イースターの朝食:ホットクロスバン

イースター(復活祭)の金曜日は、イエス・キリストが十字架にかけられた日だ。

その金曜日には全てのパブが閉まり、レストランでは酒類を注文できない。つまり酒売買禁止の日でもある。それでも、もちろん自宅やパーティーで飲むことが禁止されているわけではないので、隣の家のように1日じゅうドンチャン騒ぎをしているウチもある。
加えて、小売店やショッピングセンターはどこも開いていない。いつもは日曜でも祝日でも開いている店がイースターは閉まる。おかげで木曜日のショッピングセンターは狂乱状態で、閉店間近には棚に何もなくなってしまう。

hotcrossbunところが開いている店もある。パン屋だ。なぜかというと、金曜日の朝に食べるホットクロスバン(Hot Cross Bun)を売るためである。イギリスから来た伝統で、シナモンなどのスパイスを混ぜた柔らかく甘いパンのことだ。表面には白く十字が描かれ、そのままでも温めてもいいが、必ずたっぷりとバターを塗って食べる。
普通は6個入りの袋で売られているためとてもじゃないけど食べきれないことが多いが、昨日金曜日の朝4つ入りの小さな袋を見つけたのでそれを買ってきた。

今日は土曜日なので店は開いているが、明日の「キリストが復活する日」と伝統的な振替休日である「イースターの月曜日」はこれまた休み。日本の正月と同じように、外出するよりは家で家族や友達と過ごすことの多い数日間だ。

マザー・グースの歌を思い出させてくれたひとがいるので、動画のリンクを追加。

懐かしい。日本ではこの歌で英語を習う子供も多いが、ホンモノのホットクロスバンを見た子は少ないだろうな。

 

コアラのマーチ…もどきはダメだ

アジア系食品、つまり納豆だの煎餅だの醤油だのワサビだのを買うときには必ずベトナム系の比較的大きな食品店に行く。中国野菜や冷凍食品なども種類が多いので、1週間に1度のまとめ買いをするときには必ず寄る店だ。普段の日も開いているが、何しろ5時なんて早い時間に閉まってしまうので学校の帰りなんて間に合うわけもない。

日曜日には切らしていためんつゆと納豆を買いに行ったが、お菓子の棚を眺めていたらどこか懐かしい形のお菓子の箱がある。閉店間近で急いでいたので取りあえずバスケットに放り込んでしまったが、どうも何か変だ。
ちなみにこちらが本物のコアラのマーチ。

efe8571a_20110109145551

で、わたしが買ってきたのはコチラ。

koala01

「子供の楽園に接吻する」などというマカ不思議な呪文が書いてある。

さっそく箱を開けてみようと切り取り線のあるところを引っ張ってみると…開かない。開かないどころか、ボロボロちぎれるだけで、切り取り線の役目を全く果たしていない。なんだよ、これ。

koala03

 どうやっても開かない。ちぎってもちぎってもダメだ。なんでこんなに難しいんだ。

koala04

結局忍耐もここまでで、箱の蓋を破って開けたら、小さな包みが5つほど。ここまではよかったが、中身を見たらちょいとヒドイ。

koala05

だって、まともな絵になっているものがひとつもない。消えかけていたり、横っちょにあったり。何の絵だかわからないものもある。箱に描いてあるビスケットの絵とは似ても似つかない。

味は…ヒドイ。何がどう悪いのか不明だが、とんでもなく不味い。一体どんな材料を使ったら、これだけ不味いビスケットを作れるのか不思議なくらいだ。この箱には約200円ほど払ったが、どう考えても値段に見合う味ではない。箱を裏返してみたら中国製だった。

コアラのマーチには実は正規の中国製もある。が、これはどう見ても形だけ真似した明らかな偽物だ。こういうものを輸入して売っちゃっていいものなのかなあ。

好奇心に負けて無駄なモノを買ってしまったが、「子供の楽園に接吻する」ってどういう意味なんだろう。かなり気になる。

 

3件のコメント

ヘンなお菓子「納豆海苔餅」

オーストラリア・パースにも様々なアジア食品店が至る所にある。ベトナム系、中国系、インド系、韓国系、そして日本食品店も小さいながらうちの近くにある。
そんなアジア食品店がかたまって沢山あるのが、繁華街ノースブリッジの一角。日曜日の飲茶の帰りには、よくここら辺をぶらぶらして何かしら買って帰ることが多い。アンパンもあるし、ね。
さて、そんな中国系の店を冷やかしていたらこんなものを見つけた。

昔、北京に住んでいたときに「中国人だってさすがに納豆が好きなひとは少ない」と現地のひとから聞いて、納豆の悪名は高いなあ、と感心したことがある。それぐらいだから、まさかこんなお菓子があるとは思わなかった。うわー、どんな味なんだろう。
だいたい、なぜ寿司の写真がついているんだ。そして、なぜ納豆の代わりにその材料である大豆が寿司のバックグラウンドで、海藻らしき緑のウヨウヨとともに置かれているんだ。全くもって摩訶不思議で意味不明。

そうは言っても、好奇心には勝てない。わたしの辞書に「食わず嫌い」という言葉は存在しないのだ。つまり、どんなに「ええっ」というものでも試してみなければ気が済まない。よって、その試食の結果、やっぱり「ええっ」だったとしても、まあどんな味だったかひとに話せるというものだ。
うちに帰って、包みを開いてみると3枚ずつセットになってまた包装されていた。過剰包装だなあ。

なるほど、ホンモノの納豆の10%ぐらいの、まったく「微香」としか言いようがない「ほのかな納豆の香り」がする。こんなニオイを納豆だと思いこんでホンモノを見たら、誰だってだってひっくり返ってしまうだろう。
結局、これは軽い感じのビスケットだ。つまり、納豆の微香と海苔がついていて、表には塩気もあるが、中身はあまーいビスケット。うわー、味も摩訶不思議だ。小さなパック3枚入りを食べてしまったら、あとで胸焼けがしそうになった。
いや、これはもう1度買う気にはなれない。