マーガレット・リバーへ:2日目のLeeuwin Estateとタクシー騒動

第2日目の晩は、すでに1週間前から予約しておいたLeeuwin Estate(リューイン・エステート)ワイナリーでのディナー。

ホテルから夕方にはタクシーに電話予約を入れたほうがいいと言われていたので、4時に電話。「今タクシーのシフト入れ替わりの時間で誰もいないから、もう少し後でかけてください。たぶん6時の予約は大丈夫だから」と言われ、「へ?」と思ったのが悪い予感の始まり。大体何だか後ろの騒音がすごい。どう考えても、彼女はタクシー会社の「オペレーター」ではなく、「運転しながら」しゃべっているらしい。

5時に電話をしたら、誰も出ない。「皆手がふさがっているから、もっと後でかけろ」の録音のみ。悪い予感がどんどんどんどんと深まり、2−3分置きにかけ続けていたら5時半ごろにやっと電話に出た。同じ女性だ。「今日は運悪く運転手がふたり休んでいて、もう予約も一杯です」と。さっき繋がったときには、シフト交替時だからもっとあとでかけろ、って言わなかったか? 「とにかく誰も送れません」「それじゃ、困るんです。いつなら大丈夫ですか?」「6時45分なら」「それでOK。」

仕方なくレストランに電話をかけて、40分予約を遅らせてもらう。マーガレット・リバーの市内からなら15分で着くはず。「部屋で待っていますから」と言うと「いや、それじゃだめです。外でお待ちください」と。うわー、5度以下の気温に下がる場所で外待ちかい…。改めて下着をもう一枚重ね、ストッキングをタイツにして待機。

昨日気づいたのだが、2階には部屋だけの客がいるらしい。つまり、階段の踊り場になんでひとが降りてくるのだろうと思ったら、そこにトイレがあるのだ。
今日もわたしが支度をして待機しているときに、ギシギシと階段が鳴って誰か客が戻ってきた。しかし、しばらくすると今度は「いやんあはんあはんいややん」が始まってしまったのだ。古い建物なので防音など無きに等しい。筒抜けである。そのうちに「どすんどすんどすん」まで加わった。「どすんあはんどすんあはんどすんあはん」である。筒抜けなのを知らないんだろうが、晩ゴハン前にスゴイなあと感心してしまった。

さて、6時40分からずっと寒いのでぐるぐると円を描いて歩きながら待つ。そして6時55分になって電話をしたら、今度も「もっと後でかけろ」の留守電だ。一体どうなっているんだ、このタクシー会社。

ずっとかけ続けて繋がったのが7時10分。今度は男性の声。「そんな予約なんか聞いていないよ。今、パブの前のタクシー乗り場で客待ちしてるくらいだから。」
何ということだ。急いで来てくれ、と言ったら本当に3分で来た。

そして、ここからが悪夢の始まり。
マーガレット・リバーは、田舎である。一歩街から出たら外灯などひとつもない。そんな真っ暗な道を、ハイビームのライトをつけて90キロでぶっ飛ばすタクシー。たまにゆっくり走っている車があると、オラオラと煽り、もっとスピードを上げて追い抜いて行く。「全く今週末はパースからの観光客が多くて、ちんたら走っているからイライラする」と言いながら。そりゃ10分で着いてしまったが、生きた心地がしなかった。その間、音量を上げた無線は鳴りっぱなしである。

「帰りはタクシーに電話できますか?それとも今から予約しておいたほうがいいかしら」と訊くと「9時すぎなら、もう静かなもんだからゼッタイ大丈夫」と念を押されたので、そのまま降りた。

リューイン・エステートはコンサートなどでも有名で、各国からの有名なアーティストがやって来て華々しいコンサートを開いては去って行く。パースからはヘリコプターで乗り込むひともいて、パース社交界がそのままそっくり移動することもあるくらいだ。もちろんワインとレストランも一流で、オーストラリアでは何度も賞を獲得している。

そんなレストランに一度は行きたいと思っていたので、今回はDegustation Menuと言われるコースを注文した。全部で6品目、全ての皿にマッチしたワインが1杯ついている。

まずは、Amuse Boucheと呼ばれる「お通し」だ。こじ開けたばかりの南オーストラリア産の生牡蠣がふたつ。ワインは2011年Leeuwin Estate Brut。美味しくないわけがない。少しねっとりとした味わいの生牡蠣にBlutの炭酸がすっきりと合う。

20150530 2-1

ところがこれからが長かった。ランチを抜いているので、お腹はすいている。それなのに、生牡蠣ふたつにスパークリングワインが1杯、そして次のコースが出てくる前にすでに白ワインが注がれている。1のコースが出てくるまでに何と20分。いい加減酔っ払ってしまいそうだったので、パンとオリーブオイルを注文して空きっ腹をしのぐ。

20150530 3-1

2の皿は帆立貝の刺し身を沈ませた、アボカドとコリアンダーの冷たいガスパッチョスープ。ワインは2013年Art Series Sauvignon Blanc。笑っちゃうほどデカイ皿のど真ん中にテニスボールより小さいくぼみがある。そこにちんまりと刺し身が二切れとスープ。美味しかったが、テーブルの奥行きが狭いので皿が大きすぎて手前にはみ出してしまっている。

20150530 5-1

3の皿は…おお、先ほどの真ん中にちょこんとくぼんだだけの大型スープ皿に比べたら、何という小さい皿だ。パン粉をまぶしたタレッジオチーズのフライ。しかし、周りがカリカリでも中はしっとりとした味割りのある1品。ジェルサレムアーティチョーク、サラダ、そしてマスカットでつくられた干しぶどうが添えられていた。ワインは2013年PV Chardonnay。

20150530 6-1

4の皿はキンメダイの一種であるナナガイのフィレに梨のスライスとパースニップのピュレー、そしてスペイン産の生ハム・ハモンが添えられていた。ワインは2012年Art Series Chardonnay。見た目は素晴らしいのだが、なぜかこの4つの具があまりグループとして合っていないような気がする。梨のスライスもパースニップのピュレーもどちらも甘い。それが、どうも白身の魚の淡白さとハモンの泥臭い塩辛さと馴染んでいないのだ。ひとつひとつの味が独立してしまっていて、口中調味ができない。

20150530 7-1

5の皿はメインコースだ。鹿肉のグリルにマルメロのソース、芽キャベツとパンチェッタのソテー、そしてセロリックのピュレーが添えられている。ワインは2012年Art Series Shiraz。これは美味しかった。鹿肉はあくまで柔らかく、ねっとりとしたマルメロソースがからまって見事な味に仕上がっている。芽キャベツで口中をさっぱりとさせ、またも肉にかぶりつく。ああ、至福。セロリックのピュレーは、さきほどのパースニップのピュレーもそうだが、何やらふわふらしていてたよりない。ここはピュレーなんぞにせず、細切りにしてシャキシャキとした歯ざわりを楽しみたかった。ただし、この辺りからわたしの胃はパンパンで、もうワインも残すぐらいになっている。

20150530 8-1

6の皿はチーズだ。貯蔵庫で丁寧に熟成されたチェダーチーズに、イチジクとマルメロのゼリーが添えられている。ワインは2011年Art Series Cabernet Sauvignon。チーズはさすが長いこと熟成されていたものとみえ、ぴりりと舌に触る強い味が特色だ。美味しいのだが、どう押し込んでも全部は食べられない。少し残してイチジクの実をかじった。しかし、この皿はあまりに質素。今までの皿のバラつきに比べても、最後に出てきたチーズではさすがに「ありゃ」と思うひとがいるだろう。

いずれにしろ、これ以上食べられないのはわたしだけではないとみえて、デザートはオプションにしてある。食べられるひとだけご注文ください、ということだ。デザートはもちろん断って、しかも珈琲さえ重く感じられるので、ハーブティーなどという、いまだかつてコース料理のあとに一度も頼んだことのないお茶にした。

さて。ここからがまたタクシー悪夢の再開だ。
支払いを済ませてタクシーへの電話を頼み、席で待っていると…タクシーに繋がらないと言う。繋がらないどころか、電話をはずしているらしくウンともスンとも言わないそうだ。なんということだ。こういうビジネスって一体あるのか。しかし、フロアマネージャーも心得たもので(というより、もしかしてマーガレット・リバーのタクシー事情に通じているからかもしれないが)、「少々お待ちください」と言って優雅な足取りでキッチンに消えた。

しばらくして戻って来ると「キッチンのシェフのひとりがマーガレット・リバーまで帰りますので、送ってくれるそうです。ただし、あと20分ほどで彼女の仕事が終わりますので、少々お待ちください」とのこと。ああ、何という幸運。

待っていると「それではどうぞ」と裏に通された。眼鏡をかけたポッチャリの若い女性が車のドアを開けて待っていてくれる。何度も礼を言って乗り込むと「いやいや、1ヶ月のうちにこういうことは何度もありますから」と。やっぱりそうか…マーガレット・リバーのタクシーを信用してはいけなかったんだ。

おしゃべり好きらしく、運転しながら気さくに色々と自分のことを話す。親がフィッシュ・アンド・チップスの店をやっているので、小さいときから料理の道に進みたかったこと、見習いから始まってLeewin Estateに職が決まったときには嬉しくて飛び上がってしまったこと、一緒に住む恋人も別の店のシェフで、家で料理するときには一緒につくると喧嘩になるので当番制なこと、将来は自分の店を持ちたいということ、などなど。おかげであっという間にマーガレット・リバーに着いてしまったが、くだんのタクシー運転手とは違って安全運転だったことを付け加えておきたい。
車を降りるときにタクシーに渡すつもりだった金額を「これだけは受け取ってくださいね」と渡したら、素直に受け取ってくれた。よくあることなんだろうなあ。

さて、タクシー騒動を抜きにしても、Leeuwinの食事は確かに高い。ワインを入れると、パースの高級料理店で食べられる金額より30%ほど高い。それに見合うだけの料理か、というと品質は同じぐらいというしかない。サービスもよいし、雰囲気も暖かいが、それがパースより30%以上のものか、というとそうとも思えない。しかも、皿の種類に一貫性がなく、バラつき感が否めない。盛りつけにも、あまり重きを置いていない。
ただし、あのように不便な場所であれだけの顧客を集められるマネージメントの力とサービスの質の良さには、確かに頭が下がる。今度はもっと明るい時間帯にランチでお世話になりたい。

そう言えば、Leeuwinのワイン試飲には、Voyagerのように椅子に座って何種類か楽しめるFlightがある。それもひとつひとつ違ったスナックがワインの分だけ添えてある。こういうのも1度ぜひ試してみたい。

次は、第3日目。陶器の窯めぐりですてきな器をいくつか購入。

 

マーガレット・リバーへ:2日目のHamelin BayとVoyager Estate

さて、2日目の朝。
昨日の飽食のせいで、ホテルの部屋に含まれている朝食はギリギリまで食べず、シャワーを浴びたり今日やることを確認したり。

20150530_2

朝食は併設されているイタリア料理店で。そこに行くには一旦外へ出て、井戸の横から塔のある家に入らなければならない。増築を重ねたらしく、どうもあちこちにドアやら開き戸があって、どうやってどこに行くのか、説明してもらわないとわからない。

20150530_3

そして、こんなふうな美しいステンドグラスのドアまで行くと、アチラがわはイタリア料理店だ。

20150530_1

出された朝食は結構ボリュームがあり、胸焼けが出そうなベーコンだけは残した。卵はバターを使うものは食べたくなかったので、ポーチドエッグで。パンも1枚だけ。でも珈琲は追加…したら400円取られた。

20150530_5-1

まだ午前中なので、マーガレット・リバーの反対側のはずれには市場がたつ。レトロなミニバスの珈琲店が出ていたり、カブなどのパースでは珍しい野菜や焼きたてのパンやお菓子が出ていて、どれも美味しそう。

20150530_6-1

わたしが買ったのは、柔らかくて味のよいヌガーと「ヌガーのリキュール」。甘くてとろりとしていて、とても美味しいお酒だ。

20150530_10-2

そこからは、一気に林を抜けて南下。ジャラーと呼ばれるマホガニーゴムノキの林を走るときには、窓を開ける。冷たくきりりとした風と木の香りが鼻をくすぐる。途中にいくつもある駐車場には、連休のせいか、沢山の観光客がハイキングシューズと大きなレンズのカメラに三脚を携えてゆっくりと歩いて行く。時間があったら、わたしもハイキングをしてみたいくらいの静けさだ。

20150530_9

途中にあった近くのアーティストたちのギャラリーで、この奇妙な形の花瓶(らしきもの)を購入。農家の古い門扉を繋いでいたジャラーの木の柱をリサイクルしたものだという。Roger Pykeというひとの作品。このまま飾るか、卓上ランプに改造するか、まだ考えているところ。

20150530_7-1

Hamelin Bay(ハメリン湾)は、マーガレット・リバーから約30キロのインド洋に面する静かな湾岸だ。砂は粒がとても小さくほとんどパウダーのようで素足に気持がいい。

20150530_11-1

20150530_12-1

ここはStingyrayと呼ばれるアカエイが集まるビーチとしても知られている。浜辺では釣りをするひとたちで賑わっているが、アカエイたちはそのおこぼれにあずかろうとやって来るらしい。巨大なエイだが性格はおとなしいと言う。ただし、怒らせるとその限りではない。シッポは鋭いキリのように尖っているので、これで刺されると命にもかかわる場合がある。

20150530_13-1

20150530_14-1

こちらは、YouTubeで見つけた同じ海岸のアカエイの動画。大きさがよくわかると思う。

帰り道で、Voyager Estate(ボエジャー・エステート)というワイナリーを訪れた。「マーガレット・リヴァーの⻩金の三角地帯」に1991年に設立された、かなり名の知られたワイナリーだ。

20150530_15-1

こちらでは、試飲はカウンターで立ったままする従来のものと、25ドル払ってテーブルで行われるプレミウムワイン6種類の試飲に分けられる。有料と言っても、ワインを購入すれば無料になるシステムだ。後者を選ぶと、立ち試飲カウンターの横にあるテーブルに座って担当者を待つ。ワイングラスは6個。赤か白、またはミックスなどの種類があり、わたしは赤のコースを選んだ。

20150530_17-1

iPadが提供され、各々のワインの説明を詳しく読むことができる。そして、鉛筆とワイン名と簡単な説明が記されたプリントも。至れり尽くせりである。担当者が来ると、よどみない説明とともにワインが次々に注がれる。あとは、自分に合った速度で飲みながらワインが選べるのだ。質問があるときには、呼べばすぐに担当者が戻ってくる。

20150530_18-1

立ち試飲のものより少しずつ量が多いので、ほんわりといい気持ちになってくる。そして、その勢いに乗って1ダース購入。立ち試飲ですでに心を決めていた、少し寝かせておきたい2013年の白Chenin Blancを6本。2009年のShirazを3本。続いてワイナリーの北ブロックのみの葡萄を使った2009年Cabernet Sauvignon Project U12を3本。どれも「今飲まないであと数年」と言われたワインだが、果たしていつまで持つことやら。

ホテルに戻ったら、門番猫が向こう側からじっとこちらを見ていた。まあ、何と立派な眉毛とおヒゲ。

20150530_19

実はこの日はランチなし。10時ごろに食べた朝ごはんのせいで、あまりお腹がすいていなかったせいだ。取りあえず予約しておいたワイナリーのコース料理が6時半。

20150530_20-1

そんなわけで、夕方に近くのTaphouseというパブでスナックのナッツとサイダーを。ここはまだ早い時間なのですいているが、昨日Miki’s Open Kitchenからの帰りに通ったら、若者のバンドが入ってものすごい騒音の中、皆飛び跳ねて踊っていた。いやー、わたしの年代はこんなふうに早い時間にささっとサイダーかビールを飲んで、ウチに帰ってしまうんだろうなあ。たぶん。

20150530_21-1

壁にはジャラーの木で作った大きな地図があり、カウンターではなんとドラフトビールならぬ「ドラフトワイン」まで注文できる。名前も書いていないから、たぶんとてつもなく安いワインなのだろうけれども。わたしはこのマーガレット・リバーの地元ビール醸造店からのドラフト・サイダーを。少々甘めだがさっぱりした後味。色はかなり薄い。

20150530_22-1

このあと、タクシー会社に電話をしたあたりから今日のハプニングが次々と始まるのだが、それはまた次のエントリで。

 

マーガレット・リバーへ:1日目のMiki’s Open Kitchen

電話はMiki’s Open Kitchenのスタッフからだった。「8時20分でしたら予約できます」とのこと。キャンセルが出たら知らせてほしい、と言っておいてよかった。

マーガレット・リバーでは有名な天ぷら専門の和食店で、オーストラリアのGourmet Travellers誌の2014年「Australia 100」に入った注目のレストランだ。なぜ「オープン」かと言うと、店のほとんど半分を占めているのが天ぷらを揚げたりする調理場で、その大きなオープンキッチンを囲んでカウンターに座れるようになっているからだ。あとは6人以上一緒に座れるグループ席がふたつしかない。かなり小さなレストランだ。
昼間Googleの地図を頼りにぶらぶらと通りを歩いてみたが、あまりにも奥まっていて何度も通ったけれど見つからなかったくらいだ。トイレは外にあるし、お世辞にもイマ風のお金をかけたレイアウトの店とは言いがたい。混んでいるのは、美味しい食事とキッチンの「舞台鑑賞」があるからだろう。

さっそく予約時間に飛んで行った(いや、ホテルが同じ道にあるので5分ほどテクテクと歩いていった)。
かなり質素な入り口なのでまたもや見つけるのに苦労したが、昼間に確認しておかなかったら電話をかけなければならなかったかもしれない。それほどちんまりとしている。

20150529_2

メニューを開くと、コース料理がふたつとアラカルトメニューがいくつか。わたしは選べるコース料理を選択。まずは、和風で言うところの「お通し」が登場。こちらはコースが始まる直前に供されるものでAmuseまたはAmuse Boucheと呼ばれる一口サイズの前菜だ。イイダコの天ぷらに出し汁がかけてあり、クリームチーズには青のりがまぶしてある。始まりとしてはとてもいい感じ。

20150529_3

「今日の刺し身のヅケ」と「緑茶燻製のカンガルーにカブの漬物とゴマソース添え」。刺し身はマグロの赤みで、柔らかく甘い。カンガルーは…燻製だからだろうが少々固く干からびた感じ。カンガルーはいずれにしろ火を入れるとパサパサするので、燻製にするならもう少し柔らかく油ののった肉類のほうが良かったのではと思った。カブの漬物にはビックリ。パースではカブなど見たことがないのだ。そうしたら、次の日に行った市場にはあったので、マーガレット・リバーでは買えるようだ。いいなあ。

20050529_4

ホワイティングはキスの一種。天ぷらにして上からシソと塩で味付けがしてある。さすがに天ぷらは素晴らしい。からっと揚がった衣の下で柔らかくくずれる味の良い白身魚が舌と歯に心地よい。この隣にあった「アコヤガイの揚げ物と自家製佃煮ソース」と「帆立貝のフライ、ヒチミ・アイオリソース添え」も絶品。最初「ヒチミとは?」と思ったが、出てきたら「七味」だった。確か日本でも数字の七を「ひち」と読む地方があったような。どこだっけ。

20050529_5

「お口直し」として供されたのは「そうめんと大根と人参のサラダ、トビコとゴマソースのせ」。こちらはお口直しの名に恥じず、さらりと喉越しのいい一品。

20150529_7

最後の締めは「かき揚げ」「豆腐田楽の竹の葉蒸し」「紫蘇御飯」だ。
かき揚げはからっと揚がっていて美味しく歯ごたえもいい。ただし、わたしの好みとしてはもう少し太く切って野菜の歯ごたえの違いを楽しみたかった。あまりにも細切りなので、どれがどの野菜かわからないのだ。豆腐の田楽は可もなく不可もなし。紫蘇御飯はかき揚げをオカズに美味しくいただいた。

20150529_8

最後はデザートの「ゆず風味パンナコッタ」。これは、かき揚げの後にさっぱりと口の中に広がり、風味も豊かだ。申し分ない。一緒に注文したのは「ゆず梅酒」。切子のショットグラスで色合いも美しい。

20150529_9

ディナーを終えて、オープンキッチンにして客から全て見えるようにしたのは、客寄せとしては素晴らしいアイデアだと思った。オーストラリアには和食好きが沢山いるが、天ぷらやフライをどのようにしてつくるのかは全く知らないひとたちが多い。天ぷらを揚げるときに丁寧にカスを取り、銅に混ぜたころもにさっとひたした具をそっとひとつずつ揚げ鍋に落とす。そして、あとから少しころもを垂らして全体的にからりと揚げる。そうした仕草を見ながら高品質のディナーを楽しめるのが、当たったのだろう。マーガレット・リバーに行くひとには、ぜひ予約することをお勧めする。

20150529_10

わたしは、もう一度行って今度は「天ぷらコース」を注文してみたい。そして、天ぷら以外のもののこれからのさらなる開発に期待したい。

苦言だが、もう少しオーストラリア人スタッフの感じがいいとなあ…。出てきたものが何だかわからず2回ほど呼び止めて訊いた客に、「メニューをお渡ししますから、ご自分でチェックしてください」と。忙しいのはわかるが、言い方にもう少し優しさがあってもいいのではないかとそのときに思った。だって、Amuseやサラダなどその日の素材で決まるものもあって、メニューには「サラダ」としか載っていないし。
そんなわけで、隣の客に「自分でチェックするように」とメニューが渡されたときに、わたしもついでにメニューを頼んでiPhoneで撮影しておいた。

さて、第2日目へ続く。