離れている恋人に、余韻を残す会話を

SARSのせいで、悲観している友達がいる。彼、マークの恋人は香港の近くに住む中国人なのだ。カンタス航空が香港へのフライトをキャンセルしてしまった 現在、恋人がパースに来るためには高騰してしまったキャセイ航空を使うしかない。彼女の2週間の休暇のためにそのフライトを予約すると、あまりの高額に次 回のめどがたたないくらいだ。

ため息をつく彼のために、軽い夕食を作って何人か呼んだ。メニューは、洋ナシと生食ほうれん草のサラダ、バジルとマッシュルーム入りトマトソース、そしてリコッタチーズとチキンのはいったアニオロッティ(ラビオリの丸い大型のようなパスタ)。
シンプルで全て30分以内に準備できてしまう料理だが、これにすっきりと喉越しのよいセミヨンをぽんと開ける。

ま だしょぼんとしているマークに、横に
座ったボブが声をかけた。「でもね、会わないってことが、君たちの愛情を高めるってことも考えられる。だって、ほとん ど2日置きくらいに電話してるんでしょ?僕がその証拠だ。」彼は今パースに長期出張中のスコットランド人である。「食べたものとか、見たもの、読んだ本と か、話し出すともう30分じゃ足りないくらいだ。一緒にいたら、いるだけで満足してしまうけれど、離れていて話すと余韻が続くんだ。」楽しいゲストとこん な美味しい食事をしたってこと、話したら彼女うらやましがるよ、と付け加える。
ひとしきり笑いとざわめきの後、マークは「いや、だけどこのサラダとパスタ、ほんとに美味しいや。今夜も遅くに電話をするから、このこと言わなくちゃ」と微笑んで、本格的に口に運び始めた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA