タスマニアへ:ビチェノに向かってひたすらデコボコ道を辿る

4月18日(月)
昨日はポート・アーサーのゴーストツアーで、モーテルに戻ったのが10時過ぎ。1日じゅう歩きまわったせいで、足が棒のよう。疲れきってベッドに倒れこんだら、もう朝までぐっすりだ。ベッドが変わると寝られないと言いながらも、これだけ疲れると夢さえみない熟睡だった。

朝はまた荷造りをして、近くのラベンダー農場のカフェで朝食。何でも中国人の女優がラベンター入り「紫色の」クマのぬいぐるみを「大好き!」とFacebookで紹介してから、中国では爆発的人気を呼んだという。タスマニアでの数日間、アジア系の顔の団体客はそのほとんどが中国人という経験をしているので、昔は日本人だったアジアからの観光客が今では中国人に取って代わられているのだなあと実感。観光客の行きそうな場所には、必ず中国語表記がある。
わたしは、タンスの引き出しに入れるラベンダー入り匂い袋を購入。

lavender

さて、今日から北上開始。タスマニアン・デビル見学のナイトツアーがあるのはビチェノの小さな町。きちんと舗装された道があるが、上の地図を見てもわかるように、大きく左に迂回している。この部分に直線の道はないのかと思ったら…あった。

bicheno1

コッピングからオルフォードまで、もはや地図を拡大しないとわからないほど狭い道が灰色で記されている。別に急いでいるわけでもないので、またもや予定変更、田舎の村々を巡る一本道をたどることにした。
そして期待した通り舗装していないデコボコ道に、ちょっと話をしようとすると舌を噛みそうになる。

to_bicheno2

もちろん牛と羊はまたも大量に散らばっている。「めええ」と「もおお」。

to_bicheno3

で、橋だって木製だ。

to_bicheno6

そして、また時速70キロの標識があるが、こんな細くて対向車が来たらそろそろとすれ違わなければならない道で70キロ出せるわけもない。地元のひとで慣れているなら別なのだろうけど。つまり30−40キロでノロノロと進むので時間もかかり、そして…飽きてきた。音楽をかけて踊ったり歌ったりしてみる。田舎のひなびた風景に全く似合わない車内の騒ぎである。窓はピッタリ閉めていたけれどね。

to_bicheno4

ようやくオルフォード到着。ここからは舗装された道のりだ。今までも村ごとに小さな教会があったが、ここの教会は大きい。墓地も整頓されていて、1900年代初頭の百年ほど前の墓が多い。

to_bicheno5

美しい入江を見ながら北上中。

reuben

舗装道路になってからの海岸線は美しい。途中のRocky Hillsあたりで降りて写真を撮ったがあまり天気がよくない。雨こそ降らないが雲が多く風が強い。外に降りて写真を撮るだけでヤマンバのように髪の毛がザンバラになってしまった。

to_bicheno9

タスマン海をこのままずっと泳いで行けば、ニュージーランドにたどり着ける。いや泳いだら死ぬよ、この荒波と寒さで。

to_bicheno10

彼方に見えるのはフレイシネ国立公園。行きたかったけれど、ここで1日潰すわけにもいかず、またひたすら北上してSwanseaに到着。いくらなんでも少しは休んでランチもとったほうがいいと、最初にあったレストラン(というより持ち帰り用食事の小さなカフェ)に飛び込んだ。

申し訳ないが、生ガキ以外は値段が高いわりに美味しくなかった。車で止まる観光客用の店かもしれない。

oyster_swansea

特にひどかったのは、わたしが注文したタイココナッツカレー「もどき」。

swansea

ココナッツミルクに魚の切れっぱしとエビをつっこんで、塩コショウしただけと思われる。不味い。だいたい「カレー」がなんでこんなに白いんだよ。カレーの味など全くしない、タイカレーと名前をつけるのも不届きな珍妙料理。ただしあまりにも疲れているので文句をつける気力もない。
Swanseaを出てしばらく行くと、また羊と目が合ってしまった。めええ。タスマニアは実に羊が多い。

to_bicheno8

ようやく着いたビチェノのモーテルは今年オープンしたばかりの新しいキャビンが立ち並んでいて、清潔で設備もいい。今回泊まったホテルの中ではダントツだった。

bicheno10

少しだけゆっくりしてから…と思ったが、結局ぐっすり1時間ほど昼寝(というより夕寝)をしてしまった。これからまたもやナイトツアーだ。そのために来たビチェノである。まだ一度も見たことがないタスマニアデビルの生態が見られるツアーなのだ。

 

タスマニアへ:ポート・アーサーの流刑地史跡

4月17日(日)
ポート・アーサーはイギリス流刑地時代の史跡で、世界遺産史跡地区にも登録されているオーストラリア最大の文化遺産だ。

まだ日のあるうちに着いたのを幸いと、モーテルに荷物を置いてから歩いて史跡へ。このモーテルは史跡に隣接していて、史跡入場料金を払わなくても部屋の鍵で裏ゲートが開くようになっている。

裏ゲートから見た史跡地区。ここから長い道を降りていくと史跡地区が目の前に広がる。

arthur

大きい。あまりの空の広さと史跡地区の大きさに息を呑む。刑務所跡のひとたちが豆粒のようだ。

arthur4

刑務所地の興亡、1842年から近年まで。

arthur5

1837年に建てられた教会。

arthur2

宿舎博物館に行き、流刑者たちの資料を見た。
ポート・アーサーは、1833年ごろからオーストラリア植民地全域で再犯した者を送り込む刑務所だったらしい。ただし再犯と言っても、資料を見る限りほとんどが若く貧しい者たちで、パンを盗んで投獄された者がまた何かを盗んだとか、軽い窃盗犯ばかりだ。重罪を犯した者たちは、当時は簡単に死罪となったためと思われる。

その後軍人や自由移民とその家族たちも入植するようになり、厳しい刑務所生活とは全く違い、パーティーや競艇、文学サロンなども開かれて優雅な生活を楽しんでいた。人口は1840年ごろに最も多く、囚人、軍人、自由移民を合わせて2000人ほどいたと言う。産業植民地として栄え始めたのもこのころだ。しかし、1850年代にはすでに流刑も停止され、その後は病を負った囚人を収容する私設に転用され、1877年には完全に流刑地としての役目を終えた。ただし、ほとんど完全な形で残っていた流刑地跡に観光客が来るようになり、1920年代になると、博物館、ホテル、店舗などがつくられ、ポート・アーサーは史跡の観光地として蘇ることになる。

夕方の刑務所跡。鉄柵がまた残っている。

arthur6

モーテルへの帰り道で、小さな野うさぎを見た。夕方になるとカンガルーなどの野生の動物たちが出てくるが、目を凝らさないとわからないくらい小さく色も周囲に溶け込んでしまっている。

rabbit

真っ赤な夕焼けを背にした下級医官宿舎。

arathur7

さて、モーテルに歩いて戻るとすでに夕食の時間。モーテル内にはレストランもパブもあり、軽食ならパブかなと一歩足を踏み入れると…地元の男性たちがすでにかなり酔っ払って真っ赤な顔。騒いでいるわけではないが、珍しい「アジア系の顔」のわたしは、ニヤニヤと笑いかけられジロジロと見られ大声で話しかけられ、いたたまれなくなりレストランへ。こういう経験は昔ヨーロッパではあったが、まさか観光地のモーテルパブでまた晒されるとは思ってもみなかった…。このぐらいの酔っぱらいはパースだとパブから必ずつまみ出されるが、小さな田舎町では普通なのかもしれない。

夕食はタスマニア名物の帆立貝のフライ。例によって信じられないくらいの大盛り。外はカリカリ中はふっくらで美味しかったのだけれど、どう考えても500グラムぐらいはありそうなホタテとその下に敷かれたフライドポテトの山に胸焼けがしそうで、結局半分でお腹がいっぱいになってしまった。

arthur8

さて、夜はお待ちかねのゴーストツアーだ。8時になると、灯りの全くない史跡は闇の中。わずかに月の光が差すだけで、それだけでもかなり雰囲気がある。人数は15人ほど。3人にオイルランプが渡されて、ガイドの後をついて史跡の幽霊話を聴きながら歩き回る。昼間見た邸宅などもランプの灯りのみで入ると少々ゾッとするが、そればかりか話しながらガイドがいきなり声を上げたり、足を踏み鳴らしたり、灯りを消したり、と結構恐怖感を煽ってくれる。一緒のグループにいた10代後半と思われる少女たちなど、キャアキャアと悲鳴をあげ目には涙さえ溜めていた。なるほど、参加者は17歳以上となっているわけだ。

arthur9

死んだ囚人が戻って来た話や、朝になると場所が動いている墓。誰もいない家の中を歩きまわる幽霊。子供を失って気が触れた女性の話。ガイドはもしかしたら俳優なのか、話しぶりがいかにも上手い。怖い。

