クリスマス・イブの小さなローストチキン、Mistkratzerli

「クリスマスイブは独り身にはツライ」そうだが、それはもちろん「イブは恋人の夜」みたいなイベントにしてしまった日本だけの話。オーストラリアでは12月25日のランチとそれに続く「ダラダラ飲み」が普通だ。家族だけだったり、親戚も呼んだり、または仲のよい友達と集まったり。スイスでも同じようなものだった。つまり日本の元旦みたいなものだ。イブは夜教会のミサに行くけれど、日本だって大晦日に神社やお寺に行くのだから、やることはよく似ている。

そんな12月24日の晩。
バンコクのレストランやホテルは、このときとばかり「クリスマスディナー」のコースメニューのみとなり、七面鳥やらハムやらの伝統的なメインを供する。

わたしもバンコクに住んでいたときには、毎年ビジネス仲間を沢山呼んで6キロ前後の七面鳥を焼いた。ただし、どんなに工夫してみても七面鳥自体はどちらかというと脂身の少ない大味の肉で、まあ年中行事に組み込まれたメニューだから仕方なく作っていたが、わたしはあまり好きではなかった。

だから、もう知るひともあまりいなくなったバンコクのクリスマスはチキンで祝うことにしている。
ところが先程いつものガイジン用スーパーに行ったら、丸ごとのものはとても小さなものしかない。ガイジンたちは皆ターキーの半身や大きなハムをを購入していて、鶏肉売り場になど見向きもしない。そのせいかな、と思ったが一応「これは雄?」と訊いてみた。頷くので、じゃあMistkratzerliだな、ということで2羽丸ごと購入。

ミストクラッツェルリというのは、スイスドイツ語で650グラム以下の雄鶏のことだ。普通、雄鶏はエサを与えても雌鶏のように大きく太ることはない。だから、スイスなどでは若いうちに出荷してしまう。これがミストクラッツェルリだ。小さいけれど、身は引き締まっていてなかなか味わい深い。

まず、詰め物だ…と思ったら、材料を何も買ってこなかったことに気づいた。今からまた外に出るのもめんどくさい。冷蔵庫にあるのは炒めようと思って買っておいたブナシメジが一袋のみ。あとは家にあるもので何とかなるだろうと、いつものように適当に作り始めた。

玉ねぎはみじん切り、ニンニクは薄くスライスして、たっぷりのオリーブオイルで炒める。キャベツも冷蔵庫にあったので、これも細切れにして入れてしまう。しんなりしたらシメジのざく切りを加えて塩コショウ、新鮮なタイムをぱらぱらと揉み入れ、レモンの皮をガリガリと削る。
冷めたらパン粉をふたつかみほど、そして本当ならパインナッツだがこれもないのでヒマワリの実で代用。卵をひとつ割り入れてざっくり混ぜたら、詰め物のできあがりだ。

鶏は洗って水を切り、指で胸の身と皮の間に指をいれてそっとポケットを作る。ここに先程の詰め物をポケットに穴を開けないように詰める。残った詰め物は丸めて野菜と一緒に焼いてしまう。鶏肉にレモンの皮、ナツメグ、パプリカ、塩、コショウをたっぷりと塗りたくり、オリーブオイルをかけて、最後にレモンとタイムを穴に詰めて出来上がり。鶏自体が小さいので、180℃のオーブンで1時間とちょっと焼いた。焼きあがったら、もちろんアルミホイルで包んで10分ほど寝かせる。

小さいほうのミストクラッツェルリは、焼いているうちに焦げた皮に大きな穴が空いてしまい、中の詰め物が丸見え。これは予期していなかった。普通の丸ごとチキンの皮はもっと厚いので、焦げても皮が破けることはない。
皮と身の間に詰め物を入れるのは、もっと味がよく染みてくれるからだ。普通はぽっかり空いた穴にぎゅうぎゅうと詰めるが、わたしはこちらのほうが好き。

