鶏肉のトマト煮込み:ポロ・アラ・カチャトーラ

わたしのイタリア料理レシピは、もう20年もたってしまったスイス在住のときのものだ。

スイスの公用語は4つ。ドイツ語、フランス語、イタリア語、そして少数ではあるが古代ラテン語から引き継いでいるレトロマンシュ語。そのひとつのスイスイタリア語は、本国とはほんのちょっと違って、おっとりとした方言だ。

チューリッヒには本国からの移民であるイタリア系のひとたちが多く、わたしが初めて住んだアパートの下の階にもイタリア人の家族がいた。毎年夏になると、イタリアに家族全員で里帰りし、車をおみやげでパンパンにして戻って来る。ワインもごっそりと持って帰るが、それは瓶詰めではない。日本でもよくみる石油のプラスティック容器だ。それを、スイスで瓶詰めにして自分たちのセラーに保存する。
わたしも何本かもらったことがあるが、半信半疑だったのにあまりの美味しさにビックリしてしまった。

そんなふうにイタリア料理がわたしの生活に入って来たのは、日本が大好きなイタリア系スイス人の友人がいたからでもある。彼のお母さんは、頻繁にわたしを招待してくれたのだ。懐かしいな。
スパゲッティーの茹で方も、トマトソースの作り方も、彼女から教わった。

今日作ったのは、Polo alla Cacciatora、鶏肉のトマト煮込み。Cacciatoraというのは「狩人風」、つまり秋の終わりに作る料理だ。これも彼女から教えてもらって、あまりの手軽さに季節を無視して作るわたしの定番になってしまった。

作り方は簡単。
今回は骨付きの鶏もも肉を使ったが、ひとを呼ぶときにはまるごと鶏1羽買ってブツ切りにする。こういう煮込みには、1羽買わずとも必ず骨付きを使ったほうがいい。味がぜんぜん違う。
これをたっぷりのオリーブオイルで両面こんがりと焼いて、取り出しておく。
鶏の油を捨てた同じフライパンで、同じようにブツ切りにしたにんじんと玉ねぎとセロリを中火で炒める。イタリア料理で「野菜ミックス」と言ったら、この3つの野菜を使うソフリット(soffritto)だ。最後にマッシュルームとつぶしたニンニクを加えてまた炒める。
鶏肉を戻し、白ワインをどぼっと加えてアルコールを飛ばしたら、今度はベイリーフ、カラマータオリーブ、トマト缶、チキンスープを加えて約30分煮るだけだ。
最後にパセリをぱらぱらとふって出来上がり。

「骨つき肉は食べるのがめんどくさくって」というひとたちは多いが、煮込みにすると骨がするっと肉から離れてしまうのに気づいて、結局舌鼓をうつ。
ちなみに、バンコクではフライパンを使うが、パースではル・クルーゼの重い鍋で全部やってしまう。こういう鍋はひとつあると和風煮込みも洋風煮込みもできて便利だ。バンコクでも1個買おうかしら。

ヴィクトリアパークの Emma’s Seafood and Dim Sum Restaurant

いつも行く中華料理屋は車で3分もかからない。ここで食べる週末の飲茶は美味しくて、繁華街までわざわざ出て行って駐車場を探しまくるほどのこともなくなった。
特に小籠包の美味しいことと言ったら。

他の飲茶で注文すると、汁がすでに外に出てしまって萎んでいるものが多いのだが、ここのは違う。そおっとくっついている部分をはがして、ひとつ丸ごと口にいれる。さてゆっくり噛んでみると、じゅわっと汁が口中に広がるのだ。この肉汁は至福。
しかし、考えてみたらこの店で夜のアラカルトメニューを試したことがない。いつも飲茶だけでは芸がないと思い、友達を誘って昨日の晩出かけていった。

飲茶の賑わいとは少々違って、やはり夜の中華料理屋はゆっくり食事を愉しむグループが多い。わたしたちは二人だけだったので、頼めるものは限られている。結局炒めもの2種と、わたしの好きな麻婆豆腐に決まり。食事は持ち込みだけだったので(酒販売の法律のウルサイ西オーストラリアでは、酒を扱っていないが持ち込みを許す店が多い)、プーアール茶を頼んだ。

鶏肉と野菜の炒めもの。

麻婆豆腐。

シーフードのXO醤炒め。

全体的に味が濃いが、確かに素材も良いし、やっぱり美味しい。麻婆豆腐は他の中華料理屋で食べるより、少々辛めでわたしの好みだ。特にXO醤は高級なものを使っているらしく、細かいホタテ貝柱が沢山入っていて風味がある。
白飯は、安い中華料理屋だと「昼に炊いたものを保温していたヤツ」が出ることがあり、これはハッキリ言って、夜のアラカルトメニューで出すシロモノではない。
ここのご飯はふっくりとしていて、絶対さっき炊いたばかりだね、というものが出てきた。

サービスも迅速で、行き届いている。
こちらパースの中華料理屋のサービスは、仏頂面と最小限の言葉で構成されているのが普通で、このレストランも例外ではない。だが、わたしはヘンに親しげなウェイトレスよりは、隅々まで気のつく仏頂面のほうがはるかにいいと思っている。
近所の店は引っ越してきた6年前からシラミつぶしに試してきたが、このごろではこういうきちんとした味を提供してくれる店が増えたので、本当に嬉しい。