ホタテとズッキーニのスパゲッティーで「嫌なこと」を忘れよう

学校で「とても嫌なこと」があったので、白ワインを飲んでいる。北イタリアのピノ・グリージョTiefenbrunner(ティフェンブルナー)だ。
ついでに前菜として生ハムも食べている。生のパスタを作りながら。

あとは酔っ払わないうちにこれを帆立貝とズッキーニのスパゲッティーにしなきゃねえと考えたが、まだ5時だったのでもう少しワインを注ぐ。

6時まで待ったらもういい加減イイキモチになってしまったが、それでも包丁を使ってニンニクとチリを切り刻み、大鍋に湯を沸かす。フライパンにオリーブオイルをたっぷり熱し、ニンニクとチリを炒める。いい香りだ。

その間に、ズッキーニをスライスしてから細切りに。ニンニクを焦がさないように、香りが強くなったフライパンに加える。塩コショウをパラパラと。

混ぜている間に別のフライパンを熱して、ほんの少しのオリーブオイルで塩コショウした帆立貝を両面しっかりと焼く。そして、もう1杯ワインを注ぐ。いや、フライパンにではなくわたしのグラスに。

そしてグラグラと煮立った湯にスパゲッティーを入れて、大体3分ぐらい。生パスタだから、アルデンテになるのは早いのだ。
その間に帆立貝をズッキーニのフライパンに入れ、ざっと炒める。スパゲッティーを茹でている鍋からコップ1杯の茹で汁を入れるのを忘れないように。これでソースがねっとりするのだから。

ここに茹で上がったスパゲッティーと大量のイタリアンパセリいを全部入れて混ぜ合わせると…できあがりだ。

ホタテがぷりぷりとしていて美味しい。こんなふうに作れる即席スパゲッティーも軽くていいもの。

嫌なことがあったら、美味しい酒を飲んで美味しいゴハンを食べて寝てしまうに限る。これが1番。
朝になれば少し忘れているから。明日の晩になればもっと忘れているから。そして、1週間たったらもう過去のことになっている。

だからあまり愚痴は言わない。何十年も生きていれば「嫌なこと」も沢山経験してきたけれど、愚痴は語ることによってもう一度体験する「嫌なこと」だからだ。それよりは、明日あるかもしれない「楽しいこと」を考えるほうがいい。

今晩は美味しいパスタと香りのいいピノ・グリージョでお腹いっぱい、ほんのりといい気持ちのままぐっすりと寝たい。

時間はかかるけれど簡単、イタリア風スタッフドローストポーク

2月の終わりごろに6人で気楽なディナーをすることになり、昔つくったことがあるスタッフドローストポーク(Stuffed Roast Pork、詰め物入りの豚肉ロースト)がいいかなと思ったのだが、ちょいとレシピが心もとない。ここ最近はローストと言うと、チキン以外はマリネしてオーブンにブチこむだけというものが多く、「グルグル巻」のローストはもうずいぶんつくっていない。

そんなわけで、小さめの試作品をつくってみようと3人分の晩ゴハンにした。ところが、肉屋に行ったらそんな1キロ以下のロースト用豚ロースなんて売っていない。「これが1番小さいんだけどね」と出されたのがコレ。なんと1.8キロ。もうすでに開いてある皮付きなので、あとは詰め物をつくってグルグル巻にするだけだが…3人でどうやって1.8キロなんて食べるんだ。
まあ、いいや。あと数日間手を変え品を変え何とか食べ尽くせばいいんだ、と購入。ゴムの入っているヒモも沢山もらった。

肉は焼きあがったときに皮が縮まらないように、皮に十文字に包丁を入れておく。ちなみに、わたしはそんなに食べないけれど、このローストしたカリカリの皮が大好きなひとも多い。

まずは詰め物から。
固くなった「昨日のパン」を使って荒いパン粉を作った。自家製のほうがかなり美味しい。フレッシュだし、何よりもこんなブレンダーを使ったら1分もたたないうちにできあがる。

そして、ポロねぎとフェンネルのザク切りをオリーブオイルで炒めて…

その間に豚肉の生ソーセージを腸皮から引き出し…

それから、もっとアロマを足すために乾煎りしたフェンネルシードを潰して加える。

ポロネギ(リーク)、フェンネル、ソーセージ2本分の肉、セイジ、パン粉、アーモンドのみじん切り、パインナッツのみじん切り、フェンネルシード、レモンの皮のみじん切りを全て塩コショウで炒めたのがコチラの詰め物。

この詰め物を開いた肉の上にまんべんなく載せる。肉が大きいまな板からはみ出しているが、気にしてはいけない。

それを中身がはみ出さないようにグルグルとゆっくりと巻き込み、ゴムになっているヒモで何箇所か留めたらできあがりだ。ばんざい。しかし、こんなデカいローストを3人で食べるのか。誰か来ないかと色々声をかけてはみたが、土曜日の午後に親しい友は全員出払っていた。

