ソーセイジとトマトソースのパスタ

どでんとドマンナカに陣取っているのは、イタリアンソーセイジ。もちろんイタリアン食品店の手作りで、むっちりどっしりと肉が詰まっていて味も濃い。

たまにこういうものが食べたくなるのだが、豪州でよくホットドッグにされたりバーベキューで焼いて出されるものは脂っこすぎるし、とんでもなく安い肉を使っているのか非常に不味い。
長いこと住んだスイスのドイツ語圏は、ソーセイジ類がとびきり美味しい。バンコクでもソーセイジやハムなどはドイツ食品店で買っていたから、最初はパースで手に入るソーセイジのあまりのお粗末さに天を仰いで嘆いたものだ。

それでも気を取り直して探したら、あった。まずはオーストリア人経営の肉屋、そしてこのソーセイジのあるイタリア食品店だ。オーストリア人の店はわたしには慣れた味で、仔牛肉のソーセイジなんぞ、茹で上がったものにあまり辛くないドイツマスタードをちょいとつけて食べたらホッペタが落ちそうになる。
だが珈琲豆もパスタもワインも欲しいとなると、イタリア食品店のほうが便利なのだ。1店で間に合っちゃうからね。それに、この豚肉を使ったイタリアンソーセイジはなかなかのものである。

最初にこれを見たときに、ドイツソーセイジと同じようなものを売っているなあと思ったのだけれど、店のオジサンに言わせると「いーやいや、このイタリアンソーセイジはグリルしてからトマトソースのパスタで食べてよ。美味しくってパスタがどんどん進むから、メインはいらないよ。」とのこと。ああ、オジサンにとってパスタは「前菜」だったのだ。
わたしは最初からメインにするつもりだったので、新鮮なローマトマト、ニンジン、セロリ、マッシュルームを刻んで缶トマトでゆっくり煮込んだソースをかけた。
一緒に買ったパルミジャーノチーズをしゃりしゃりと削って、やっぱり赤ワインを開けようかなあなどと考える。

 

ポークステーキに玉ねぎとりんごのソース

ちょっと寒気がする。そしてお決まりのごとくいやーな予感。わたしは風邪を引きやすい体質なのだ。このところ朝晩寒い日が続いているからかもしれない。

こういうときは、ささっと食べて早く寝るに限る。明日は12年生のスピーキング試験で試験官をしなければならないし。

脂身の少ない豚もも肉の小さなステーキを焼き、玉ねぎとりんごをじっくり煮込んだソースをたっぷりかける。これにルッコラのサラダを添えただけ。りんごと豚肉は実によく合うのだ。さっぱりしていて、豚肉の臭みも気にならない。それに玉ねぎは風邪に効くっていうじゃないか。

困ったときには藁ならぬ玉ねぎにもすがる思い。

2件のコメント

ベトナム風冷やしビーフン

土曜日朝のショッピングのあと、ベトナム食品店に寄ってアジア野菜をシコタマ買ってきた。それを使って少々遅くなってしまったランチを作る。

ベトナム風冷やしビーフンは日本の冷やしナントヤラと同じで様々な具をのせるが、レストランで見た甘辛ソーセイジは自分で作ってみた。豚の挽肉をナンプラー、ショウガ、砂糖で味付けして、グリルで焼いたものだ。これに刻んだネギ、ミントの葉、香菜、もやしをたっぷり添える。

かけ汁は、生春巻きでもおなじみの「ヌックチャム」だ。ナンプラー、チリ、にんにく、水、砂糖を沸騰させて、そこに中華風赤酢とショウガを加える。
実は、見よう見まねで作ったこの冷やしビーフンは、近くのベトナム料理屋でかなり安く食べられる。それなのに何故わざわざウチで作ったのかというと、引越しのためにキッチンの整理を始めたからだ。
片付け始めたら、思いのほか沢山の乾物類があるのがわかった。冷凍庫もぱんぱんである。こんなに沢山のものをまたもや運び出すくらいだったら、食べちまえということに。

しかし、あと3週間乾物と冷凍庫の残りに野菜を継ぎ足して過ごすわけか。これもちょっとツライなあ。