コレラの時代の愛 (2008)

わたしは原作の熱狂的なファンで、最後の船旅のシーンで息ができなくなった読者のひとりである。それほど、美しいシーンだった。それを言葉で表現できる作家、ガルシア・マルケスに心酔した。

その彼が唯一首を縦にふった映像化がこの「コレラの時代の愛」だ。だから期待していたのだが、やはり名作を映像化するのは困難だという良い例。
ラバ商人の娘に恋した郵便局電報係の若者。娘に最高の結婚をと望む父親に引き裂かれ、娘は高名な医者と結婚、若者は娘への愛を保ち続けながら600人以上の女性と関係を持つ。医者が事故で亡くなり、彼女はひとりに。51年と9ヶ月と4日待った、と葬式の日に現れる男。

端々に現れる男の気持ちにはもちろんマルケスの本の表現が用いられているが、何しろ長いときを追わなければならず、必然的に2時間では追いきれていない。と言うより表面的に筋を追っているだけで、原作の重みが感じられないのが残念。

もうひとつ、わたしの愕然とした場面。若いときの彼はハビエル・バルデムではなく無名の若い役者が演じていて、彼女役の女優はそのまま十代から七十代まで。1年のときを経て二人が再び出会う場面での彼女の拒絶は、あまりにもバルデムの顔が若い時の役者と違いすぎるからではないのか、という下賤な想像がアタマをよぎってしまって困った。

最後の船旅シーンは、美しい。だからわたしはこの映画に「駄作」の汚名を着せられないのだと思う。作品は上滑りだが、確かにカメラワークは美しい。
二人が50年を経て結ばれたあとの言葉「永遠なのは死ではなく生なのだ」が、美しい川と客船の情景をともなって、せつなくそして浄化された愛を謳っている。

2件のコメント

ガタカ (1998)

以前から観たいと思っていたのに、なぜか何となく手が出なかった作品。

遺伝子を操作することで完璧な人間たちを作り、「適正」と「不適正」でひとを区別する近未来のお話。主人公のビンセントは、両親のセックスによって生まれた「不適格者」。心臓も弱く、30歳まで生きられないということは、生まれた時点でわかっていた。そのため、弟のアントンはもっと「普通のやりかた」、つまり両親からとられた最も「適正な遺伝子」を持つ卵子と精子の結合から生まれた。

ビンセントは、自らの意志と知性と「適正者だが事故のため身障者になってしまったジェローム」のDNAを借りることによって、小さいときからの夢だった宇宙飛行士への道を歩み始める。

最新式の未来マシーンもなければ、ロボットもいない。宇宙での大戦争もなければ、宇宙人もいない。淡々と進むストーリーの中で、殺人が起きてその犯人にされそうになるビンセントの苦悩と焦り。

ただし、犯人の特定はされてもそれが話の中心ではなく、するりと流れていくだけ。

遺伝子操作によって金銭的、社会的成功を収める可能性はあくまでも可能性であり、それが人間に幸福をもたらすか…というSFとしてはかなり重厚なテーマをあつかっている映画だ。
映像自体はとてもスタイリッシュで美しく、鑑賞後にもしっとりと心地よい名残りがある。

この映画で知り合い、恋に落ち、結婚して子供をもうけたユマ・サーマンとイーサン・ホークの(ハリウッドの常でもちろんその後離婚しているが)息のあった関係もさりげなくいい雰囲気を出している。
そして、ジュード・ロウ。まだ若いときの美貌とその才能に改めて感心してしまった。

お勧め。

ウォーム・ボディーズ (2013)

ゾンビー映画は嫌いだ。というより、死んで生き返った人間モドキがぎくしゃくと歩きながら人間を殺して肉を食らう…というシーンが延々と続くだけで、最後には「あー見なければよかった」という感想しか出ないからだ。

それなのになぜこの映画を見たかというと、ニコラス・ホルトが出ていたからだ。わたしはこのひとが「アバウト・ア・ボーイ」の子役で、ヒュー・グラントを食ってしまうほどの演技で光っていたときからのファンである。

さて、その彼がゾンビーだ。いやに哲学的なゾンビーで、冒頭の独白では自分の境遇を皮肉るだけの知性を持つ「およそゾンビーらしからぬゾンビー」なのだ。それにハンサムだし。
彼 は自分の名前さえRという最初のアルファベットしか思い出せない。しかし、「友情のようなもの」を感じるゾンビー仲間もいるし、レコードの膨大なコレク ションも捨てられた飛行機のなかに作り、なおかつ唯一赤いフード付きジャージなどという鮮やかな色(他のゾンビーは誰もが暗い色の洋服)を身につけてい る。

その彼があろうことか人間の女性に恋をしてしまう。それも、彼女の元恋人の脳を食べたあとで。

くだらない映画かと思っていたら、構成もストーリーもしっかりしていてなぜか引き込まれてしまった。俳優たちの演技もいい。

まさか「愛がゾンビーを救う」とは思ってもみなかったが、ホラー映画とラブロマンスとコメディーが共存している稀有な映画として、お勧めしたい。