ポップコーンボールを日本語で

2月にも一度書いたのだが、わたしの受け持つ8年生(12−13歳)の中には、イマージョン教育の選抜クラスがある。日本語だけを使って主に食に関することを学ぶクラスだ。今日は、生徒たちが楽しみにしている料理の日である。

簡単にできて、しかも説明が難しくないレシピということで選んだのが「ポップコーンボール」。電子レンジでマシュマロとマーガリンを溶かし、ポップコーンにからめてからベーキングペーパーにくるんで丸めるだけだ。常温になるとマシュマロが固まるので、ボールの形にできる。
ポップコーンは、事前に作っておかなければならない。こんなものまで作らせたら、22人もいるクラスでは片づけと洗いものも入れて50分という枠におさまらないのだ。

そんなわけで、友達が貸してくれたポップコーンメイカーで昨晩作り始めたのだが、勝手に作ってくれるとは言え、いやはや大変時間がかかってしまった。それに、手伝いに来てくれる11年生のバイリンガル(日本人だがオーストラリア生まれ)2人とわたしを入れて総勢24人分のポップコーンなんて、この長い人生でも一度も作ったことがない。
キッチンから漂ってくるポップコーンの香りに少々げんなりしてきたころ、やっと30リットルはいるプラスティック製ゴミ袋いっぱいのポップコーンが出来上がった。
もちろん、今朝のわたしの姿はまるで「サンタクロース」である。何しろこのばかでかい袋をかつぎ、さらに30袋ほどのマシュマロまで提げているのだ。

授業中の調理を簡単にするために、わたしのほうが大変ながーい「残業」をしてしまったが、こんなふうに喜ぶ子供たちの顔を見るのはやはり楽しい。

「鴨の砂肝」ぶっかけ飯

明日の準備をしていたので、帰宅が遅くなってしまった。こういうときは、歩いて行ける近くの中華バーベキュー屋でぶっかけ飯がいい。

いつものメニュウ(叉焼、中華風ロースト、モツなど)なのだが、今日は鴨の砂肝がウィンドウに並んでいたのでそれも添えてもらう。と思ったら、なんだかそれがメインのように沢山乗っていた。鴨の砂肝は、鶏のそれに比べると3倍ほどの大きさだ。鶏よりはるかにこってりとして少々固いが、五香粉が効いていて美味しい。鴨の香りもふんわりとする。

一膳飯屋は食器もテーブルも椅子もプラスティックの安物、お世辞にもきれいとは言いがたい。だがいつ行っても、中国人のオジサンオバサンがサンダル履きでローストを買いに来たり、新聞を読みながら大盛りぶっかけ飯をかきこんでいる。

2件のコメント

「悪魔風チキン」を豪快に

金曜日はフランス料理レストランで食事、土曜日は友達を呼んで夕食を作ったので、わたしの胃はヨレヨレに疲れている。もちろん沢山食べて沢山飲んだせいだ。

それでも昨日は、フランス料理でまだ胃がもたれている最中だったので、ソースはよしてさっぱりとした「悪魔風チキン」に。なんで悪魔なのかと言うと、単純にチリをたっぷりきかせてピリピリと意地悪く辛いからだ。日本でもよくメニュウに見かける定番イタリアンだが、わたしはトマトソースは使わない。

そして材料の丸ごと鶏肉一羽は、「棚で育てられる鶏」ではなくフリーレンジと呼ばれる「走り回る鶏」だ。少々お値段ははるが、身がしまっていて匂いも少なく、はるかに美味しい。
これを骨切りハサミで開いて背骨をとると、平たい「大股ビラキ」となってグリルでバーベキューしやすい。
ヴァージンオリーブオイルとレモンジュースを混ぜ合わせ、刻んだレッドチリをたっぷり入れる。塩こしょうしてから、ここにチキンをいれてマリネすること半日。
友達が次々と現れるころに白ワインを供し、パティオのバーベキューでじゅうじゅうと焼きはじめるのだ。最後の5分くらいに、スライスしたレモンもグリルしてオオマカに切った鶏の上に飾りつける。これは材料とスパイスがシンプルなので、鶏肉が新鮮じゃないと美味しくない。

付け合せは、茹でたブロッコリにパインナッツをいれたドレッシングをかけたもの、そしてオリーブを刻んで混ぜたクスクスだ。
こういう料理は手で豪快にむしって食べたほうが楽しいので、大きなガラスボウルに水をはってたっぷりレモンスライスを浮かせる。手を洗いながら食べるためだ。

美味しい夕食と楽しいおしゃべりのツケは、しかし日曜日にやってくる。
またしても飲みすぎたわたしは、休肝日の今日、一日パンとスープなどというツツマシイ食事でおとなしく明日の準備をしている。