パースの丘・キングスパーク:ワイルドフラワーの色に酔う

わたしの家からキングス・パークは結構近い。トンネルが混んでいると時間がかかるが普通は15分ぐらいか。先の記事にも書いたとおり、ギネスブックにも載る世界で一番大きい市内公園だ。約4平方キロメートル。

日曜日の午後はひとが多く、15分ほどグルグル回ってようやく駐車できたので植物園に入った。

色とりどりの花が満開だ。レスマーディのように野生のワイルドフラワーとは違い、こちらでは庭師が入って毎年美しく配置された花々を見ることができる。

芝生の上に椅子を並べてピクニックをしているひとたちも、そのまま芝生に寝そべっているひとたちも、その間を縫って駆け回る子供たちも、ようやくやってきた春の日差しと美しいワイルドフワラーを愉しんでいる。
見上げれば大きな木の上に色とりどりのロリキート(オーストラリア産の野生のオウム)たちが、騒がしい金切り声で鳴き叫んでいる。こういうときにはいい望遠レンズがほしいなあと思うが、側にはわたしの腕より長いのではないかというレンズを抱えて鳥たちを撮っているひともいる。いや、あんなに沢山のレンズを持って歩き回るのはモノグサなわたしには無理かもしれない。

9月の間は週末のたびに無料ガイドたちの様々な散歩ツアーも企画されているし、カフェもレストランも開いている。わたしが好きなのは、ここのギャラリー・ショップだ。様々な工芸品やワイルドフラワーの本などが並び、観光客で賑わう店だ。売上はこのキングス・パークの維持に貢献しているらしい。

いずれにしろ、このワイルドフラワーの季節は西オーストラリア州の州都パースがいきなり華やかになるとき、と言ってもいいと思う。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA