キングストリートの Heno & Rey

久しぶりにオペラ観劇。今回はパースでは15年ぶりという「カルメン」だ。なぜ15年もこんなに有名なオペラが上演されなかったかと言うと、主人公のカルメンが働いているのが「煙草工場」で「煙草を吸う場面が多いから」という何とも嫌煙が進んでいるオーストラリアならではの理由。何ヶ月も前にチケット購入していたから観られたが、4日間全て満員御礼というのは非常に人気の高いオペラで親しみやすい曲がたくさんあったためと思われる。

さてそんな「カルメン」を上演するのは豪華で古めかしい劇場、His Majesty’s Theatre(王立劇場)だが、その隣にHeno & Reyというスペイン料理店が新しくできた。こちらも予約して出かけていった。

外にも座る席があり、いかにも心地よさそうなソファーなのだがいかんせん寒すぎる。夜ともなると13−4度になるパースの冬だ。街のパブのように外にヒーターもついていない。わたしは窓際だったので、外の席の女性に大きな毛布が渡されるのを見たが、それでも寒かったとみえて中のテーブルが空いたときに食事の途中だったのにすぐに移ってきた。ヒーターはつけるべきだなあ…。

さて、料理だがタパスが多いのでいくつかそこからおつまみを注文したが、その注文がなかなか来ない。ワインに口をつけてしばらくしても頼んだチェイサーの水さえテーブルに来ない。

タパスを作っているオープンキッチンの大きなテーブルに所狭しとタパスの皿が並び始めた。それこそもうそれ以上作れないほどに。つまり、サービススタッフが出来上がった皿を取りに来ないからだった。10分以上たっても来ない。そのうちに料理人たちがザワザワし始めた。そして、何度もチーンと鳴る「料理が出来上がっているよ!」のサイン。そして、ついに料理人のひとりがしびれを切らしてキッチンから出てくると、スタッフを呼びに行って不満をぶちまけたようだ。なるほど、遠くでおしゃべりをしているスタッフが2人。ようやくその2人が飛んできて料理を運び始めた。

そして、わたしたちが恐れていたように全部いっぺんに注文した料理が並んだ。並んだというよりもうぎっちりと置かれて、ワイングラスをおく隙間さえない。「全部いっぺんに持って来ないよう、あらかじめお願いしたはずですが」と言うと「すみません」と言うばかり。取りあえず、ふたつほど料理を銘々皿に分配し、空いた皿を下げてもらうよう合図。今度はスタッフのひとりが飛んでくる。(実はわたしはこういう場合ものすごーく顔に出やすいので、スタッフたちにはわたしがものすごーく怒っているということがわかってしまったらしい)
しかしねえ、こういうときはフロアマネージャーが小さなおつまみ一品ぐらいタダで持ってきて「すみません」とやってくれたら、客も気分よく食事が楽しめると思うのだが、まだそんな気の利いたことができる店にはなっていないらしい。

しかし、やっと料理が楽しめるね(というよりワインをテーブルに置けるね)と食べ始めたらこれがビックリするほど美味しい。

キングフィッシュのセヴィッチェ(刺し身のレモンマリネ)。魚が本当に新鮮で、厚みのある肉にレモンのフレッシュな味わいが何とも言えない。

こちらは、タコの足とカリフラワーのグリル。味はよいのだが、残念ながら冷えている。そりゃ、キッチンテーブルに置きっぱなしだったのだから当然だ。プリプリのタコの足なのに。

スペイン料理店に来たら、絶対これは注文しなきゃねというスペインの生ハム、ハモン・セラノ。店で直接切り落としたばかりのハモンはやはり美味しい。

これはレモンとアイオリソースを添えたイカの足の揚げ物。おつまみには最高だ。

この他にもまだサラダとホワイトベイト(小魚)のフライがあったのだが、テーブルが大入り満員で写真が撮れる状態ではなかった。残念。

料理は素晴らしいし、値段もパースシティーにしては安めかもしれない。雰囲気もモダンで素敵だ。それでもスタッフの対応で興ざめしたのは間違いない。料理人たちがかわいそうで、トイレから帰ってくる途中で「料理が本当に美味しかったです、ありがとう」と一言残しておいた。3人ともニッコリと微笑んでくれたのが印象に残っている。
いずれにしろ彼らに罪はないし、そのほかの料理を試すためにもう一度訪れたいとは思っている。

ダルキースの Café des délices

二週間に一度やってくる1時間目と5時間目しかない日。つまり真ん中の9時35分から2時25分まで授業がない。家に帰ってもいいのだが、往復で1時間以上かかる道のりを考えるとどうも気が乗らない。だが学校にいればどうしても働いてしまうし、何かしら用事が入ってくる。

そう言えば、なんだか素敵なフランス風カフェがあったなあと思いだした。ここで朝ゴハンなんてのもいいかもしれない。学校からなら車で7−8分の距離だ。
大雨の日で残念だったが、なんとか駐車スポットも見つけてカフェに滑り込んだ。雨さえ降っていなければ外に座るのもいいなと思ったが、やはり今日は誰も座っていない。

エッグ・ベネディクトはベーコンかスモークサーモン(追加料金)が選べる。サワーブレッドにホウレンソウが敷いてあり、スモークサーモンがたっぷり。その上にはポーチドエッグがふたつ。そして、オランデーズソースがかかっている。珈琲はすでにミルクたっぷりのフラットホワイトを学校で飲んでいたので、ロングブラックにした。エスプレッソ1杯分にお湯を同じ分量足した珈琲だ。そこにミルクを小さなピッチャーで添えてもらった。

周りを見ると、新聞を読んでいる中年男性やおしゃべりに余念がない奥様方やベビーカーをそのまま隣に置いて携帯電話を覗いている若い女性。この地域は高級住宅街だけあってこんな素敵な店がひっそりと隠れていて、訪れるひとびとの服装もオシャレだ。

支払いを済ませると、隣のショーケースには美味しそうなペストリーやサンドイッチが沢山。後ろにはフランス風のどっしりとした田舎パンや外側がパリパリのバゲットなどが並んでいる。わたしの目がもうショーケースから離れないのを見て、感じの良い店員が微笑みながら「何かおやつをお包みしましょうか」と訊いてくる。「いや、今日はもうお腹がいっぱいだからまたの機会に」と言って店をあとにした。
密かに「朝ゴハンのクロワッサンをここで買って学校に行ってもいいな」だの「また時間が空いたら今度はランチもしたいね」だの「パンをここで買って帰ってもいいな」だのと考えながら。

残った豚ひき肉で「キャベツと甘辛味噌炒め」そして次に「豚つくね」

問題はこちらのひき肉の1パックの量だ。500グラムが標準サイズ。
先日の餃子パーティーのときにそれを2パックも買ってしまい、ひとつはそのまま250グラムずつにして冷凍し、餃子にした残りの200グラムは冷凍するまでもないので、これまた残っているキャベツを使って甘辛味噌炒めにした。

油をひいてニンニク、ショウガ、赤唐辛子のみじん切りをまずフライパンへ。香りが出たらひき肉を炒め、ニラとキャベツのざく切りを加え、味噌、みりん、醤油、酒、砂糖少々で味つけひて、ざっと炒めた。こういうシンプルな炒めものもゴハンが進んで(実は進んじゃいけないんだが)美味しい。

そしてまだある250グラムをひとつ、今朝冷凍庫から冷蔵庫に放り込んでおいた。何か作ろうとは思っていたが、朝の時点では何も決めていない。

今日の午後は研修のプレゼンターだったのだ。
パースのそれぞれの学校にいるアシスタントやチューターのための3時間の研修だ。こちらの大学受験やその会話試験の構造と基本、生徒への文法や言い回しの提案、練習の仕方など、どれも教師たちに時間に余裕がなければ教えられない情報やサンプルなので、とても喜ばれた。最後のアンケートもそんなポジティブなコメントばかりでほっとしたところ…。

ということで、今日の晩ゴハンではなく「おつまみ」は豚つくね。つくねって鶏肉だけなのかなと思っていたが、そんなわけでもないらしい。

例によっていい加減な分量だが、豚肉250グラムに万能ねぎのみじん切りを3本ほど、そしてマッシュルームがあったのでそれもみじん切りにして4個。パン粉を「5つまみ」ほど加え、卵をひとつポンと割り、ショウガをガリガリと削り、醤油と塩とみりんと砂糖で味を整えた。

焼きやすいように平たい円形にしたかったのだが、なぜか楕円形になってしまい、どこから見てもミニハンバーグ。片面をキレイに焼いてからひっくり返して蓋をし、弱火でじっくり火を通した。

見た目はよくないが、これはおつまみに最適だ。やわらかくて、まさに「つくね」だが、白飯と一緒に食べても美味しいはず。まだ残っているので、明日はこれと玉ねぎを温めて半熟の卵をとろーりとかけてドンブリ飯にするつもり。

しかし、もう少し小さいサイズの豚ひき肉があれば、こんなに使いまわしの苦労をしなくてもよいのだがなあ…。