新しいオーブンで骨付きラムのローストを

バンコクに帰ってみたら新しいオーブンになっていた。今までのオーブンもまだ使えたのだが、温度調節が上手くいかなかった。ちょうどその上の電磁調理台のつまみが使えなくなり、こちらのほうが深刻なので、それならばと20年モノの両方をいっぺんに新調したのだった。

真新しいオーブンを開いてみると、なんだか中が小さい。以前のものと比べるとひとまわり小さくなってしまったようだ。わたしのようにいっぺんに何でもかんでもオーブンでつくってしまうズボラにとっては、天版が小さくなったのは致命的。それでも取りあえず使ってみようと、バンコク初日の晩ゴハンは骨付きラム(仔羊肉)のローストで試してみた。

刻んだニンニクとローズマリをボウルに放り込み、そこにオリーブオイルをたっぷり加える。瓶からのスパイスはオレガノとクローブと黒コショウ。そこに大さじ1杯の粒マスタードを入れて、全て混ぜ合わせた。

そのマリネをラムに塗りたくって30分ほど室温に置き、あとは200度のオーブンで大体1時間。これはオーブンの性質と肉の量によっても違うので、わたしはいつも突き刺すタイプの温度計を使う。くれぐれも骨に当たらない位置で肉の真ん中に先が来るように。

中の温度が大体60−65度になったらオーブンから取り出し、アルミホイルで包んで15分。
ローストで一番必要なのはこの「オーブンから取り出してから包んで15分」だ。これをしないと、中でまだ調理されている肉のかたまりから肉汁が蒸発してしまうから。カラカラに乾いたローストになるのはそのせいなのだ。

付け合せはニンジン、ズッキーニ、カリフラワー、ニンニク粒)にオリーブオイルをからめて塩コショウ、それに皮を剥いて10分ほど茹でたジャガイモをあわせてオーブンで15分焼いた。

切ってみたら、この通り。
骨の周りはまだ柔らかく、でも火の通ったレア、その次に桜色のミディアムという完璧なミディアムレアのローストに仕上がった。

オーブンが少々小さいのは不満だが、それでも火加減はこちらの新しいほうがはるかにいい。焼き具合もクセがなく、ファンはまんべんなく回ってローストできていた。柔らかくてローズマリーの香りがぷんと鼻をくすぐる。

残りのローストは適当に切って、ラムとアジアングリーンのサラダにしようと思っている。

 

パースの丘・レスマーディ:パーススカイラインの眺めとワイルドフラワー

英語にはJaunt(ジョーント)という言葉がある。
行楽のための旅行、物見遊山などの意味で、出張なども含まれる広い意味のTravelとは違う。今日のほんの4−5時間ほどの旅はそんなJauntのひとつだ。

天気はよかったが雲が多い。それなら丘から景色を眺めようと、パースにある丘に行くことにした。パースはどちらかというと平坦な地域なので、「丘」と呼べる場所はふたつしかない。レスマーディ(Lesmurdie)という町の近くのパース・ヒルと、ギネスブックにも載る世界最大の市内公園キングス・パーク(Kings Park)だ。わたしの家からはどちらも30分ほどの距離。

レスマーディの丘は国立公園の中にあり、1−2時間のハイキングもできる場所だ。着いてみたらかなり沢山のひとたちがピクニックをしていて楽しそうだ。ランチを持ってもう少し早く来ていたらハイキングもできたな、と少々残念。
鳥のさえずりを聴きながら小さな小川の流れに添って丘の上まで来ると、パースのスカイラインが遥か彼方に見えた。今日は雲が覆っているので視界はあまりよくないが、それでも輪郭はよくわかる。

丘の麓には上からの滝が流れていて、若いひとたちが降りて遊んでいる。かなり急な石の斜面なので「危険」の看板も出ているが、それでもかなり沢山のひとたちが俗に言う「自己責任」のもとに垣根をかいくぐって降りていく。

そこまで行かなくても、ハイキング路のまわりにはすでに西オーストラリア名物のワイルドフラワーが満開だ。ここはすべて野生の花々だ。春しか咲かないので、この季節は暖かくなることもあって週末はハイキングやピクニックをする家族たちが多い。

帰り道の小川のほとりで小さな子どもたちを連れた家族とすれ違った。と同時にサングラスを落としてしまったら、3歳ぐらいの子が「あ、落としましたよ」とさっと拾ってくれた。「ありがとう」と言ったらニッコリと笑って「いや、どういたしまして」とハッキリと答えて大人っぽくうなずく。こういうのは家でのしつけなのだろうなあ、と妙に感心してしまった。

さて、朝ゴハンしか食べていなかったので1時半ごろになると少々お腹もすく。車で10分ほどのカラマンダー(先月内視鏡検査をしてもらった病院もここにある)のパブでランチにした。
これは、醤油と五香粉の効いた豚肉ローストとグリーンサラダ。揚げたビーフンがアクセントになっている。ドレッシングも少々アジア風、甘いチリソースが加えてあって美味しかった。例によって3人分ぐらいの量だったが。

もうひとつの注文はこのラム肉のハンバーガー。少々乾いていて飲み込むのにビールが必要なくらい。フライドポテトはこんなふうにきちんと揃って切られているので、たぶん冷凍なのだろう。

パブめしはこんなふうなものが多いので、パース市内にいるときはランチにアジアめしが多くなる。パブめしより安くてしかも美味しいので当然かもしれない。

腹ごしらえが終わったら、そのまま市内に戻ってもうひとつの丘、キングス・パークへ。

 

モロッコ風チキンミートボール、ローストベジタブルとクスクス

冷蔵庫の中を数日きちんと見ていないと、「しまった、もうすぐ賞味期限だ」というモノが必ず出てくる。つまり、両胸の鶏むね肉が2枚だ。マリネしてからオーブンでローストしようと買ったのだが、忙しくてすっかり忘れていた。

これでミンチを作ったらかなり低脂肪のものができる。
わたしはあまり挽肉を買わないのだが、それはフードプロセッサーを使えば簡単に目の前でできてしまうからだ。大体売っている挽肉なんてどんな肉を使っているのかわからない。目の前で自分で挽くのなんて、適当に切った肉と卵ひとつとちぎったパン4枚と牛乳はカップ半分ぐらい。これを全部フードプロセッサーに入れて、あとはハリッサパウダーとクーミンとコリアンダーとフェンネルをそれぞれパッパッパッと振りかけて塩コショウ。オリーブオイルをちょいとたらして、香りはもうモロッコだ。
フードプロセッサーはガンガンと回さず一息いれたら止め、また一息いれて止める。だいたい挽肉になったらオシマイだ。あとは丸めてオーブン200度で20分から30分ぐらい。

その間に玉ねぎ、ズッキーニ、パプリカ、ブロッコリーを適当に切ってオリーブオイルを加えてざっと混ぜ、塩コショウ。そして、こちらもオーブンへ。薄く切ってあるのでせいぜい15分ぐらいでローストできる。

その間にクスクスを作る。玉ねぎとニンニクのみじん切りをオリーブオイルで炒め、水を半カップ。煮立ったら同量(半カップ)のクスクスを放り込んですぐに蓋をして10分ぐらい蒸らす。

オーブンの中のミートボールと野菜もできているので、あとはミントの葉をまぜた固めのギリシャヨーグルト(もちろん無糖)を添えてできあがり。

いつもはこういうローストした野菜とクスクスにはラム肉のミートボールや小さなステーキを添えるのだが、今日の晩ゴハンはオリーブオイルも控えめ、しかも低脂肪の鶏むね肉を使ってサッパリと仕上がった。