スマトラ沖大地震・ボランティア最終日

2日目のボランティア・ヘルプデスクは「ダメ押し」なので、あまりすることもない。現在プーケットにいる津波被災者としてのスイス人は10人ほどの負傷者で、バンコクを通さず直接スイスからの救援飛行機によって本国に送られる。

そんなわけで、暇をつぶすために本と新聞、そしてもちろん長袖ジャケット(空港は冷蔵庫の中のように徹底的にエアコンが効いている)を持ち込んだ。
しかし、9時半到着のプーケット便からひとりのタイ人が降りて、まっすぐドイツ大使館デスクに向かった。大きなビニール袋をいくつも抱えている。
「わたしはメルセデス・ベンツの代理店の者ですが、ベンツの破損状態などを視察・確認するためにプーケットを回り、今戻ってきたところです。カオ・ラックの現場で見つけた被災者の貴重品と、その持ち主であろうと見られる西洋人の遺体の写真を持ってきました。ほとんどドイツ語だと思いますが、その他の国々のひとたちのものも混じっているかもしれません」
袋から次々と現れたのは、まだ砂にまみれ、湿ってゴワゴワになったパスポート、各種カード、証明書、そして様々な財布とその中に入れていたと見られる小さな写真の束。証明書類を開くと、笑っている顔、そして難しい顔。年齢も様々だ。それがひとまとめになってゴッソリと発見されたところを見ると、たぶんホテルの貴重品預かり所だったのではないか。

同じく砂まみれの財布を開くと、若い女性がその夫か恋人と見られる男性と抱き合ってこちらを向いている写真が何枚も出てきた。財布には、現金ははいっていない。そう言えば、何枚もあるカードの中には、有名どころのクレジットカードさえ一枚も見当たらない。何十人ものひとたちの貴重品の山の中に、現金とクレジットカードがないのだ。おそらく、地元のひとびとがすでに抜き取った後なのだろう。なんだか、悲しくなった。
写真はメモリーから直接、ドイツ大使館のボランティアが持っていたノートパソコンに繋いでダウンロードした。開いてみて、ディスプレイを覗いていたドイツ大使館、スイス大使館の4人はわたしも含めて、「うっ」と声を上げた。顔をそむけたいほど、悲惨でむごたらしい。何十人もの写真の中で、身元が確認されたのはひとりのみ。それも、彼がいつも肌身離さずはめていた時計が、生存家族にとっての決め手となった。証拠のために、生前の写真が添えられた遺体は、とても同一人物とは思えないほど変化していたからだ。
一応の説明だけ聞いて、わたしはその場を離れた。とてもじゃないが、渡された砂まみれのスイスパスポートの笑顔を、その遺体の写真の列に探すことはできない。
わたしには、できない。

Neue Zuercher Zeitung(ノイエ・ツゥルヒャー・ツァイトング、スイス)オンラインロイターズ・ドイツによると、現在のところ、スイス人の死者は確認されただけでも16人、まだ85人の消息がつかめない。家族などから届けが出ている津波周辺地の行方不明者は約550人だ。ドイツ人は死者60人、行方不明者は1000人以上となっている。死者の数はまだまだ増え続ける模様だ。

ついでながら、ドイツ大使館の情報によると、被災したがすぐには本国に戻らなかった観光客が、プーケットにまだ20人以上残っていることがわかった。その中には、医者、医学生、看護婦たちもまじっていると言う。皆、死者をそのままにしておくに忍びなく、ボランティアで処理の手伝いをしているひとたちだ。もうそろそろ一週間になろうという津波現場での仕事は、生易しいものではないだろう。遺体を洗い、写真を撮り、検屍医たちの手伝いをし、そしてまた運ぶ。

明と暗を分けた津波の瞬間を共有した彼ら、「生者」は、「死者」のもとに残ることで心の救いを求めているのかもしれない。

 

スマトラ沖大地震・元旦のボランティア

みなさま、明けましておめでとうございます。

「かなりの混乱が予想されるので…」などと昨日書いたが、ドンムアン空港は、各国のボランティアが入り乱れてものすごい騒ぎである。
空港内どこでもフリーパスのカードをもらい、それをつけて到着ロビーにはいると、ほとんどのヨーロッパ各国がヘルプデスクを出して2−3人ずつのボランティアを置いている。プーケットからの飛行機が着くたびに、旗をかざして「xxx人は、こちらで登録してくださーい」と声をかける。とりあえず、プーケットから戻る自国民を登録しておけば、どこかから問い合わせが合った場合に確認ができる。そのためのヘルプデスクなのだが、国内線ロビーは狭い。そこに何十もの国のヘルプデスクがあるものだから、飛行機が着くたびに写真のような混雑になる。