あとは時間差でオーブンに入れた、ローズマリー風味のジャガイモとニンジン、ズッキーニ、エシャロットなどを付け合わせにした。

実はミストクラッツェルリを焼くのは初めてなので心配だったが、意外や意外、ジューシーに仕上がった。さすがに肉の量は少ないが、骨についた弾力のある肉の味が切り身で買う鶏肉より格段に美味しい。いい加減に作った詰め物も歯ざわりがよく、パン粉ばかりの市販の詰め物など買わないほうがいいと思った。

しかし、二人だったら一羽で十分。二つ目の丸焼きはそのまま残ってしまった。これは明日の昼にコールドチキンとしてサラダとともに食べよう。そのあとは、サンドイッチの具にしてもいい。

そして、最後にブッシュ・ド・ノエル。
買い物に行ったときに無性に食べたくなり、日系のベーカリーで求めた。

日本のケーキは甘さ控えめで、あっさりとしている。オーストラリアのこれでもかというほどの砂糖の量とは比べものにならない、懐かしい味だ。もっとも、オーストラリア人たちに言わせると「なんか甘くないね」となるので、これはひとそれぞれ、国それぞれなのかもしれない。

住宅街のクリスマス・イブはしんとしていて、時々通る車とバイクの音しかしない。今ごろホテルやレストランでは大騒ぎでクリスマスソングが鳴り響いていることだろうが、食後のキルシュをちびちびとやりながら、実はこのブログの名前ともなっている「がびのテラス」で風に吹かれるのも楽しいものだ。

がびんちの甘くないコールスロウ

初めてコールスロウを出会ったのは、大学生のときにケンタッキーフライドチキンを食べたときだ。美味しかったけれど、ずいぶん甘いサラダだなと思ったのだけは覚えている。

それからもう何度も食べているが、それでも「甘くない」コールスロウは食べたことがない。そう言えば干しブドウさえ入っているものもあった。
レシピを見ると、必ず砂糖が使ってある。オーストラリアのマヨネーズはそれでなくても甘いので、さらに甘くなるのは避けられない。まあ、マヨネーズと言えば、最近ではオーストラリアのスーパーでもキューピーマヨネーズが手に入るので、それしか買わなくなったけれど。

キャベツ自体が少し甘さを含んでいるので、わたしは家で作るときには砂糖を入れない。ただし、果物の清々しい甘さは好きなので、今晩のサラダにはリンゴを使ってみた。

キャベツは千切りではない。百切りぐらいか。千切りにするとキャベツの歯ざわりがあまりにも繊細になってしまうので、ここは豪快にザクザクと。ここに、薄切りスライスにしたリンゴも放り込む。百切りにしたら、混ぜているうちに細かくちぎれてしまうので、これもザクザクとリンゴだとわかるぐらいに刻む。

ドレッシングはサワークリームとそれより少し少ない量のマヨネーズ。そこに大さじ一杯の粒マスタード。ぎゅうと絞った新鮮なライムジュース。これだけだ。塩もコショウも入れない。ボウルにドレッシングを加え、よく混ぜ合わせたらあとは冷蔵庫で冷やしてなじませるだけだ。

その間に作ったのは、鶏のモモ肉のハーブグリルとジャガイモのロースト。モモ肉はハーブをたっぷりと振りかけてから塩コショウ、そしてフライパンで両面に焼き目をつけて、あとはジャガイモと一緒にオーブンで火が通るまで焼いた。

さて、コールスロウだが、必ず冷蔵庫で少しの間ドレッシングをなじませないと美味しくない。今回はタイで手に入る日本風の柔らかいキャベツを使ったが、オーストラリアのキャベツはとても身が厚くて固いので、こうしないとまるでキャベツというより沢庵の歯ざわりが残ってしまうのだ。

そして、冷蔵庫から出した冷え冷えのコールスロウをもう一度ざっくりと混ぜてから食べる。コールスロウにはこってりとしたフライドチキンなのだろうが、今回はハーブグリルだ。とろりと深みのあるドレッシングで和えたので、リンゴの清々しい歯ざわりとしんなりしたキャベツが美味しくて、ボウル一杯につくったコールスロウがあっと言う間になくなってしまった。

