豚肉の味噌漬けステーキ

土曜日に買った豚肉ロースを昨日味噌漬けにした。
4枚入りを買ってしまったので4食分、加工しなかったらもったいない。

味噌漬け用のタレは自己流だ。味噌2に対してみりんは1。そこに酒はざざっとたらす。砂糖は適当に。わたしは人工甘味料を使ってしまうが、砂糖だともっと照りが出る。料理用語では「煮切る」というが、つまり酒とみりんのアルコール分を飛ばすわけ。小鍋を中火にかけて、フツフツと泡が出てきたら弱火にし、とろりとするまで気長に時々混ぜてやる。

冷めたタレを豚肉に塗りたくり、ジップロックのビニール袋に入れて空気を抜き、一晩冷蔵庫で寝かせる。

今晩は、その豚肉から味噌をこそげとって焼いただけ。付け合せはカイランまたはガイランと呼ばれる中国野菜とマッシュルームをショウガとナンプラーソースで炒めた。ガイランはオイスターソースでさっと炒めても美味しいのだが、豚肉が味噌漬けなのでちょっと味がかぶるかなと思って、さっぱりとナンプラーに。

残りの豚肉は味噌を拭き取ってから一枚ずつ小分けにして、冷凍庫に入れた。こうしておけば、食べたいときに一枚ずつ解凍できる。

料理と言うのもオコガマシイほどの簡単な一皿だが、平日の晩ゴハンなんて時間をかけていられないからこんなものだ。豚肉は味噌タレとあわせておいたおかげで柔らかく、味もしみていて美味しい。

ギリシャ風サラダで簡単ランチ

お昼のギリシャ風サラダ。
…などと書いているが、実は冷蔵庫の残り物だけで作れる。材料は、焼いた残りを冷凍しておいた自家製塩鮭、フェタチーズ、キュウリ、トマト、赤パプリカ、サラダ菜。普通は玉ねぎも入れるが、わたしはあの生のツンとくる匂いがあまり好きじゃないので入れない。赤玉ねぎかまたはエシャロットは大丈夫だけれど、今のところ切らしているし、普通の玉ねぎを水にさらすのもめんどくさい。つまり、お腹がすいているから早く食べたい。

ドレッシングはいい加減だけれど、オリーブオイルを1としたらレモン汁はその半分。そこにほんの少しハチミツを加え、塩コショウ。あとは庭のバジルとオレガノを刻み、ニンニクをひとかけつぶす。これをよく混ぜてからサラダにたらし、ざっと混ぜたら出来上がり。

実は明日から11年生と12年生の期末試験が始まるので試験監督業務があり、しかもその生徒たちが個人的に練習した作文などを持ってくる。つまり、かなり忙しくなる予定だ。ただし今日はまだ日曜日なので、映画を観たり読書をしたりとのんびりしたグータラ時間を満喫している。

先週あたりからぐんと冷えてきた秋のパースだが、今日はことのほか天気が悪くて出かける気がおきない。

ああこういう日に欲しいのはコタツだなあ、と無い物ねだりをしてみる。

西オーストラリア南西部の小旅行:アルバニーからデンマークへ

学校があるときと違ってぐっすり眠れた朝は、お腹がすいて目覚めた。

さっそく近くのカフェKate’s Placeで朝食を注文。カップかマグかと訊かれたので「マグで」と答えたら、カップの量の倍ぐらいあるフラットホワイト(オーストラリアのミルク珈琲)が来た。一緒に頼んだミューズリーも片手にずっしりと重い。ギリシャヨーグルトを混ぜてから、もう少しゆるくするためにミルクも足してみる。ギリシャヨーグルトは水分が少ないのだ。半分食べてもまだこんなに残っている。さすがにお腹がいっぱいになり、ずいぶん残してしまった。オーストラリアはなんでも量が多く、「小」と「大」をつくってくれないかなあといつも思う。

外に出たら、カフェの前にこんな看板が出ているのに気づいた。

Anger Managementというのは「怒りを抑制するためのセラピー」のことだ。「すぐ怒り狂うひと」が多くなった最近流行り始めたセラピーだが、これに引っ掛けて「珈琲:怒り抑制セラピーは高すぎるので」と書いてある。そうだね、珈琲のほうが安いよね。

こちらはそのカフェの正面にある西オーストラリア大学アルバニーキャンパス(分校)。港町アルバニーだけに、海洋学や海洋生物学などの水に関する学部が多い。

そのあとは日曜日だけ開いているボート小屋マーケット(Boat Shed Market)に行ってみたが小さくてあまり見るものもない。そのままデンマークに直行することにした。

デンマーク(Denmark)はヨーロッパの国ではなく、アルバニーから50キロほどの海岸沿いの町だ。ワイナリーも多く、昔一度だけ泊まったこともある。途中は牛の放牧があって、のどかだ。ただし、天気は依然としてあまりよくない。午後から晴れると天気予報にはあるが、さてどうなることやら。

デンマークのWilloughby Park(ウィロービイ・パーク)は2010年創業で比較的新しいワイナリーだ。

ここはリースリングが有名なのでこちらを試したら、おお、美味しい。伝統的なフレッシュな酸味のものもあるけれど、2016年のIronrock Rieslingは酸味がまろやかでライムの香りがあまり後をひかない飲みやすさ。賛否は分かれるかもしれないけれど、わたしはこのちょいと変わったリースリングに惹かれた。もうひとつは2017年のKalgan River Pinot Noir。スパイシーで果実の香りがふくよかなワイン。あと2−3年寝かせたほうがいいかもしれない。今回はこのふたつを2本ずつ購入。

試飲をしていたら、あとから日本人女性とオーストラリア人男性のカップルがはいってきて、「こんにちは」と言ったらずいぶんビックリされた。ここらへんはあまり日本人はいないらしい。

次はカステーリ(Castelli)というワイナリーへ。残念ながらここはレストランに委託された試飲コーナーで、直接経営されているわけではない。だからなのか、ワインをそのレストランで注文すると10ドル加算される。通常ワイナリー併設のレストランでは2−3ドルだ。ワイン自体は可もなく不可もなしだった。ただしここには宿泊施設として5部屋あり、朝になったら素晴らしい景色が楽しめそうだ。朝食付きで約200ドル。

さてCastelliを出て、デンマークの町から数キロの海辺を望む展望エリアへ。途中で道をそれて小さな船着き場でひと休み。桟橋には鳥が2羽とまっているし、右前方にはちいさくペリカンが泳いでいるのが見える。のどかだ…。

車で20分ほど行くとすでにオーシャンビーチだ。観光客たちの姿も見える。下を覗くと東に雄大な景色が広がっていた。引き潮なのか、広い砂浜にはサーファーらしきひとたちの姿も小さく見える。

こちらは西側の南極海の景色。晴れ間が見え始めている。南極はこの波の向こう、はるか彼方に続いている。

時計はそろそろ3時を回り、お腹もすいてきた。帰りにワイナリーに寄って食事とワインを楽しむつもりなので、美しい景観をあとにして出発だ。

(旅から戻ってからブログ記事にしたので実際に書いたのは4月21日だが、日付は旅の日付に調整してある)