ウォルフレーンの The Spaniard

パースの王立劇場の地下はキャバレーになっている。いや「キャバレー」と言っても日本語で使われる意味ではなく、席についたら横にすわってくれるホステスもいなければ、飲み物や食べ物を運んでくれるウェイターもいない。小さなテーブルと椅子が舞台を囲んでいて、食べたり飲んだりしながらショーを楽しむことができる店だ。飲み物はカウンターで購入し、自分で席まで持って行く。食べ物は乾物類(ポテトチップスやポップコーン)だけだ。

11月4日のキャバレーは、オーストラリアのミュージカル女優ジェラルディン・ターナーの独り舞台だ。

前置きが長くなったが、キャバレーの舞台は7時半に始まるので、早めの晩ゴハンを食べようということになった。
王立劇場の向かいのKing Streetでグッチやらバリーやらルイ・ヴィトンやらの大物ブランドが立ち並ぶ一角を抜け、Wolf Laneで右に曲がるとそこはすでに車の入れない路地だ。外階段の壁には「うわあ、メリー・ポピンズだ」…と思ったら、大きなバッグではなく機関銃を持っている。何だこれは。

細い路地には土曜日だからか、結婚式の新郎新婦と招待客たちがプロのカメラマンに写真を撮ってもらっている。それも3組も。つまり1組目が終わるのを2組目と3組目が待っているというわけ。
店の中からそんな幸せそうなひとたちの写真をパチリ。

さて、本題のThe Spaniard(ザ・スパニアード)だが、中はカジュアルでどちらかと言うとバーのような雰囲気。だが、メニューはスペイン料理がかなり豊富に揃っている。わたしたちが行ったのはそのあとキャバレーに行くために早めの5時半。飲んでいる客がちらほらといるだけだった。

パエリャが食べたかったが、今回は誰もそんなにお腹がすいていないので断念。軽いタパスを注文することにした。
こちらはスペインハムの盛り合わせ。どれもスライスしたばかりで美味しい。

そして、野菜のスペイン風煮込み。フランスのラタトゥイユと同じくトマト味でこってりとしている。上に乗っているのはうずらの卵の目玉焼き。

こちらは、海老のピリピリ…と、昔スイス・チューリッヒのスペイン料理店でいつも頼んでいた一品。ニンニクとチリの効いたぷりぷりの大海老を、オリーブオイルでさっと炒めてある。わたしのお気に入りタパス。

最後はタコのぶつ切りをゴートチーズの上に載せてローストしたタパス。

どれも美味しかったけれど、さすがにオリーブオイルたっぷりの料理ばかりで、あとで少々胃がもたれそうになった。

料理は季節によってメニューが変わるというので、またキャバレーを観に来たときに寄ってみようと思う。ただし、パエリャは注文してから40分かかるというので、こちらはもっとゆっくりのディナーのときに。実はバルセローナ風のイカ入り真っ黒パエリャがあるのだ。昔バルセローナで食べただけなので、これだけはぜひもう一度食べてみたい。

ソイ20のJamon Jamon(ハモン・ハモン)

ソイ20なんて久しぶりだなあ、と思いながらスクムビットの角を曲がると…何という建設ラッシュ。様々なビルが建てられている最中で、レストランの場所を探すのに苦労してしまった。ドイツ料理のBei Ottoもスイス料理のChesaもよく知っているだけにその隣のスペイン料理レストラン「ハモン・ハモン」を見逃すわけがないのだが、いかんせん看板が奥まっていてほとんど見えない。立て看板でも出しゃあいいのにねえ、とブツブツ言いながらドアをあけた。

とてつもなく大きいメニュー(いや、本当に大きくてテーブルの半分ほど)には、野菜料理がほとんどない。カワキモノとアゲモノだけで、肉料理やパエヤなどもない。とりあえずサラダと冷たいトマトのスープを注文。そして、チョリソーとスペイン生ハムのハモン、アヒージョ、フライドポテト。なんだか胃がもたれそうなメニューだ。「タパス」と言っているが、それにしても一皿の量が多い。ひとり分の量が尋常じゃないほど多いオーストラリアのレストランでも、スペイン料理屋のタパスだけは少量なんだけどなあ。

飲み物はビールとサングリアがメインで、最初からそれを勧められた。スペイン料理店だが、どちらかというと飲みに行く場所のようだ…が、ワインの品数が悲しいほど少ない。

それでもハモンには期待していたのだが、出てきたのはハムの細切れ。切り方が極端にヘタクソだが、切っているのはどうやらオーナーのスペイン人らしい。

DSC00868

店の雰囲気は悪くないし、木曜日だったのでスパニッシュ・ギターの生演奏もある。しかし、空いている。オーナーは友達と話しこんでいて、わたしたちが入って行ったときでさえ、こちらを向いてもにこりともしない。店がヒマなんだから、少しはテーブルでも回ってオアイソを振りまいてもいいんじゃないかと思ったが、商売ッ気のないひとだ。

タイ人スタッフは親切で気持がいい。サービスも丁寧だし、帰るときには店の宣伝パンフレットまでくれて、一生懸命店の売り込みに専念している。ただし、スクリュートップのワインなのにわざわざ味見までさせてくれるのには苦笑したが、「コルクじゃなかったらやらなくていいのよ」と言えるほどわたしのタイ語はうまくない。

金曜日はフラメンコのショーがあるそうで、次回は夕食のあとの1杯で寄ってみたい。

 

スペイン料理パエリアを中華鍋でつくる

パエリア(Paella)はスペイン、それもバレンシア地方の郷土料理だ。
発音としては「パエーヤ」が多く「パエージャ」とも言うが、そういうことにあまり頓着しないスペイン人(バイリンガルなオーストラリア人のスペイン人母親)によると、「パエーリャでも通じちゃうよ」とのことである。

材料を入れて炒めてから炊くが、「炊く」というよりどちらかというと「煮る」料理でもある。日本のご飯のように「「はじめチョロチョロ、中パッパ 、ジワジワ時に火をひいて 、赤子泣くともフタとるな 」は、スペインやイタリアの米料理をつくるときには、この際忘れたほうがいい。

久しぶりに日本人の友達が夫婦で訪ねてきたので、以前彼らが来た時に大好評を得たパエリアをまたつくることにした。鍋ひとつでできるので、簡単だ。ただし、わたしはあの平たく浅いパエリア鍋を持っていないので、一番大きい中華鍋を使う。普段使うこともあまりないので、物置室に入れてある大鍋だ。

いつもは超特急30分以内料理を得意とするわたしだが、これはご飯を鍋に入れたら速いが、それまでの材料の準備に多少時間がかかる。

paella1まず、赤ピーマン。これは直火で皮をマックロに焦がすほど焼き、ビニール袋に入れて冷ます。あとでズルリと皮が向けたら縦に細く切っておく。海老はアタマと尾をつけたまま殻を剥き、背わたを取る。
さて、いつもの魚屋で買ってきた生の西オーストラリア産スルメイカは、イカスミがとれたら本気で「黒いパエリア」にしてしまうかと思っていた。が、やはり捕獲されたときにすでに煙幕としてバラまいてしまったらしい。残念ながら、入っていなかった。これは、ささっと切り込みを入れて適当に長方形に切っておく。新鮮なイカは、アジア食品店で買える安い冷凍モノとは比較にならないくらい美味しい。
鶏もも肉は食べやすい大きさに。そして、ムール貝は周りについている海藻を引っ剥がしてよく洗っておく。アサリ(前日にチャウダーをつくったときの残り)は解凍。
生の赤ピーマンと緑ピーマン、ニンニク、玉ねぎは粗くみじん切りに。ロックソルトとサフランは、モルターでガンガンと潰してピンク色の粗塩を作っておく。

別のフライパンを用意し、オリーブオイルをたっぷり入れて熱してイカを表面だけ軽く炒める。取り出してから、チョリソー・ソーセージと鶏肉を色が変わるくらいに炒め、また取り出す。これが下準備。

そして中華鍋にたっぷりとオリーブオイルを熱し、粗みじん切りにしておいた赤緑ピーマン、ニンニク、玉ねぎをさっと炒め、別フライパンで炒めた材料を戻し、米を「洗わないで」加える。これを、全ての材料に油のコーティングができるまで中火で炒める。

そこにチキンブロスを1リットル加え、ピンク色になったサフランと塩、スモークパプリカ、庭からむしってきたタイムを入れて煮立て、沸騰したら火を弱める。

paella

米が見えるほど汁が少なくなったら、魚介類(イカ、海老、アサリ、ムール貝)、細く切った赤ピーマン、グリーンピースを入れて蓋をする。干上がりそうだったら湯を足す。このまま10分ほど。貝類が開いたら米を食べてみて、まだ固いようなら湯を足して5分。火を止めて10分ほど蒸らす。イタリアンパセリはざく切りにして、最後に散らした。

材料が多いのでいかにも大変な料理のように見えるが、実際は至って簡単だ。どう作っても、ほとんど間違えようがない。肉と魚介と野菜の味が米に染みて複雑な味のコーラスが楽しめるのは、この豪快な米料理の醍醐味だ。これに、スペイン産の白ワインと楽しいおしゃべりが加われば、夜が更けるのを忘れるのも当然かもしれない。