 

エカマイのOlive Greek Restaurant

以前住んでいたバンコクのマンションから歩いて3分ほどの近所に、地中海料理・ギリシャ料理の店がある。住宅街の入り組んだ細い道に面したとても小さなレストランだ。店の看板「Olive」が高く張り出ていなかったら、通り過ぎてしまいそうに住宅街に溶け込んでいる。
隣には汁ビーフンのもっと小さな間口の店があって、バイクタクシーの兄ちゃんたちのたまり場だ。時々サッカーに興奮した彼らの「おう」だの「よーよー」だのの掛け声がひっそりとした道に響き渡っている。

明るい店内に入ると、カラフルなクッションが居心地良さそうに沢山並んでいて、どこかの家に招かれたような雰囲気だ。

ここでの定番はMezze(メッゼ)と呼ばれるアペタイザーの大皿だ。メッゼは特定の料理を差すのではなく、様々な肉料理、チーズ、揚げ物、ディップ、オリーブなどを並べてあり、要するに酒を飲むためのつまみのようなものだ。

「Olive」のメッゼはふたつある。ひとつはクラシック・メッゼと呼ばれるオリジナルのものをまとめた大皿、もうひとつはそれにラム肉炒めとソーセージが追加されたさらに大きいセットだ。ギリシャサラダも食べたかったので、今回はこのクラシック・メッゼを注文し、自家製のポークソーセージを1本追加した。メッゼはひとつひとつ好みのものだけを選んでセットにすることもできる。

クラシック・メッゼの肉料理は三つ。チキンスブラキと呼ばれる鶏肉の串焼き、ラム肉の丸いパテ、そして春巻きのようだが実はもっと薄いフィロペストリーの皮で鶏挽き肉とハーブを巻いたもの。そこに、3つのディップ(自家製ヨーグルトディップ、ナスのディップ、スパイシートマトディップ)とたっぷりのオリーブがついてくる。籠には温かいピタの平たいパンが食べきれないほど。
このディップはバンコクの外人用高級スーパーにも出荷しているが、どれも美味しい。わたしのお気に入りはナスのディップ(=メリジャノサラタ)だ。レバノン料理のババ・ガヌーシュととてもよく似ている。

サラダの真ん中にはギリシャ産のフェタチーズの大きな切身が載せられ、トマト、きゅうり、そしてロメインレタス。カラマータオリーブもたっぷり入っていて、シャキシャキと清々しいサラダだ。ハーブドレッシングもさっぱりとしていて口当たりがいい。

クラシック・メッゼとギリシャサラダは、二人で食べるには十分過ぎるほどの量だ。ソーセージは抜いてもよかったかなと思うほど。それでも、「デザートは別腹」は鉄則なので、もちろんわたしの大好きなギリシャ風デザートのバクラヴァを一人分だけ注文した。バクラヴァはハチミツとナッツをパイ生地で来るんだお菓子で、パースでも売っているがトルコ菓子と同じように頭が痛くなるほど甘いことが多い。
用心しながら食べてみて、ビックリしてしまった。頭痛が起きない(笑)。甘いことは甘いが、それが材料の旨みを壊すほどではないのだ。たっぷりのハチミツは水気を含んであくまで爽やか、パイ生地はその水分を吸ってフォークで押すだけでジワジワと蜜が染み出す。ああ、至福の味。

小さな店のことでサービスをしてくれる女性は二人だけだが、忙しいなかキビキビと動き回り、その合間にも微笑みを絶やさない。

ゆっくりと晩ゴハンを楽しんだ後、外に出ると隣のタイ食の店はすでにシャッターが降りている。しんと静かな道に出ると乾季の涼しいそよ風が頬に優しくて、心地よい酔いと満腹感とともに少し歩いてみたくなった。