今晩、冬の東京に着陸

あと5時間半ほどでバンコクの自宅を出発する。年に一度の東京里帰りだが、老いた母は、年末年始の忙しさから風邪をこじらせてしまっているらしい。今朝「明日着くからね」という確認の電話をいれたときに、熱っぽくひび割れた声が返ってきてビックリしてしまった。あまりひどくないとよいのだが。
いずれにしろ、これから10日ほどネットに縁のない生活が続く。1年に一度開くだけのウィンドウズ95などというアンティックが、まだ使えることを祈るばかりだ。
DNA鑑定についての追加ニュース。
先ほど在タイ日本大使館のサイトをチェックしたら、国際緊急援助専門家チームとして、DNA検体採取専門家とDNA鑑定専門家が3名、日本からも派遣された。昨日5日にプーケット入りしているとのことだ。 中国より先手を打っていたのだなあ。
そして、たった今ドイツ語衛星放送ドイッチェ・ウェーレで知ったのだが、5日正午に全ヨーロッパで3分間の黙祷が捧げられた。正午というと、日本時間午後8時にあたる。
正午の教会の鐘の音とともに、ベルリンから始まって、パリ、ウトレヒト、ハンブルグと流れている映像の中のひとびとは、皆頭をたれて死者を悼む。駅では列車が止まり、発着表示には「津波死者への黙祷のため、3分遅れます」とある。繁華街では、デパートとスーパーのある広場でひとびとが立ち止まる。道路の車も静かに止まり、そのまま動かない。学校の教室も沈黙に閉ざされる。多くの会社でも、そのままスタッフが仕事の手をやめて目を閉じる。
静かな静かな映像は、死者の沈黙に生者の沈黙を重ね合わせて、ヨーロッパの冬空へと上っていった。

2件のコメント

日本で報道されない「津波後のタイ」

色々な救援活動があるもので、中国がインターポールを通してDNA鑑定の援助を申し出た。タイよりははるかに進んで(いるらしい)中国の技術と設備は、かなりすみやかに結果を検出できるという。新聞には「2週間で結果が出せるらしい」と書いてあるが、これは遺体一体につき2週間かかる、ということだろう。
現在のところ一番被害のひどかったカオ・ラック海岸を含むパンガーのタクア・パ地区では、三つの寺が分担して遺体を保存している。1800体、1200体、500体とあるから、総数約3500体にも上る。そのうちの60%が外国人だというが、外観だけの判断ではほとんどが「アジア人かそうでないか」で分けられるため、他アジア諸国民の遺体がタイ人の遺体のなかに混在していることも考えられる。
つまり、3500体の身元がまだ確認されていないのだ。検死専門家たちが必死で歯型とDNAの採取をしているが、暑さのため遺体につけられたタグが損傷してまた採取やり直しなどという二度手間もかかっているらしい。
これだけ多くの遺体が、DNAまたは歯型を通して「生前の名前」を取り戻すのに、一体どのくらいの時間がかかるのだろうか。
========================================
シュテルン紙オンラインターゲスアンツァイガー(スイス)によると、津波の犠牲者となった人々の中で、現在のところすでに身元の確認されたドイツ人死者は60人、スイス人死者は23人となっている(タイを含むアジア諸国での総数)。そして、依然として1000人以上のドイツ人と約500人のスイス人が行方不明だ。
========================================
奇妙だが恐ろしいニュースも、ヨーロッパのメディアから伝わってきている。
フォークス紙オンラインによると、生存者として病院で治療を受けていた12歳のスウェーデン人少年が蒸発してしまったのだ。
彼は45歳の母、14歳の兄、7歳の妹とともにプーケットで休暇を過ごしていた26日、津波で被災した。スウェーデンにいた父はすぐに来タイし、病院を探し回って14歳と7歳の子供たちを発見した。しかし、母親と12歳の息子は依然として行方不明、生存の見込みは薄い。ところが、ある病院で少年の写真を照会したところ、ひとりの医者とふたりの看護婦が、その少年の治療をしたと確認したのだ。そして、治療のあと黒い髪に口髭をつけたヨーロッパ系の男が連れ去った、と。
はじめのうち、タイ警察は相手にしなかったらしいが、事件が正確に描かれていくにつれ、真剣に取り組み始めたようだ。スウェーデン政府はすでに本国から刑事をふたり送り、本格的な捜索が開始されている。
どうも、これは俗にいう「人攫い」らしい。タイではまだ国際的な「人身売買」も密かに行われているし、津波被災の混乱にまぎれて親からはぐれた子供をさらったというのが、大方の推理だ。この少年はもうすでにタイにはいないだろう、とタイ紙バンコク・ポストにも5日付で記事が出た。
========================================
悲惨な津波のニュースはいまだに日本以外の国々ではトップニュースだが、「メディアは、まるでプーケット全てが破壊しつくされてしまったかのような印象をひとびとに与えている」として、津波後のプーケットを異なった視点からサポートするサイトがある。イメージ・アジアというサイトの「津波後のタイ」(英語)という特集だ。ここでは、「津波に破壊されなかったタイ」が「バランスのとれた情報のために」世界に向けて発信されている。
ほとんどの政府も、破壊された設備とサービスの困難さを理由に、タイのプーケット、クラビ、カオ・ラックへの旅をする自国民に対し警告を出した。そして、それに伴い、多くのひとびとが津波後の旅をキャンセルし、南国の楽園プーケットを休暇先のリストからはずした。
しかし、このサイトを見るかぎり、カオ・ラックなどの被害の多かった地域以外は普段と変わらず、何もかもが営業中だということがわかる。ここには、津波後のプーケット周辺のリゾート・ホテルの営業状態をリストにし、ピピ島への日帰り観光の模様などの写真もアップされている。
一面的なメディアの発信と政府の警告のために、観光業に携わる何千もの現地タイ人たちが路頭に迷い、また迷うことを確実にした。災害のための援助には、こうした失業者の援助そして積極的な地域のプロモーションも含まれるべきではないのか、とこのサイトは問いかける。

津波後の復旧活動・捜索活動

テレビでドイッチェ・ウェーレ(ドイツ語衛星放送)を見ていたら、プーケット・ピピ島の「津波その後」の話題が始まった。やはり何人かの観光客が、被災後も留まってボランティアを続けている。
話題の最後で、一日の仕事を終えて船でプーケットに戻るタイ人ワーカーたちが映しだされた。
「徹底的に破壊されつくしたピピ島に、宿泊施設はありません。だから、津波の後始末をするひとびとは、毎晩、日が落ちる前には船でプーケットに戻るのです」
これは、違う。彼らタイ人たちが毎晩ピピ島を離れるのは、宿泊施設がないからではない。ピピ島のトンサイ・ビーチは破壊されたが、その他のビーチにある宿泊施設には無傷のまま残っているものもあるのだ。実際、もうすでに観光客が少しずつ戻り始めているくらいだ。
タイ人たちは、ピピ島で亡くなった外人たちのピー(精霊、要するにオバケ)が怖いのだ。夜になれば、彼らは自由に動き回り、非業の死を遂げただけに怒りを持つピーとして、生きているものに襲いかかる(と、信じられている)。だから、タイ人たちは決して夜のピピ島に残ろうとしない。ドイツ語テレビの番組では、間違って解釈されてしまったようだ。

ちょっとタイならではのニュースは、これ
今日3日付のタイ英字新聞バンコク・ポストに載った記事だが、アユタヤから象が6頭、被害の激しかったカオ・ラックにトラックで送られた。大型マシーンの入れないような場所(坂や泥沼など)で、重いものを動かしたり片づけをするためだ。
タイではまだこうした象の訓練も盛んで、実際に役に立つことが証明されている。