エカマイの (UN) FASHION Cafe

バンコク・エカマイは最近カフェがずいぶんと増えて、珈琲好きとしては大変楽しい散策エリアとなってきた。

エカマイのソイ10角には「Ekkamai Shopping Mall」という一角があるが、最近ではショッピングというより小さなカフェ、バー、レストランなどが立ち並び、連夜若者たちで賑わっている。数年前からそこには小さなヴィンテージものの革製品を売る店もあるが、その隣に今度はカフェができた。それが (UN) FASHION Cafe(アンファッション・カフェ)だ。

外から見るとまるで誰かの家のような椅子とクッションが散らばっていて、狭い店内はとても居心地がよさそうだ。スタッフは若く英語も達者だ。外の椅子にはアメリカ人の親子が座っていたし、ここには結構外国人も来るのだろう。

何となく古びた椅子やらテーブルやらが置かれ、狭い店内はカフェというよりアンチックショップのような雰囲気だ。隣のヴィンテージ革ショップのオーナーのカフェなので、内装が似ているのは当然なのかもしれない。

珈琲メニューはバンコクの標準的なスタイルで、カフェラテ、カプチーノなどが並ぶ。わたしは冷たいカプチーノを注文し、窓際の席が空いていたのでそこに陣取った。クッションが柔らかくやはり快適な小さな空間。ここならゆっくりと1時間ぐらい本を読んだりメールをしたりできそうだ。

窓際にはホームメイドのケーキが並んでいたので、アップルタルトをひとつ切ってもらった。

しばらく待っていると、温かいアップルタルトのひと切れが生クリームを添えられて出てきた。シナモンがたっぷりとかけられた素朴なヨーロッパ風タルトだ。生地はサクサクとしていて香ばしい。

1階は珈琲とケーキだけだが、狭い階段を上がる2階はダイニングエリアとなっていて軽食も楽しめるらしい。わたしはどちらかというと、知人の古びた家にいるような懐かしい空間の「 (UN) FASHION Cafe」で、今度は文庫本でも持ち込んでゆっくりと過ごしたいと思う。

エカマイのThe Accidental Butcherで美しいポークチョップを買う

前から気になっていたエカマイの肉屋。いきなり住宅街のど真ん中にぽつんとできたときには一体なぜこんなところに、とビックリしたものだ。よく通る路なのでいつか行こうと思いながらはや数年。

そのうちに噂を聞くようになった。こちらに住んでいる西洋人たちがよくここで肉を買っているというのだ。オーナーはオーストラリア人のホンモノの肉屋、スティーブ・クレイグだ。

オーストラリア産のビーフもラムも一通り揃っていて和牛まである。チキンとポークはタイ産だが、品質は最高のものを誇っていると言う。ソーセイジは自家製でこれも美味しそうだったけれど、今回は取りあえず「こんなに美しく処理されたコトレットはタイでは見たことがない」と思わず手が出てしまった豚の骨付き背肉、ポークチョップを買った。

ジャガイモがまだ残っていたので、付け合せはマッシュポテトと冷凍のベジタブルミックスだ。あまり時間をかけたくない、という魂胆がありありとうかがえる晩ゴハン…。

買ってきたばかりのポークチョップはまだ冷たいので、そのまましばらくキッチンで常温に戻す。その間にマッシュポテト用のジャガイモを茹でる。こればかりは冷水から茹でるので時間がかかる。40分ぐらいか。

小さな鍋には牛乳を1カップぐらい注ぎ、潰したニンニクのかけらを数個放り込み、フレッシュなタイム(はオーストラリア自宅の庭にしかないので、今回はスパイス瓶のローズマリー)とベイリーフ(これも見つからなかったので取りあえずいれていないが)を混ぜ、最後にオリーブオイルをたらりと足してから火にかける。沸騰したら冷ましてスパイス類をミルクで煎じる。
わたしはマッシュポテトにはバターもクリームも使わない。それよりは軽く煎じた牛乳ミックスのほうがはるかに胃に優しいからだ。ここに塩を味をみながら加えたらマッシュポテトの用意万端整った。

書き忘れたが、ジャガイモは必ず皮付きのまま茹でること。水っぽくなってしまうからだ。皮を剥くときに多少「あちちち」となるが、フォークとナイフでするりと剥けるのでご心配なく。

その間にはすでにフライパンにオリーブオイルをたらし、塩コショウにハーブ・スパイスを混ぜてポークチョップを両面ちょっと焦げるくらいに焼いている。2分ずつぐらいだろうか。その後は熱しておいたオーブンで中までじっくりと焼く。肉の厚さにもよるが、大体10分ぐらい。そして出したらアルミホイルで包んで5分。こんなふうになったら出来上がりだ。

テーブルに出したら、もうあとはかぶりつくのみ。肉はあくまでもジューシーに、だが噛みごたえもある上質の豚肉だ。

骨までしゃぶりつくして、ごちそうさま。

エカマイの BEESTON CAFE

雨がパラパラと降ってきたので雨宿りがてら、エカマイのソイ2にあるBEESTON CAFEへ。

中は広々としていて、テーブルとの間隔もゆったりと取ってある。居心地のいい空間だ。

英国のビーストンに滞在したことのある若い6人が共同でつくった店だ。コンセプトは「自分たちのアパートでくつろいでいるような空間」ということで、インダストリアルな雰囲気の中で、様々な形のテーブル、椅子、ソファが置かれ、テーブルランプや電源コンセントなども近くにあり、なるほどくつろげる。

珈琲はチェンマイからのオーガニック豆を挽いているそうで、香りが豊か。カプチーノはもう少し泡が少ないほうが飲みやすい…のはわたしだけの好みなのか。飲み終わったあとに、カップの1/3ほどが泡だったことに気づく。儚い。

おやつに注文したアーモンドクロワッサンは、外側がサクッとしていてとても美味しい。フランスのコルドンブルーで修行したシェフが毎朝自ら焼いているんだとか。他にもプレーンなクロワッサン、ハム&チーズ、チョコレートなどがあり、最初選ぶときに目移りしてしまった。

メインの食事類も充実していて美味しそうなので、次の機会には食事に来てみたい。