バッセルトンへの日帰りドライブ旅行:Capel Valeワイナリー

夏休み(注:オーストラリアでは12月と1月)が終わって新学期が始まってから、まだ一度も遠出をしていない。「ちょっとお出かけ」というのはストレス解消にもってこいなのに、ここ2ヶ月どこにも出かけていないとは何ということだ。
とは言っても、ここはギネスブックにも載る「世界で一番孤立している都市パース」だ。つまりどこに行くにも遠い。2時間ぐらいならまあ大丈夫だろうと探してみたら、バッセルトン(Busselton)があった。ここには南半球で一番長い1.8キロという木製桟橋があり、その終点の海中観測所ではサンゴ礁も見られる。

決めた。

高速道路をパース近くだったら100キロでぶっ飛ばし、郊外になったら110キロにスピードを上げれば2時間半の道のり。日帰りで行けるぎりぎりの距離だと思う。

日曜日に早く起きることもないよね、と8時半まで寝坊し、珈琲を入れた魔法ビンを持って出発したのが9時半だった。
さて、どれだけパースの「外」が田舎かというと…車の前方はこんな感じ。

左を見てもこんな感じ。

サイドミラーで後ろを見てもこんな感じ。

つまり、真っ青な空と低木がぽつんぽつんと見えるだけの平坦な広野以外、何にもないのである。これがほとんど2時間半の間延々と続く。今日は日曜日だから比較的車もないが、平日だとロードトレインと呼ばれる全長10メートルにも及ぶ連結された列車のようなトラックが走っていることもある。

今回はバッセルトンだけではなく、以前行ったことのあるCapel Valeというワイナリーでランチを取った。2年前、マーガレット・リバーに行く途中に寄ったワイナリーだ。

ここのリースリングがふくよかなシトラスの味わいで美味しかったのを覚えていたので、また12本1ケースを購入。今回は会員登録もしたので20%引きだった。ランチはここのレストランの特色であるワインの種類にマッチしたメニューから、またリースリングマッチを選んだ。もちろん、リースリングも1本。ほんの少し変わっているのは海老が帆立貝になったこと。

以前と変わらず美味しいワインと食事なのだが、ローズマリークリスプと呼ばれる長いカリカリのスティックパイ。塩を間違えて入れたのではないかと思うくらい塩辛くて、とても食べられない。他のものが美味しいのに惜しい。一応スタッフには伝えておいたが、去年から新しいシェフが入ったらしく、味も変わってしまったのかもしれない。それにしてもこんな塩のかたまりのようなクリスプは、自分で食べてみればすぐわかるだろうに。

ワインを郵送してもらう手続きをして外に出ると、ワイン畑の上に低く雲が広がっていた。

駐車場に続く小径は花が咲き乱れていて、香りがさらりと鼻をくすぐる。

さて、ここからバッセルトンまでは30分ほど。ジェッティーのチンチン電車と海中観測所のパックはすでに予約してある。十分に時間の余裕をみてワイナリーを出発した。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA