ストレス退治はシェリーと生ハムで

ソンクラン休みでのんびりしてしまったおかげで、月曜日にスタッフが戻ってきたとたん大忙しである。
会社のウェブも更新しなければならないし、ミーティングもある。目を通してサインしなければならない書類もデスクに山積みだ。その隣には、来週から始まる学校に持っていく予定の(つまりそれまでに採点を終わらせなくてはならない)答案が何百枚も乗っている。
全部手をつけはしたが、何一つ出来上がっていない。

昨日はそれでも常連となっているイタリアンレストランに行って、たらふく飲んで食べてしまったが、今日はバンコク滞在最後の晩だ。どうしても明日までにそれぞれカタチだけはつけておかないと、秘書に怒られる。(知る人ぞ知る、わたしの秘書はコワイのだ)
ところが五時を過ぎたら、やる気がどんどん失せてくる。何とか景気をつけるほかはない…などと理由をつけて、即席のつまみをつくりフィーノ・シェリーをなみなみとついでまたデスクに戻った。
つまみと言っても、ただヴィンテージのチェダーチーズを切り、パースから持って帰った生ハムのカタマリをスライスして、ミントをはらはらと散らし、コショウをがりがりと挽いただけである。

パースではイタリア食品店ですぐスライスしてもらえるが、それをそのままバンコクにもってくるわけにはいかない。だから、わたしが買うのは「生ハムの最後の切れっぱしパック」。バンコクには、何年か前に帰国した友達から譲り受けた電動スライサーがあり、これを使えば、包丁ではとてもできないような薄いスライスをしゃりしゃりと作ることができるからだ。
さて、シェリーが一本空く前にどのくらい仕事が進むだろうか。

3日遅れのブランチに酔う

元旦に食べ損ねた恒例ブランチを、今日になって決行。どちらにしても正月休みは今日が最後、明日からはオフィスで仕事が始まる。 11時ごろから各種コールドカット(ハム、鴨の燻製、スモークサーモンなど)を並べて、焼きたてのパンをちぎり、フィーノ・シェリー酒(ティオ・ぺぺ)を開けた。おしゃべりをしながらゆっくりグラスを傾け、3時近くまでちびちびと食べ続ける。 一年に一回の怠惰なブランチあとは、これまた恒例の昼寝だ。、「さあ、しましょ」と思わなくても、酒のせいで自然に瞼が重くなる。

昼下がりのワインに

パースで大学院に通うみずさんが、お茶に寄ってくれた。

電話があってから、すぐにアフタヌーンティー用のケーキを買いに出かけたのだが、普段は日曜も開いている美味しい店が休みだ。それならどうせ休みなんだからと勝手に理屈をくっつけて、急遽昼下がりのワインとスナックに。あり合わせのものばかりだが、白ワインにはよく合う。
わたしのアパートはセキュリティゲートがあり、客はそこからアパート番号にインターフォンをかけて鍵を解除してもらわなければゲートは開かない。
ところが彼女はいきなりわたしのアパートのドアを叩いた。あれ?と思ったら、どうもアパート番号を忘れてしまったようで、ゲートを登って無断侵入してきたのだと言う。歩行者のいないのを見計らい、サンダルをそっとゲートの下から内側に押し込み、裸足でえいっとよじ登る身軽で小柄な日本人女性ひとり。

話を聞いて、盛大に笑ってしまった。すんません。