サーモンのカルパッチョ

軽いのが幸いだったけれど、また車の事故があり(まだ立ち直っていないのでそのことについてはまたのちほど)少々気が滅入っているので、サーモンの刺身を買ってきた。これでとびきり良い白ワインを開けちゃうんだ。まだ火曜日だってのにいいのか、という声が聞こえてきそうだがかまわない。

こちらで売られているタスマニア産鮭は天然ではなく養殖なので、寄生虫アニサキスは存在しない。だから日本と違い、平気で刺身で食べられるわけだ。ただし「刺身用、生食用」として売ってはいるけれど、日本の塩鮭の切り身の3倍ぐらい、「自分で切れ」と言わんばかり大きさである。

それを半分に切ってひとつずつジップロックの小袋に入れ、冷凍。3時間ぐらいで薄く切れるくらいになるので、紙のように薄く(難しいが)なんとか切り、それを皿に並べる。ケイパーを散らす。

醤油、米酢、オリーブオイルを各2としたら、そこに練りワサビ1を放り込み、一気に混ぜ合わせ、小口切りにしたチャイブを加える。それをサーモンの上からそっとかけて、最後にルッコラの葉を大量に載せてできあがり。サーモンの匂いがまだ気になるひとのために、ライムかレモンのかけらを載せておく。

もうおわかりだと思うが、これはわたしがよく前菜として出す料理で、大して芸があるわけでもない。でも、新鮮な刺身サーモンをつかってワサビ醤油ドレッシングをかけるだけで、なるほど和風カルパッチョになってしまうんだ。ソースが美味しくて、ルッコラをもう少し足してサラダ風に食べた。

 

「再びカニカマ」とレタスの炒めもの

数日前に使ったカニカマの残りとレタスで、金曜日のちょっとしたおつまみを。と言っても、ちょっと疲れて友達のお誘いさえ断って帰ってきたので、もうできることなら何にもやりたくない。疲れていないときでも大したものをつくっているわけではないので、こういうときはさらに調理時間が加速してしまう。

カニカマはまたちゃんちゃんと細切りにするだけ。レタスもざくざくと切る。フライパンにごま油を熱してレタスを放り込む。まさに放り込んですぐに逃げないと、水気のあるレタスのせいで油が盛大に飛び始めるのでご注意を。
レタスがしんなりとする前にカニカマを加え、オイスターソースを回しかけてざっと和えたらできあがりだ。あまり炒めすぎるとレタスがふにゃふにゃになってしまう。

ただし、オイスターソースは極上のものを。
パースでは中華食材店でLEE KUM KEE(李錦記)のPREMIUM OYSTER SAUCEが手に入る。普通のオイスターソースの3倍ぐらいの値段だが、風味も3倍ぐらい上がる。

さて、目の前のテーブルには猫たちがだらしなく寝そべっているが、どんなに食べ物を並べても決して関心を持たない。小さいころからしつけてしまったので、食べるのは自分のボウルに入ったものだけなのだ。テーブルにのぼらせておきながら「しつけ」もないものだが、安心してちびちびとつまみながらちびちびと飲んでいる。

 

カニカマときゅうりのおつまみ

月曜日のAnzac Day振替休日のおかげで、3日間盛大に「命の洗濯」をしてしまった。つまり、たまった採点に全く手を付けなかったのだが、そういうツケは必ず回ってくる。その長い週末のすぐあとで。

放課後のミーティングを忘れていたわけではないが、採点しようと思ったアテがはずれ、すでに真っ暗になった校舎を後にしたのは6時半。答案の束を抱えてしおしおと帰って来た。
こういう日には、ちょっと辛口シェリー酒でも1杯。

20150428わたしはツマミなしでは飲めないタチなので、ささっと手早くできるものはないかと冷蔵庫を開けたら、カニカマがあった。日本では「限りなく蟹に似せた蟹カマボコ」だが、こちらではスリミと呼ぶ。昔スイスに住んでいたときにもスリミとして買ったことがあるから、日本以外では世界共通なのかもしれない。たぶん「すり身」のことだろう。「すぐに食べられるし、サラダやスシに最適」と書いてある。オーストラリア産だ。

カニカマを「裂く」なんてめんどくさいことはキライなので縦に細く切り、きゅうりも細切りにして塩をひとつまみふってから、ぎゅうと絞る。マヨネーズにちょいと醤油とごま油をたらし、ゴマをひとふりしてからカニカマときゅうりを放り込んでざっくり混ぜた。

こういう5分以下でできてしまうものを料理とは言わない。わかってるって。
でも、ちょっとおつまみとか何かあと一品ほしいときには便利でしょ。