自家製ナスのマリネは青空市場で

「また雨かあ。。。」とため息をついていたら、ぽっかりと太陽が顔を覗かせた。パースはこうなるとゲンキンなもので、すぐにほかほかと暖かくなる。それっ とばかりに車を走らせて東へ。わたしの自宅(パースのど真ん中)から15kmほど、そこはもうワインで有名なスワンバレーのふもとだが、今日のお目当ては ワインじゃない。ここら辺はミッドランドと呼ばれる近郊の町だが、日曜日になると青空市場がたつのだ。パース市内や港町フリーマントルの週末マーケットは 大きなホールの中に指定されているのだが、ここの市場はファーマーズマーケットという近郊農家の直接販売である。だから売っているひとたちも家族総出、子 供ももちろんビニール袋片手に声を張り上げる。英語圏出身者だけではなく、ここの市場はアジア系、イタリア系農家も多い。
新鮮な野菜と果物を選ん での帰り、最後から二つ目当たりの店先には大きなビンが何本か並んでいる。見たところ野菜のピクルスのようである。そこにちょこんと立っていたわたしより 頭ふたつほど小さい老人に「これはなんの野菜ですか?」と聞いたら、ほんとに英語かいなと思うほどの、ものすごいイタリア語なまりが返ってきた。
「マリネしたナス。ワイン酢に漬けてから、オリーブオイルに漬ける。冷蔵庫ならふた開けてからでも、1ヶ月は確実に持つな。ただ、チリも入れてあるからちょっと辛いよ。うちでも食べているヤツだ。」
細 切りにしたナスは、ちょっと見た目にはタケノコのようだが、ぎっしりと詰まっていてウマそうだ。こんなピクルスは市内の店では見たことがなかったので、 さっそく買い求めて、帰ってからの遅いランチにする。軽いライスクラッカーの上に乗せてかじってみたら、弾力のあるナスが歯ごたえよく、チリも心地よく舌 を刺す。スーパーなどでもナスのマリネは買えるが、大きく切ったナスが油を含みすぎていて自分で作ったほうが好きだ。が、これはさっぱりとしていて、はる かに安くて美味しい。ワインのつまみにもいいなあ、いや、これならスパゲッティソースにも使えるぞ、と密かにほくそえむ。
これだから、わたしは市場通いがやめられないんだ。

シンプルな野菜炒めはソースで決まる

はっきりしない天気だなあ、と思ったら案の定ものすごい風の音と共に次第に暗くなってきた。このところ完璧な冬気候で、温暖なパースでは珍しくサングラスの必要がない日が続いている。
雨の合間を縫って買い物に出たが、週末のショッピングセンターの人いきれに、帰ったとたんさすがに疲れてちょっと横になる。このところ、5時ごろにほんのちょっと寝るくせがついてしまった。20分も寝ないのだが、これでそのあとの体調がだいぶ違う。

野 菜炒めが食べたくなり、簡単に牛肉、ショウガ、赤ピーマン、そしてズッキーニを炒めて、XOオイスターソースで味をつける。このソースは普通のオイスター ソースより少し高価なのだが、干し帆立貝がはいっており味に深みがある。シンプルな野菜炒めも思いのほか美味しくなるのだ。ご飯は軽いタイ米にした。

教師の昼休み、スタッフルームで一息

いわゆる「職員室」と言うシロモノは、オーストラリアにはない。各教科ごとに、その科目の教室の近くに専用のオフィスがある。オフィスには普通、電話とコ ピー機が備えてあるから、なんらかの用がないかぎり、校長室、副校長室、そしてその他総務のオフィスと受付のある区域に足を踏み入れることもあまりない。 もちろん、全ての教師と知り合いになれるわけでもない。そのような学校の中で、唯一のスタッフ交流の場が、スタッフルームと呼ばれる大きな部屋なのであ る。ここでは、電子オーブンに湯沸かし器、皿洗い機などを提供し、珈琲(もちろんインスタントだが)も紅茶もミルクもある。金曜日ともなれば、くじ引きな んてものにもお茶の時間に催される。10時45分から11時05分までの朝のお茶の時間と、1時05分から1時50分までのお昼休みには、おやつを食べた り、食事をしたりするスタッフ、教師たちで混みあう部屋なのだ。様々な行事、報告などもここで発表され、退職する教師たちはここで花などもらって、最後の スピーチを行ったりもする。

やっと2週間目が終わったが、ここで食事をしたのはたったの3回に過ぎない。まだ勝手のわからない雑用が多すぎて、時間が足りないのだ。慣れればもう少しゆとりがでてくるのだろう。
それまでは、書類とにらめっこしながらサンドイッチをかじる昼休みが、どうやらもう少し続きそうである。