キングストリートの Heno & Rey

久しぶりにオペラ観劇。今回はパースでは15年ぶりという「カルメン」だ。なぜ15年もこんなに有名なオペラが上演されなかったかと言うと、主人公のカルメンが働いているのが「煙草工場」で「煙草を吸う場面が多いから」という何とも嫌煙が進んでいるオーストラリアならではの理由。何ヶ月も前にチケット購入していたから観られたが、4日間全て満員御礼というのは非常に人気の高いオペラで親しみやすい曲がたくさんあったためと思われる。

さてそんな「カルメン」を上演するのは豪華で古めかしい劇場、His Majesty’s Theatre(王立劇場)だが、その隣にHeno & Reyというスペイン料理店が新しくできた。こちらも予約して出かけていった。

外にも座る席があり、いかにも心地よさそうなソファーなのだがいかんせん寒すぎる。夜ともなると13−4度になるパースの冬だ。街のパブのように外にヒーターもついていない。わたしは窓際だったので、外の席の女性に大きな毛布が渡されるのを見たが、それでも寒かったとみえて中のテーブルが空いたときに食事の途中だったのにすぐに移ってきた。ヒーターはつけるべきだなあ…。

さて、料理だがタパスが多いのでいくつかそこからおつまみを注文したが、その注文がなかなか来ない。ワインに口をつけてしばらくしても頼んだチェイサーの水さえテーブルに来ない。

タパスを作っているオープンキッチンの大きなテーブルに所狭しとタパスの皿が並び始めた。それこそもうそれ以上作れないほどに。つまり、サービススタッフが出来上がった皿を取りに来ないからだった。10分以上たっても来ない。そのうちに料理人たちがザワザワし始めた。そして、何度もチーンと鳴る「料理が出来上がっているよ!」のサイン。そして、ついに料理人のひとりがしびれを切らしてキッチンから出てくると、スタッフを呼びに行って不満をぶちまけたようだ。なるほど、遠くでおしゃべりをしているスタッフが2人。ようやくその2人が飛んできて料理を運び始めた。

そして、わたしたちが恐れていたように全部いっぺんに注文した料理が並んだ。並んだというよりもうぎっちりと置かれて、ワイングラスをおく隙間さえない。「全部いっぺんに持って来ないよう、あらかじめお願いしたはずですが」と言うと「すみません」と言うばかり。取りあえず、ふたつほど料理を銘々皿に分配し、空いた皿を下げてもらうよう合図。今度はスタッフのひとりが飛んでくる。(実はわたしはこういう場合ものすごーく顔に出やすいので、スタッフたちにはわたしがものすごーく怒っているということがわかってしまったらしい)
しかしねえ、こういうときはフロアマネージャーが小さなおつまみ一品ぐらいタダで持ってきて「すみません」とやってくれたら、客も気分よく食事が楽しめると思うのだが、まだそんな気の利いたことができる店にはなっていないらしい。

しかし、やっと料理が楽しめるね(というよりワインをテーブルに置けるね)と食べ始めたらこれがビックリするほど美味しい。

キングフィッシュのセヴィッチェ(刺し身のレモンマリネ)。魚が本当に新鮮で、厚みのある肉にレモンのフレッシュな味わいが何とも言えない。

こちらは、タコの足とカリフラワーのグリル。味はよいのだが、残念ながら冷えている。そりゃ、キッチンテーブルに置きっぱなしだったのだから当然だ。プリプリのタコの足なのに。

スペイン料理店に来たら、絶対これは注文しなきゃねというスペインの生ハム、ハモン・セラノ。店で直接切り落としたばかりのハモンはやはり美味しい。

これはレモンとアイオリソースを添えたイカの足の揚げ物。おつまみには最高だ。

この他にもまだサラダとホワイトベイト(小魚)のフライがあったのだが、テーブルが大入り満員で写真が撮れる状態ではなかった。残念。

料理は素晴らしいし、値段もパースシティーにしては安めかもしれない。雰囲気もモダンで素敵だ。それでもスタッフの対応で興ざめしたのは間違いない。料理人たちがかわいそうで、トイレから帰ってくる途中で「料理が本当に美味しかったです、ありがとう」と一言残しておいた。3人ともニッコリと微笑んでくれたのが印象に残っている。
いずれにしろ彼らに罪はないし、そのほかの料理を試すためにもう一度訪れたいとは思っている。

ウォルフレーンの The Spaniard

パースの王立劇場の地下はキャバレーになっている。いや「キャバレー」と言っても日本語で使われる意味ではなく、席についたら横にすわってくれるホステスもいなければ、飲み物や食べ物を運んでくれるウェイターもいない。小さなテーブルと椅子が舞台を囲んでいて、食べたり飲んだりしながらショーを楽しむことができる店だ。飲み物はカウンターで購入し、自分で席まで持って行く。食べ物は乾物類(ポテトチップスやポップコーン)だけだ。

11月4日のキャバレーは、オーストラリアのミュージカル女優ジェラルディン・ターナーの独り舞台だ。

前置きが長くなったが、キャバレーの舞台は7時半に始まるので、早めの晩ゴハンを食べようということになった。
王立劇場の向かいのKing Streetでグッチやらバリーやらルイ・ヴィトンやらの大物ブランドが立ち並ぶ一角を抜け、Wolf Laneで右に曲がるとそこはすでに車の入れない路地だ。外階段の壁には「うわあ、メリー・ポピンズだ」…と思ったら、大きなバッグではなく機関銃を持っている。何だこれは。

細い路地には土曜日だからか、結婚式の新郎新婦と招待客たちがプロのカメラマンに写真を撮ってもらっている。それも3組も。つまり1組目が終わるのを2組目と3組目が待っているというわけ。
店の中からそんな幸せそうなひとたちの写真をパチリ。

さて、本題のThe Spaniard(ザ・スパニアード)だが、中はカジュアルでどちらかと言うとバーのような雰囲気。だが、メニューはスペイン料理がかなり豊富に揃っている。わたしたちが行ったのはそのあとキャバレーに行くために早めの5時半。飲んでいる客がちらほらといるだけだった。

パエリャが食べたかったが、今回は誰もそんなにお腹がすいていないので断念。軽いタパスを注文することにした。
こちらはスペインハムの盛り合わせ。どれもスライスしたばかりで美味しい。

そして、野菜のスペイン風煮込み。フランスのラタトゥイユと同じくトマト味でこってりとしている。上に乗っているのはうずらの卵の目玉焼き。

こちらは、海老のピリピリ…と、昔スイス・チューリッヒのスペイン料理店でいつも頼んでいた一品。ニンニクとチリの効いたぷりぷりの大海老を、オリーブオイルでさっと炒めてある。わたしのお気に入りタパス。

最後はタコのぶつ切りをゴートチーズの上に載せてローストしたタパス。

どれも美味しかったけれど、さすがにオリーブオイルたっぷりの料理ばかりで、あとで少々胃がもたれそうになった。

料理は季節によってメニューが変わるというので、またキャバレーを観に来たときに寄ってみようと思う。ただし、パエリャは注文してから40分かかるというので、こちらはもっとゆっくりのディナーのときに。実はバルセローナ風のイカ入り真っ黒パエリャがあるのだ。昔バルセローナで食べただけなので、これだけはぜひもう一度食べてみたい。

ソイ20のJamon Jamon(ハモン・ハモン)

ソイ20なんて久しぶりだなあ、と思いながらスクムビットの角を曲がると…何という建設ラッシュ。様々なビルが建てられている最中で、レストランの場所を探すのに苦労してしまった。ドイツ料理のBei Ottoもスイス料理のChesaもよく知っているだけにその隣のスペイン料理レストラン「ハモン・ハモン」を見逃すわけがないのだが、いかんせん看板が奥まっていてほとんど見えない。立て看板でも出しゃあいいのにねえ、とブツブツ言いながらドアをあけた。

とてつもなく大きいメニュー(いや、本当に大きくてテーブルの半分ほど)には、野菜料理がほとんどない。カワキモノとアゲモノだけで、肉料理やパエヤなどもない。とりあえずサラダと冷たいトマトのスープを注文。そして、チョリソーとスペイン生ハムのハモン、アヒージョ、フライドポテト。なんだか胃がもたれそうなメニューだ。「タパス」と言っているが、それにしても一皿の量が多い。ひとり分の量が尋常じゃないほど多いオーストラリアのレストランでも、スペイン料理屋のタパスだけは少量なんだけどなあ。

飲み物はビールとサングリアがメインで、最初からそれを勧められた。スペイン料理店だが、どちらかというと飲みに行く場所のようだ…が、ワインの品数が悲しいほど少ない。

それでもハモンには期待していたのだが、出てきたのはハムの細切れ。切り方が極端にヘタクソだが、切っているのはどうやらオーナーのスペイン人らしい。

DSC00868

店の雰囲気は悪くないし、木曜日だったのでスパニッシュ・ギターの生演奏もある。しかし、空いている。オーナーは友達と話しこんでいて、わたしたちが入って行ったときでさえ、こちらを向いてもにこりともしない。店がヒマなんだから、少しはテーブルでも回ってオアイソを振りまいてもいいんじゃないかと思ったが、商売ッ気のないひとだ。

タイ人スタッフは親切で気持がいい。サービスも丁寧だし、帰るときには店の宣伝パンフレットまでくれて、一生懸命店の売り込みに専念している。ただし、スクリュートップのワインなのにわざわざ味見までさせてくれるのには苦笑したが、「コルクじゃなかったらやらなくていいのよ」と言えるほどわたしのタイ語はうまくない。

金曜日はフラメンコのショーがあるそうで、次回は夕食のあとの1杯で寄ってみたい。