エカマイのOlive Greek Restaurant

以前住んでいたバンコクのマンションから歩いて3分ほどの近所に、地中海料理・ギリシャ料理の店がある。住宅街の入り組んだ細い道に面したとても小さなレストランだ。店の看板「Olive」が高く張り出ていなかったら、通り過ぎてしまいそうに住宅街に溶け込んでいる。
隣には汁ビーフンのもっと小さな間口の店があって、バイクタクシーの兄ちゃんたちのたまり場だ。時々サッカーに興奮した彼らの「おう」だの「よーよー」だのの掛け声がひっそりとした道に響き渡っている。

明るい店内に入ると、カラフルなクッションが居心地良さそうに沢山並んでいて、どこかの家に招かれたような雰囲気だ。

ここでの定番はMezze(メッゼ)と呼ばれるアペタイザーの大皿だ。メッゼは特定の料理を差すのではなく、様々な肉料理、チーズ、揚げ物、ディップ、オリーブなどを並べてあり、要するに酒を飲むためのつまみのようなものだ。

「Olive」のメッゼはふたつある。ひとつはクラシック・メッゼと呼ばれるオリジナルのものをまとめた大皿、もうひとつはそれにラム肉炒めとソーセージが追加されたさらに大きいセットだ。ギリシャサラダも食べたかったので、今回はこのクラシック・メッゼを注文し、自家製のポークソーセージを1本追加した。メッゼはひとつひとつ好みのものだけを選んでセットにすることもできる。

クラシック・メッゼの肉料理は三つ。チキンスブラキと呼ばれる鶏肉の串焼き、ラム肉の丸いパテ、そして春巻きのようだが実はもっと薄いフィロペストリーの皮で鶏挽き肉とハーブを巻いたもの。そこに、3つのディップ(自家製ヨーグルトディップ、ナスのディップ、スパイシートマトディップ)とたっぷりのオリーブがついてくる。籠には温かいピタの平たいパンが食べきれないほど。
このディップはバンコクの外人用高級スーパーにも出荷しているが、どれも美味しい。わたしのお気に入りはナスのディップ(=メリジャノサラタ)だ。レバノン料理のババ・ガヌーシュととてもよく似ている。

サラダの真ん中にはギリシャ産のフェタチーズの大きな切身が載せられ、トマト、きゅうり、そしてロメインレタス。カラマータオリーブもたっぷり入っていて、シャキシャキと清々しいサラダだ。ハーブドレッシングもさっぱりとしていて口当たりがいい。

クラシック・メッゼとギリシャサラダは、二人で食べるには十分過ぎるほどの量だ。ソーセージは抜いてもよかったかなと思うほど。それでも、「デザートは別腹」は鉄則なので、もちろんわたしの大好きなギリシャ風デザートのバクラヴァを一人分だけ注文した。バクラヴァはハチミツとナッツをパイ生地で来るんだお菓子で、パースでも売っているがトルコ菓子と同じように頭が痛くなるほど甘いことが多い。
用心しながら食べてみて、ビックリしてしまった。頭痛が起きない(笑)。甘いことは甘いが、それが材料の旨みを壊すほどではないのだ。たっぷりのハチミツは水気を含んであくまで爽やか、パイ生地はその水分を吸ってフォークで押すだけでジワジワと蜜が染み出す。ああ、至福の味。

小さな店のことでサービスをしてくれる女性は二人だけだが、忙しいなかキビキビと動き回り、その合間にも微笑みを絶やさない。

ゆっくりと晩ゴハンを楽しんだ後、外に出ると隣のタイ食の店はすでにシャッターが降りている。しんと静かな道に出ると乾季の涼しいそよ風が頬に優しくて、心地よい酔いと満腹感とともに少し歩いてみたくなった。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA