed Cabagge Food & Wine

モダーン・オーストラリア料理ではこうした巨大な皿を使うことが多いが、かちあってしまったんだね。このリゾットがまた胸につかえそうなほどリッチで、ほんの少しにも関わらず半分ほど残してしまった。

そして、ここまでで30分。なんでこんなに急がされなければならないのか。次々と運ばれてくる皿に、わたしたちはワインを楽しむ余裕もない。さすがにひとりが腹に据えかねて「僕たちが席についたのは7時半だ。そして今は8時。この店はマクドナルドと同じぐらいの速さで客の食事を終わらせるのか」と苦情を言った。急ぐ理由はない。テーブル席は半分以上が空席なのだ。わたしは時間を測っていたが、さすがにメインの皿がでてきたのは15分後。

わたしは旬の魚料理を選んだ。バラマンディーという鯛の一種の切り身にイカのグリルが添えられている。魚はとても新鮮で美味しかったが…添えられていたレンズ豆のサラダと自家製マヨネーズがまた舌を刺すほど酸っぱい。この店は全コース酸っぱい料理なのか、とフォークでレンズ豆を寄せて残した。

さてここでまだ全員ワインが残っている。片づけに来たスタッフにまた「まだ皆ワインが残っているから、デザートはこれが飲み終わってからに」と頼んだ。
そして、ものの5分もたたないうちにデザートが運ばれてきた。誰もまだワインを飲み終わっていない。スタッフ同士のコミュニケーションがうまく行っていない証拠だ。仕方なく皆デザート皿を脇に寄せて、まずはワインを楽しんだ。

デザートはパッションフルーツのパルフェとラズベリーのシャーベット。可もなく不可もなし。ただし、ラズベリーのシャーベットがまたもや酸っぱかったことを付け加えておく。
そして、デザートのあと普通なら珈琲と食後酒でも頼むところだが、そんな気力は残っていなかった。

勘定書を確かめたら、今度は赤ワインが3杯となっている。赤のグラスワインを頼んだのは2人のみ。誰も追加注文はしていないし、わたしは白ワインしか飲んでいない。スタッフが「こちらがディスカウント後の請求書です」と金額を訂正したものを持ってきたが、謝罪は一切なかった。ディスカウントとはなにごとだ。「訂正」だろうが。

わたしは美味しいものは安くて汚い店でも平気で食べるし、むしろ幅広く料理類は試しているつもりだ。ただし、高級店というからにはサービス、料理、雰囲気が一致していなくては大枚をはたく気が起きない。どれかが欠けても「高級」に値しないと思っているからだ。だから、その三つを備えた店では「損した」と思うこともチップをケチることもない。

そんなわけで普段はあまり書かない辛口の感想を書く気になったのは、ほかでもない、その三つが全く見つからない店がなぜチマタでは評判がいいのか理解できなかったからだ。残念。

再び、Kiri Japanese Restaurantへ

イギリスから友達夫婦が来ていて、「美味しい日本料理を食べてみたい」というので、彼らが帰る前にシェントンパークのKiri Japanese Restaurantに「おまかせ懐石コース」の予約を入れてもらった。このレストランにはわたしの誕生日ディナーで友達何人かと一緒に訪れたことがある。

シェントンパークの Kiri Japanese Restaurant

今回はもちろん「夏の懐石料理」とのことで、メニューは全く違うと言われていたので楽しみにしていた。

まず出てきたのが、食前酒としてのユズ酒。懐かしいユズの香りが心地よい甘いお酒だ。

続いて出てきたのは先付け。揚げたスナッパー(鯛の一種)、玉ねぎ、チャイブの甘酢仕立て。パプリカのグリル、シラス、鰹節としょうがに旨味だし。甘辛牛肉のアスパラ巻き。繊細な味付けで、白ワインがすすむ三品だった。

次のお椀はおすましで、柔らかい鴨、コールラビ、焼きネギ、そして茶そば。ユズの香り高いペーストが上に添えられている。ほっとする味。

お向の刺身は、シェフの選んだ新鮮な七種盛りだ。

別盛りで、アワビと帆立貝も添えられた。アワビなんて本当に何年ぶりだろう。美味しい。

お次は焼き物。ナナガイの焼き魚にウナギ。写真がぶれてしまっていて恐縮だが、炭の香りがほんのりとただようしっかりとした魚肉に、ここずっと食べたことがなかったウナギが美味しくて、思わず声が漏れた。

おしのぎは変わっている。自分で皿の上で混ぜるポテトサラダだ。マッシュされたポテト、赤玉ねぎ、セロリ、アボカド、枝豆。そして小さな木製スプーンにはユズの汁、自家製マヨネーズも添えられ、ピスターシオが散らしてあった。こういうミックスもあるのだなあという新しい発見。色々と混ぜてみると、複雑な味わいで楽しい。

メインは本当なら四つの中からひとつを選ぶはずなのだが、今回は小さめにして三品出してもらった。
まずは、イクラを載せた焼き鮭のユズぽん酢。

ヒラマサの煮魚。

そして、大海老を使ったエビ天丼。各種漬物も添えられていた。

ここまでで、わたしたち四人は持ち込みの白ワインを三本空け、さらに追加の白ワインを一本注文していた。酒豪揃いである。

水物は各種フルーツ。ミカンのゼリー、そしてラムレーズンのクッキーサンドだった。さっぱりとしていて、懐石の最後にふさわしいデザートだった。

パースでは正統派の懐石料理を出す日本料理店は少ない。オーストラリア人の好みに合わせ、大皿で現代風のフュージョン料理を出す店が最近では多くなってきた。それも嫌いではないが、やはり時々こうした繊細な味と色と器の共演を楽しみたい。
そして、Kiriではまたも期待を裏切らない料理でもてなされ、わたしたちは満足の笑みと心地よい酔いに身を任せて帰宅したのだった。