ちょいと洒落た海南チキンライス

洒落たインテリアのマレーシア系中華料理屋がオープンしたのは、2年前。自宅から車で5分ほどの新築オフィスビルの1階だ。この店は夜のアラカルトも美味しいが、昼のランチが有名でかなり遠くからやってくるひとたちも多いらしい。

ランチの一膳飯は、全て10ドル(約960円)。収入に較べて外食がとんでもなく高いパースでは、安いカテゴリーに入る。パースの繁華街では、安いと言われる中華料理屋のぶっかけ飯だろうと1200円以下で食べられるような店はない。ちなみに、もっと都会と言われる東海岸のシドニーやメルボルンでさえ、外食ではパースよりはるかに安い店が沢山ある。

さて、この店の名物は海南チキンライスだ。
東南アジアの国々ならばどこでも食べられるこの庶民料理、タイのバンコクでも「カオマンガイ」として道端の屋台やフードコートでお馴染みのものだ。国によって添えられるソースが違うが、作りかたはほとんど同じ。鶏肉の脂で炒めて炊いたごはん、その茹で汁で作ったスープ、そして骨を抜いてスライスされた茹で鶏。

hainanchicken

この店のものはさすが洗練された中華料理屋のため、ソースが3つもついている。右から、ショウガ油、こってり甘醤油、チリソース。海南チキンライスは、蒸したものかローストしたものか、そして肉の部位も胸肉かドラムスティックかを選べるようになっている。わたしはいつも柔らかい胸肉を頼むが、中華系のひとたちはドラムスティックのようなダークミートのほうが味がよいという。食べにくいけれどね。

ごはんはたっぷりぎっちりボウルに詰め込まれ、箸を入れると必ずボロボロこぼれるのが難だが、鶏の脂が滲みてパラパラのチャーハンのような具合で美味しい。

お腹がイッパイになっても、お茶をちびちびやりながら日本語のおしゃべりを愉しむのはいいねえ。ここんとこ、あまり日本語を話していないもので。

 

5件のコメント

母と歩いて、つけ麺を食べに行く

あけまして、おめでとうございます。
日本に一時帰国中です。今年もよろしくお願いします。

実家の母は5年ほど前までは元気に自転車を乗り回していたが、その後膝の故障がひどくなってついに自転車を諦めて高齢者用の手押しカートを使うようになった。その速度が1年に1度会うたびに遅くなっている。今回一緒に外に出ることが多いが、ゆっくりと足を運ぶ小さくなった後ろ姿を見るたびに「年取ったなあ」と思う。

その母はラーメンが大好きだ。妊娠中は今までそんなに好きでもなかったものが突然食べたくてたまらなくなるそうだが、わたしを妊娠中の母が食べ歩いたのがそのラーメンだった。そして生まれた娘が、ラーメンを好きにならないほうがオカシイ。

2年ほど前にできたつけ麺屋はとても近くて、母の速度に合わせて歩いても5分ほどで着く。カウンターしかない小さな店だが、清潔で明るい。食券を買うシステムで、今日はいつものシンプルなものではなく味玉チャーシューつけ麺。母も「チャーシューがもっと食べたい」と言うのでチャーシューつけ麺。ここでサービスをしてくれる中国語なまりの小柄な女性は、とても優しい笑顔で高齢の母をいたわってくれる。

tsukemen

普段は1枚のチャーシューが3枚。厚くて柔らかくて、バンコクやパースで裏が透けて見えるほど巧みに薄く切られたものよりはるかに大きい。味玉は半身のゆで卵2つで黄身がとろりと半熟。ここのスープは甘辛い醤油味、豚骨と魚介のだしが効いている。麺はしこしこと歯ごたえのある太めのもの。

しかし…この大きさのチャーシュー3枚はさすがにツライ。母もわたしもここで初めて麺を残した。隣を見ると、若い男性が普通盛りの麺の三倍はあるかというような大盛りのつけ麺に挑んでいた。後でポスターを見たら、大盛りは440gあると言う。これを平らげられるのは、やっぱり若い男性ぐらいだろうね。ちなみに、普通盛りだろうが大盛りだろうが値段は変わらない。

お腹一杯食べたあとは、ゆっくりと歩く母の速度が気にならない。そして、ゆっくり歩くと周りの景色が目に入る。ピラカンサだ。

pyracantha

「ここのはキレイだねえ。家にもあるのに、このピラカンサも南天も全部鳥に食べられちゃったんだよ。ここのウチには鳥が来ないんだね。」そう言ってから声を落として「ウチのほうが美味しいんだよ、きっと」とふんと鼻で笑った。

足は悪くなっても、母の楽しい性格は変わらない。

 

ワイナリーでのどかに昼ゴハン

スワンバレーは、州都パースから一番近いワイナリーで有名な場所だ。
わたしの家からは車で30分ほど。HaughtonやSandalfordといった他州にも知られる大きなワイナリーとは別に、小さなブティックワインをささやかに作る小さなワイナリーにも味わい深いものがある。

日曜日はそんなワイナリーのひとつ、Little River Wineryに足を運んだ。
ここはわたしが住み始めた2001年以前から、時々訪れているワイナリーだ。以前は、レストランもカフェもなく、ワイン貯蔵庫の前に木の台を置いて、そこで試飲を提供していた。あのころはまだ若いワインばかりで、フランスから運んできた樽とピノ・ブランをベースにして、マスカットの甘いワインも作っていたが、その後本格的に赤に力を入れてきたワイナリーだ。

ここのシラーズはほんの少しヴィオニエを混ぜており、男性的な力強さよりどちらかというとまろやかな後味を持っていて、わたしのお気に入りだ。でも、今回は2004年のカベルネ・ソーヴィニョン・メルロが出ていたので、そちらを。2002年モノはもう底をついたらしい。うちにもまだ2本ワインセラーに残っているが、在庫はそれだけ。2004年はその2002年の当たりを踏襲して作られたそうだ。

ただし、今日は試飲だけではなくレストランでのランチも。
ここでのランチは、うーん、何と形容したらいいのだろう、フランスの田舎にあるようなビストロだ。メインのメニューは3つしかない。ラムパイとビーフ・ブルギニオンとコック・オー・ヴァン。スターターやデザートもあるが、このメインは数年前から変わらない。

今日はまずスターターに鴨のパテを。

薄く封印している鴨の油の膜を取り除くとこってりとしたフランス風のレバーパテが。美味しくって、たくさん食べそうになったけれど、メインもデザートも行きたいので我慢、我慢。

わたしが注文したのはコック・オー・ヴァン。鶏肉のワイン煮込みだ。バジルのハーブソースをかけたマッシュドポテトとサラダが付け合せとしてついてくる。友達が食べたのは、ラムパイ。こちらはラム肉の煮込みを深皿に入れてパイ生地で蓋をし、オーブンで軽く焼いてある。

あまりの量に毎回残してしまうが、それでもじっくりと煮込んだ肉の美味さにはいつも舌鼓を打ってしまう。鶏肉は骨からほろりとフォークではずすことができるほど柔らかい。

さて最後は、もちろんデザート。実は、このデザートも少々わたしの胃には量が多すぎるが、それでもやっぱり毎回頼んでしまう。ここのクレーム・カラメルは絶品。もちろん上からバーナーで砂糖を焦がしてある。

 

続いて、「退廃的なチョコレートケーキ」のバニラアイスクリーム添え。小麦粉を使っていないチョコレートケーキだ。これは、わたしもひとを呼んだときや学校の同僚の誕生日ランチなどにつくるが、軽いケーキではない。どちらかというとまったりとして、チョコレートの味を満喫できるが、あまり沢山は食べられない。

ブドウ畑の木々はまだ裸ンボだ。つまりまだまだ冬は終わっていない。
それなのに昼の気温は22度。ジャケットは羽織っているが、のどかな風景の広がる素朴な庭、そしてビストロ風ランチを満喫。

それでも、近くではそろそろ西オーストラリア名物のワイルドフラワーが咲き始めている。
春はもうすぐそこだと言われているようで、ほんの少し嬉しくなった。