ちなみに、焼くまではこのままカバーしないで冷蔵庫に入れておく。そうすると皮が乾いてくれるので、焼いたときにパリパリになるので。ここまでは午前中にやってしまったので、後はちょっと遊びに行った。

さて、夕方には帰宅。そのままオーブンに火をいれて焼く準備をし…写真を撮るのをすっかり忘れていたのでちょっとオーブンから出したのがコレ。

フェンネル、玉ねぎ、パンチェッタ(なければベーコン)をザク切りにして敷き、その上に肉を載せて大体20分220度、あとは1時間30分から40分ぐらい140度でゆっくりと焼き上げる。わたしのオーブンはファンがついているけど、ファンのないオーブンは10度ぐらい上げること。ファンがついていると庫内は少し熱めなのだ。わたしはこのように温度計を使う。オーブンによっても少し違うけれど、必ず肉のど真ん中に刺す。詰め物のところに刺してしまうと肉の温度がわからない。豚肉の場合は大体この温度計が70度ぐらいになったらできあがりだ。

肉はアルミホイルでぴったり包んで15分置く。
そして、その間にジャガイモを茹で、ローズマリーと塩コショウをしてニンニクと一緒にオーブンで軽く焼く。拍子木に切ったときは茹でないで焼くだけだが、こうしたゴロンとした丸のままの場合茹でたほうが中まで火が通るので。

そして肉の下に敷いてあったフェンネル、玉ねぎ、パンチェッタは、茹でてザク切りにしたケールと混ぜて付け合わせに。

これがまた肉汁と脂が染みていて美味しい。

これが一人分。大皿の半分は肉、というものすごいボリュームだ。が、手間をかけただけあって、肉はきちんと焼けていて、ジューシーで柔らかい。これは確かに6人分だ。半分以上余ってしまったので、残り物パスタなど一連のゴハンがこれから数日続くと思われる。

忘れていたが、一応デザートも出している。チェリーとリンゴとピーチとプルーンに、クリームをホイップして加えた。いやにシンプルだが、まあメインがかなり重いのでこのぐらいが適当だ。

そして、これが次の日の晩ゴハンにつくった残り物パスタ。

豚肉ローストをサイコロに切り、ケールとチェリートマトと刻んだチリも加えてざっと炒めただけ。茹でたパスタと和えてイタリアンパセリを散らした。ピリっとしたチリが効いていて、ちょっと違う雰囲気の残り物パスタだ。

ローストはこうやって写真を見ていると大変そうだけれど、実はオーブンが全部やってくれているので、わたしは準備するだけだ。何時間もキッチンにたっているわけではないので、ひとを呼ぶときにはこうしたオーブン料理が多い。とても簡単なのに豪華に見えるでしょう?

 

ラザーニャの夜

日曜日は冷凍庫の整理。
いくら冷凍庫とはいえ、半年以上放っておくと味がガクンと落ちる。ゴソゴソと奥まで探してみたら、うーん、使い切らなければならないものが。それも、肉だ。仔牛と豚の挽き肉ミックス、イタリアンソーセージ、ポークチョップがひとつだけ。で、思い出したのがラザーニャ。さっそく、店に行ってラザーニャのパスタにナスとズッキーニ、それからリコッタチーズを買ってきた。おっと、それにもちろんサラダも。

土曜日は12年生の20校合同会話練習日、つまり、まだ全然採点に手がついていない。午前中にその採点を半分ぐらい済ませてから、買い物とランチ。そして、帰ってからラザーニャつくりを始めた。

20150908_2

まず、鉄鍋に玉ねぎの粗みじんを炒め、ニンニクのみじん切りも加えたら、ニンニクが焦げる前にいい香りが出たところで皿にとる。同じ鍋にまたオリーブオイルを加えて挽き肉、粗く切ったソーセージとポークチョップ(骨抜き)を炒め、叩いたアンチョビを加える。そして、最後にパサータというトマトソース(トマトだけをどろりとしたソース状にしたもの)とトマト缶(トマトは粗みじん切り)を入れて、オレガノとベイリーフを加え、時々混ぜ合わせながら30分ぐらい。塩コショウして味をみたら火を止める。
その間に、塩を振っておいたズッキーニとナスの薄切りをグリルしておく。リコッタチーズには卵2個を混ぜておく。

ここまでできたら、後は順番にレイヤーを作っていくだけだ。
まず容器にオリーブオイルを塗り、トマトソースミックス、庭からむしった生バジル、ナスとズッキーニ、ラザーニャパスタ、リコッタチーズ、削ったパルミジャーノ、と順番にレイヤーにする。最後はパルミジャーノを振りかける前にモッツアレラチーズを載せてから。180度のオーブンで40−50分ぐらいだが、焼き色がついたら出来上がり。

20150908_3

普通はリコッタチーズの代わりにベシャメルソースだが、アメリカ人の友達によると、リコッタを使うのはニューヨークのイタリア移民の味…らしい。

ラザーニャは冷凍もできるので、小分けにしてランチ用と忙しいときのディナー用に。つまり、空いた冷凍庫の場所は結局大量のラザーニャが埋めてしまった。