ただし、その話は1800年代の幽霊たちに限られていて、1996年にここで起こったマーティン・ブライアントによる大量殺戮事件の犠牲者たちには触れていない。
観光地で無差別に35人(そのほとんどが観光客)を射殺したその男は、殺した人々の人生と同じ数だけの35人分の終身刑(つまり保釈無しで1035年)を言い渡され現在服役中だ。最初に入ったカフェでの殺戮前に「ここには日本人はいないのか、白人だけか」と隣の席のひとにつぶやいていることから、日本人観光客を狙っての犯行と推測される。それでも、現在でも彼の本当の殺戮理由は明らかになっていない。
この事件によりオーストラリア全国で銃規制が厳しくなり、アメリカとは違い、ほとんどの銃が一般人には持てなくなった。

さて、2時間近いガイドのツアーもようやく終わりに近づいたとき、「それでは最後にひとつ」と彼が言った。「実は、3ヶ月まえにゴーストツアーに参加したひとが、また戻ってきたんですよ。だからよほど興味深かったからかと思ったんですが、違いました。そのひとが言うには、何か『ヘンなもの』を家に連れて帰ってしまったらしいんです。だから、それを返しにもう一度参加したのだ、と。その後彼は戻ってきていませんから、たぶんここにその『ヘンなもの』を返していけたんでしょうね。だから、皆さん、帰るときには気をつけてくださいね。きちんと振り返って何か『ヘンなもの』が後ろに貼り付いていないか、確かめてくださいね」

きゃー。

 

タスマニアへ:リッチモンドのワイナリーからポート・アーサーへ

4月17日(日)
朝早く、と言ってもわたしは半分ぐらいしか「日本人」じゃないので、ゆっくり朝ゴハンを楽しみ、ゆっくりとスーツケースを詰めて「さあ、出発」となったらすでに10時近い。

まずはリッチモンドを通って…と思ったらワイナリーが道沿いにチラホラ。ポート・アーサーまで一気に行ってしまうつもりだったが、計画変更、少々寄り道をすることにした。

まずはFrogmore Creekへ。ぶどう畑を望むと、雲に隠れた青空がとてつもなく広い。

richmond

入り口の脇にはラベンダーが植えてあり、コックの卵たちが花を摘んでいる。声をかけたら、料理の飾りとして使う花らしい。鮮やかな紫はアクセントなんだと言う。

richmond2

赤ワインは深みがあって美味しかったけれど、うーん、買うほどでもないかな。ただし、ワイン畑を望むテラスのレストランは絶景。11時にもなっていないし、まだそんなにお腹も減っていないので先へと進むことにした。

richmond3

次のワイナリーはPooleyと言って、やはりこの辺では老舗のワイナリーだ。

richmond4

ここの2015 Late Harvest Rieslingは絶妙。わたしは普段はあまりリースリングを飲まないが、それはドイツ産の甘ったるい(そして安物の)リースリングの記憶がジャマをしているからだ。今回ここのシトラスの香りがふわっと広がるリースリングを飲んで、考えを改めることにした(そして、1ダース買って送らせてしまった)。ついでに1本注文して、ここの庭で軽いランチをとることに。
Frogmoreと違って洗練されてはいないけれど、素朴で農家風の造り。日曜日は「ピザの日」のようで、わたしたちが座ってから1時間もたたないうちに近くに住む家族やグループで大賑わいになった。

richmond6

そして、これがピザを待つ間に注文した前菜の盛り合わせ。

richmond5

こんな景色を見ながら、ちびちびとすするリースリング。あとで吹き出物が出るのがわかっていてもつまんでしまうクルミ…。

richmond7

駐車場に行く中庭には、このワイナリーを始めたプーリー氏の古いポルシェが展示されている。昨日のMONAで見たのと大違いだ、と失笑してしまった。

richmond8

ワイナリーを出て、そのままリッチモンドの村を抜けてポート・アーサーへと向かい、途中の展望台からタスマン国立公園を望む。

richmond9

richmond10

ポート・アーサーに着くのは結局午後3時過ぎになりそうだ。