冷蔵庫一掃、残り野菜でカッペリーニ

気がついたら2016年もとうに明けてしまった。ブログをほったらかしにしていて、はや数ヶ月。書くことがなかったわけではないのだが、一度ほったらかしてしまうと思い出すまでに時間がかかるのが悪いクセである。

その再開の記事が「残り物を使って…」というのも何だが、まあいいや。

日本に帰って実家の冷蔵庫を開くと天を仰いでしまうのはいつものこと。
わたしの老母は一人暮らしだ。つまり誰もが「冷蔵庫はスッキリ」と思うだろうが、そうは行かない。もうありとあらゆる隅っこがほんの少しのものでギッチリと埋まり、一体どうやったらこんなに沢山のものを食べきれるのかわからないほどの量だ。

母の手術で一度数週間介護休暇をとって日本に帰っていたことがあるが、そのときに「片栗粉」を探していて台所の粉モノのカゴに入っていたのを見つけた。賞味期限は1997年である。なんと父がまだ生きていたときの片栗粉だ。そのときには母の台所を徹底的に片づけたが、数年たったらまた元の木阿弥になってしまっていた。

モノを捨てられない母を見てきたおかげか、わたしはどちらかというと「捨てるひと」である。食べ物に関しても賞味期限を過ぎたものはどんどん捨てるが、冷蔵庫の中のものは「捨てる」というより、「使い切る」ほうが合っているかもしれない。

前置きが長くなったが、そんなわけでわたしは1週間に1度ぐらいは冷蔵庫を(特に野菜室を)じっくりと嗅ぎまわり、残ったものを使って何か作っている。
…などというと聞こえはいいが、つまり野菜炒めにしてしまったりチャーハンを作ったり今日のようにパスタにしたり、ということだ。

残っていたのは、ズッキーニが半分、ちょいとしおれかけたマッシュルームがいくつか、そしてまだ大量に余っているセロリの束。使いかけの玉ねぎが半分。チェリートマトが10個ほど。これをチェリートマト以外は全てざく切りにし、にんにくのみじん切りを加えたたっぷりのオリーブオイルで炒めた。そこに、ミニローマトマトの缶をどぼりと加え、煮立たせてから庭のオレガノとタイムをむしりながら入れ、最後にチェリートマトを半分に切ったのを加えてひと煮立ち。

その間に湯はグラグラと煮立ってきているので、塩を加え、そこにカッペリーニと呼ばれる極細のスパゲッティーを入れて3分。カッペリーニは英語ではエンジェルヘアとも言うが、このぐらい細いとソースが少なくてもかなりからまって美味しいのだ。

茹で上がったカッペリーニにソースを半分加えて皿に盛り、さらに野菜ごろごろのソースを上からたっぷりかけ、庭のパセリとバジルを振りかけ、最後に削ったパルミジャーノを散らした。

肉も魚も入っていない完璧なベジタリアンのパスタだが、これにきりりと冷えたシャルドネを1杯。隣の椅子に座った猫たちのあくびを見ながら、静かな土曜日の夜はこんなふうに更けていく。

6件のコメント

日曜日の朝はブランチで

普段の日の朝は忙しい。
ミューズリとギリシャ風ヨーグルトをもぐもぐとやりながらお弁当の支度をし、猫たちにゴハンをやり、猫トイレの掃除をし、珈琲を保温マグに入れて、バタバタと出かける。おっと、その前に庭の池の金魚たちにも餌をパラパラ。

でも、日曜日の朝ぐらいはほんの少し朝ネボウをし(と言っても8時までが猫たちにとっては限度)、ゆっくりと珈琲を飲み、遅めのブランチを摂る。朝と昼兼用の食事である。
と言っても別に特別に難しいものでもない。大きなフライパンに卵をひとつ、半分に切ったチェリートマト、そしてスモークサーモンの切り身。最近、このスモークサーモンの厚めの切り身をベーコンの代わりにさっと両面炒めるのが流行っていて、ベーコンの脂があまり好きではないわたしのお気に入りでもある。ここに缶詰からの4種豆を開けて、パリパリのレタスをひとつかみ。

2015-11-15-2

庭はもうすっかり初夏の終わりで、段々と気温も上がってきた。ぶどうの木もかなりたくさんの実をつけている。今回は剪定するときにすこしに枝垂れを作ってもらったので、強い午後の日差しを遮るほどに下がってきた。いい感じである。
この実が食べごろになるときにはすでに夏休み(12月半ばから1月下旬まで)なので、パースにはいないのが残念だ。

朝のそよそよとした風を頬に浴びながら、庭でブランチができるのもあと数週間だなあ、と思う。パースの盛夏は時には40度にもなる猛暑なのである。

 

追記:コメント欄でpoohサマにご質問をいただいたので、お答えします。
いや、実はわたしはズルをしているのです。大きなフライパンでスモークサーモンもチェリートマトも卵も一緒に作ってしまうので、コレが大きな役割を果たしています。

friedegg

目玉焼き用の、耐熱性ゴムでできている輪っかです。これを置いてその真ん中に卵を割り入れます。わたしは大玉を使っているので、こうすると周りの白身がべろーんと広がらずにかなりな厚みで輪っかの中で焼くことができるんです。つまり、黄身を柔らかくしようとするとぱりぱりに焦げてしまう白身になりません。2−3分ぐらいで白身が下半分不透明になったら、輪っかを取り除きます。すると白身が少し広がって、あと1分ぐらいでこんなふうにきれいに焼けます。でも、黄身はまだとろりとした柔らかいまま。

他のものもそのお隣で焼いているので、わたしは水もフタも使いません。それに、この輪っかを使うと、白身が流れてサーモンやトマトにくっついてしまうこともありません。金属製の輪っかも売っていますが、わたしは目玉焼きにはテフロンにオリーブオイルなので、金属だと傷がつきそうで。

ぜひ、お試しを!