すでに6日目なので、ヘルプデスクにやってくるのは、一緒にいた家族が行方不明だったために、プーケットにとどまっていたというひとたちが多い。

お隣のドイツ大使館デスクに現れた中年のドイツ人女性は、顔に細かな傷跡がたくさんあり、足にも包帯を巻いている。Tシャツの下はまだ水着だ。一番被害のひどかったカオ・ラック(プーケット近郊)のホテルにいたと言う。カオ・ラックの美しい海岸には、リゾートコテージ風のホテルが立ち並んでいたが、10kmに渡って徹底的に破壊されてしまった。死者が一番多いのも、この地域である。
津波が襲ったとき、彼女は読みかけの本をとりに戻る途中だったため、そのままホテルまで流されて急いで2階に駆け上がった。
「まるで、壁よ。水の壁。それも突然現れて何がなんだかわからなくなり、気がついたらホテル唯一の2階部分にあるコーヒーショップにいたわ」
彼女の夫は、すでに海岸にいた。そして、行方不明。幸い彼女自身は軽傷しか負っていなかったため、避難所から次々に病院を探し歩いた。4日目に骨の出るほど重症を負った夫を発見し、ドイツ大使館に連絡をとり、空軍機で直接ドイツへ搬送、それを見送ってから自分はバンコク行きの飛行機に乗ったと言う。
「ツアーだったのよ。23日に一緒に着いたのは、総勢20人。みんなで一緒に食事をしたり、遊びに行ったり、寝そべっておしゃべりをしたり、楽しかったわ。ほとんど見つかっていないのよ、みんな。もう2度と会えないかもしれないのね」
何か話さずにはいられないかのように淡々と言葉を進めるが、顔には表情が見られない。まだショックから立ち直っていないのだろう。しばらくして、ドイツ大使館のボランティアのひとりが付き添い、彼女を国際線ロビーまで送っていった。

津波後6日目なので、直接被害にあったひとたちはあまり到着しない。代わりに多くなってきたのが、行方不明の家族を探すひとたちだ。一応登録を済ませると、もう黙ってはいられないと見えて話し出す。いくつもの病院を回って、直接遺体をひとつずつチェックしなければならなかったこと。それでも、家族の消息を確認できなかったこと。または、偶然確認できたこと。声にふるえが走り、目に涙が浮かぶ。聞いているほうもつらくなる。やりきれなくなる。

そのうちにスウェーデン空軍のジャケットを着たグループが着く。医療チームだ。任務を終えて、あと2時間で着く自国からの空軍機に乗ってヨーロッパに戻るらしい。
混乱のうちに、2時のシフト交代で次のスイス人ボランティアが着き、わたしは帰宅の途についた。

明日はヘルプデスク最後の日らしい。それ以後は各大使館の連絡先だけが到着ロビーに残され、ボランティアのグループは解散となる。わたしは、明日も8時から2時まで国内線到着ロビーでスイス旗を振る。

よいお年をお迎えください

昨日のエントリを書いた時点では、「犠牲者10万人に達する見込み」ということだったが、今日ニュースサイトをチェックしたらすでに12万人を突破している。

なんともやりきれないニュースに包まれたバンコクでは、今晩年越しのカウントダウン花火を中止するところが多い。そして、年越しのため、自宅のマンションから豪華なホテルに移った知り合いのドイツ人夫妻は、本当ならドリンク片手にプールサイドにいるはずだった。彼らは今、バンコクの病院に移された同胞負傷者たちを見舞い、雑用を引き受けるというボランティアをしている。

わたしもスイス大使館には「何かできることがあれば、お手伝いいたします」との伝言を残しておいたのだが、午後になって電話がきた。
「明日一日、国内線空港でプーケットからの外国人たちを迎える手伝いと通訳をお願いできますか。かなりの混乱が予想されるので、適切な処置をスムースに行うために世話係のスタッフが必要なのです」
そんなわけで、「がび家恒例新年ブランチ」は中止、元旦は一日中ドンムアン空港で過ごすことになった。

日本ではすでにトップニュースではない「スマトラ沖大地震」も、「その後」はまだ続いている。