初めて洗車ショップに行ってみたら

このところパースで「雨後のタケノコ」のごとく現れ始めた「洗車ショップ」。最低賃金で(と言っても日本と違い時給1200円以上は確実にもらっているが)アルバイト学生や外国籍のひとたちが働いているのだろうが、資格と専門がなくてもその日から働けるだけあって、需要と供給が増えているらしい。そのうえ、ビジネスを始めるのも簡単だ。場所と使用機器さえあればできるのだから。

洗車は去年までは自分で洗車できる店に行っていた。近所で週末に行くのに大変便利だったし、コインを入れると泡が出たり、水が出たり、自分で操作できてしかも全部で500円もかからなかった。

パース中心地からものすごく近く、しかも今じゃ洒落た珈琲店やレストランも並ぶ一等地だ。いつかなくなるだろうなあと思ったら去年いきなり閉店した。

その後行っているのが全自動の洗車ボックスがあるガソリンスタンドだ。これも近所で、ガソリンを入れたあとで洗車とワックスができるし、9回行けば10回目はタダというカードももらえる。一回が大体1000円以下なのでまあまあかな。ただし、全自動の常でしっかりこびりついた鳥のフンなどが残っていることがあるし、洗車のあとは自分でさっと水を拭き取らないと水滴の跡が残ってしまうので少々面倒かもしれない。

もうひとつの難点は、たぶん閉所恐怖症だったら飛び出したくなるだろうということ。いやわたしはそうではないけれど、独りで小さなクルマに閉じ込められてグワングワンという四方八方からのブラシの音を聞かなければならないのは、あまり気持ちのいいものではない。

そんなわけで「洗車ショップ」が近くにできたこともあり、さっそく行ってみた。

自宅から郊外に向かって3キロ、中古車のディーラーが並ぶ一角だ。
わたしのは小型車と言えるので、カーシャンプーをつけて洗い、水滴を拭ってワックスをかけてくれる一番簡単なサービスが、日本円にして大体1700円ほど。車内にも掃除機をかけて窓や機器を磨いてもらうと、これが一気に4000円ほどになる。

ハンドウォッシュと言うだけあって、自分でやるのはめんどくさいワックス掛けや窓磨きまでやってもらえるのはありがたい。

自宅には下水口がレンガ敷きの部分にないので、洗車シャンプーの汚水が全て庭の草木の根に行き渡ってしまってよくない。
だから普段はやはりガソリンスタンドの全自動マシンを使うが、たまにはこんなふうに内も外もピカピカにしてもらうのも悪くないと思った。ちょっと高いけどね。

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA