センセイがやっぱり泣いてしまう日

卒業式が近くなると、毎年12年生の生徒たちのほとんどがカードとプレゼントを持ってきてくれる。今まで何年も教えていた生徒たちなので、いきなり抱きついてきて「センセイ、今までありがとう!」なんて言われると、こちらも目頭が熱くなってしまうときだ。

プレゼントも嬉しいが、その心のこもった手書きのカードに泣かされることも多い。その子の成績に問題があって世話を焼いたことが数知れない場合は、特に。
彼女にはずいぶんと時間を割いて添削をしたし、会話の補習も朝早くか放課後に集中した。10年生のときまでは成績がよかったが、文法が難しくなるにつれて他の子たちとの差が出てきた。それでも言われたとおりに作文の練習もスキャンして送ってきたし、受験が近づくにつれて会話も少しずつスムーズになってきて、ほっとしたものだ。

受験が終わり、どうしているかなあと思っていたら、明後日の2016年度修了式のための合唱練習の合間にオフィスに寄ってくれた。12年生は入試期間からすでに授業はない。「センセイ!」と呼ばれて振り返ると、満面の笑みを浮かべて私服姿のその子が立っていた。

「今日はセンセイに御礼が言いたくて寄ったんです」と言いながら、小さな袋とカードを渡してくれた。袋の中には黒く艶のある玉を並べたブレスレットが。彼女が帰ってから封筒を開けてみると、美しい手製のカードだった。中学生のときから手先が器用で、趣味は小物のクラフト細工だった子だ。

card3

この何年もの長いあいだ先生に教えてもらったこと、本当に本当にありがとうございました。先生のおかげでわたしは段々と日本語に興味が持てるようになったんです。先生は知識と細部まで丁寧に教えられる技術を持っていて、本当に素晴らしい先生です。

先生はわたしが7年生のときから教えてくれていましたが、もう最初からずっと一人ひとりの生徒に目が行き届いていて、だからみんな日本語とその日本語を勉強することが好きになったんだと思います。

特に卒業までの2年間、段々と自信がなくなっていたわたしを力づけて最後まで色々と補習やアドバイスをしてくれた先生に感謝しています。

先生はわたしにとって一番特別な先生です。これからもずっと先生と連絡できるように願っています。
本当にどうもありがとうございました!

何だか鼻につんと来て、オフィスの自分の席でほろりと涙がこぼれた。
色々と辛いことや悔しい思いをした2016年だったが、わたしは生徒にだけは恵まれている。そして、だからわたしは教師が辞められないのだと思う。

明後日の修了式は、12年生たちが制服を着る最後の日だ。
わたしの肩までの背だった小さな少女が成長し、若い女性のしなやかな身体を翻して修了式の終了とともに会場の外に駆け出していくことだろう。彼女の未来を思って、何だか寂しいような楽しいような複雑な思いに、カードを胸に抱いてほうとため息をついてみる。

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA