生春巻きを作って同僚たちとのクリスマスランチへ

11月末あたりになると公私ともにいきなり増えるパーティー。
パーティーと言っても、ドリンクと軽食だけのものもあり、きちんとした「忘年会」もあり、今年で退職する教師のお別れ会などもある。

今日わたしが行ったのは学校の外国語科教師たちのクリスマスランチだ。フランス語教師の家の広い庭で行われたパーティーで、主催者は大きなハムのかたまりとバーベキューのソーセージを供し、招かれた教師たちは各々何か持ってきた。ほとんどがサラダ(ポテトサラダ、チキンサラダ、クスクスとベビーグリーンのサラダ)だったので、わたしは例年つくっている生春巻きを作ることに。

材料を切って準備するのが多少めんどくさいが、全部揃ってしまえばあとは巻くだけだ。「ええっスゴイねえ」と同僚たちは驚くが、実は「わたしが作るぐらいなので」とても簡単なのだ。
今回は途中から一緒に行く同僚が写真を撮ってくれたので、今までに例を見ない「作り方つきのレシピ公開」をすることにした。なんとまあ。

わたしのレシピは、実はベトナム人の友達からのもので多少日本語でネットに上がっているのとは違うかもしれないが、まあコチラで手に入るもので作った生春巻きということで、ご勘弁願いたい。

まずはこちらが材料。

茹でた海老を剥いて半身に切ったもの。豚肉を塩コショウでローストして薄くスライス。 ビーフン、春巻き用の円形米皮、レタス、キュウリ、ニンジン、ニラ(こちらではAsian Chive)、ミントの葉、パクチー。

全部切って準備したのがコチラ。ビーフンはここにはないが、10分茹でてから冷水で洗ってシンクで水を切っている。

ニンジンは千切り、キュウリはもう少し太く切ってある。レタスは3センチぐらいに切り、ニラは生のまま上をチョンと切って1本ずつ。ハーブはすべて葉のみにむしってある。

さて、なぜフライパンがあるかというと、これが春巻きの皮をひたすのにいい大きさだから。水を入れて布巾を広げたら準備万端整った。

まずフライパンの水にさっと皮をくぐらせる。このとき、柔らかくなるまで待たないこと。まな板に置いて材料を置いているうちに柔らかくなってくるし、あまり柔らかいと巻くときに破れるので。

ささっとくぐらせて、まんべんなく水がついたらさっと引き上げる。

お次は布巾の上に。水気を押さえたらすぐにまな板の上に載せる。

まずは野菜類(レタス、キュウリ、ニンジン)を載せ、その上にビーフンを平たく載せる。

くるくるとひと巻きする…

固く巻いたら、両側の部分をたたんで…

今度は外側に見えるように海老や豚肉を載せ、ミントとパクチーを載せてもう「半巻き」。

写真では何が何だかよくわからないが、この「半巻き」の後にニラを入れて最後までグルリと巻く。終わり。

こんな感じで巻くと、最後の海老がよく見える。
そしてコチラが途中経過。豚肉巻きも作っているのがわかる。

実は「海老キライ」というひともいるし、「ベジタリアンどころか野菜しか食べないヴィーガン」もいるので、豚肉だけと野菜だけというのも作らなければならない。

25本作ったので、あともう少し。

二段重ねで完成。全部で37本。

どうにか全員1−2本は食べられる量。くっついてしまうので間にベイキングシートを挟み、もう皿盛りの美しさはこの際無視。車でデリバリーなので、そんなことはかまっていられない。

ソースは、アジア食品店で買ったスィートチリソースとホイシンソース。どちらも甘めなので、生春巻きにはピッタリ。ベトナム人はこのホイシンソースには砕いたピーナッツを加え、砂糖も追加するがさすがにわたしはそこまでしない。

サイドテーブルには、皆で持ち寄ったサラダとキッシュ、そしてハムとソーセージが並んだ。

このあとにはもちろんデザートも並び、結局12時半から始まったクリスマスランチは4時過ぎまで楽しいおしゃべりに花が咲いた。

あっと言う間の1年だった…来週は木曜日が修了式で、6週間の夏休みが始まる。

 

3件のコメント

鶏もも肉のサルサ・ベルデと生ズッキーニのサラダ

わたしはかなり臨機応変なほうなので、そりゃ忙しいときにはインスタントラーメンを野菜と一緒に茹でて最後に生卵を落とす、な〜んてものすごい晩ゴハンを食べているときもある。
採点時期は、センセイにとっては「夜の憩いのひととき」なんてないに等しい。

例外がひとつ。
嫌なことがあったときだ。こればかりは、採点時期と違って突然やってくる。それは保護者の「娘の成績が悪いのは全てアンタのせいだ」という知らせだったり、忙しいのがわかっているくせに「あと1個ぐらいいいじゃん」とばかりにまた新しい雑用を持ってきてくれる学校の総務だったり、はたまた自分で間違いを犯してしまったときだったり。

まあ、詳細ははぶくがそんな日が今日だった。

そういうときには、わたしは黙々と(いや、そうでもないな、好きな音楽はガンガン鳴らしているから)晩ゴハン作りに励む。DVDで映画を観てもいいのだが、さすがに腹だけは減るからだ。

日本ではズッキーニはどうも調理して食べる野菜らしいが、こちらでは生でサラダにしていることも多い。
夏の野菜なので季節が反対のオーストラリアでは今が旬、棍棒のように育ったデカイのを1本買ってきた。これはこの下のスライサーでサッサと千切りならぬ五十切りくらいにできる。

zucchini

サルサベルデ(Salsa Verde)は「緑のソース」の意。
わたしが今日使ったのは、例によって「週末に買ったが使うのを忘れた」バジルとイタリアンパセリ。葉だけを粗みじんにして、重い石のモルタールに放り込み、ニンニク一片をつぶし、アンチョビを2切れ、水を切ったケイパーをひとつかみ、全て混ぜ合わせて、塩とディジョンマスタードを加え、あとはたらーりたらりとオリーブオイルを加えながらガンガンとつぶす、つぶす、つぶす、つぶす、つぶす、つぶす。ハアハア…つまり、ここらへんがわたしのストレス解消になっているのである。本当はブレンダーで1分ほど回せばもっととろ~りとしたソースになるのだが、わたしはこんな荒いサルサのほうが好きだ。

サルサができたら、鶏もも肉は塩コショウをしてからフライパンで両面焼く。その間に、さっきのスライサーでズッキーニを細長くスライスし、鶏肉が焼けるのを白ワインを飲みながら待つ。と言っても、10分ぐらいか。

で、焼けた鶏もも肉を生ズッキーニの上に置き、サルサベルデをたっぷりかける。
全部で30分ほどの料理だが、それでも鼻歌を歌いながら忙しく作っているだけで、見事に昼間のストレスが消えていくのがわかる。単純なのかもしれない。

美味しいものを美味しく。
ストレスがあったら、美味しい料理をつくるに限るんだよ、うん。

クルミとルッコラのペスト・スパゲッティー

季節のハーブが手に入ると、わたしはよくペスト(Pesto)を作る。代表的なものはペスト・ジェノヴェーゼと呼ばれるバジリコと松の実の入ったペースト状だが、今回はルッコラを使った。英語ではロケットと呼ばれるハーブだ。ゴマのような強い風味を持ち、わたしはよくそのままサラダにしたりパスタにからめたりする。

大量に購入したルッコラは、モルターとペストールのすり鉢を使っていたら時間がかかるので、ブレンダーにぎゅうぎゅうと詰め込む。そこにヴァージンオリーブオイルをたらーりたらーりとたらしながら、スイッチをオンにしたりオフにしたりして、ペースト状になるまで。そこに塩をパラパラ、にんにくを2片とクルミをひとつかみ放り込み、レモンジュースをぎゅうと絞ってまたブレンダーを回す。あとはブレンダーから出して、もうすこしオリーブオイルを足し、パルミジャーノチーズをがりがりと削って混ぜあわせてオシマイだ。

その晩食べるだけを残して、あとは煮沸消毒した瓶に入れ、上に2−3ミリほどの高さにオリーブオイルを入れる。こうやって層を作ってやると、冷蔵庫で数ヶ月はもつ。

2015-04-23 DSC00973-1

さて、4月に作ったそれがまだ冷蔵庫に残っていたので、これを使ってスパゲッティーを。
大鍋に湯を沸かし、塩をひとつかみ。そこにスパゲッティーを入れ、最後のほうでブロッコリー二と呼ばれるブロッコリーを長くしたような野菜も一緒にゆでてしまう。あとはペストを混ぜあわせてから、ブロッコリーニを加え、クルミとフェタチーズをぱらぱらと散らす。

スパゲッティーを茹でるだけの時間でできてしまうスピード料理だが、クルミとルッコラのペストはちょっと変わっていて美味しい。コレさえ作っておけば、いつも冷蔵庫からちょっと出して使えて便利だ。