タスマニアへ:ホバートからパースへ

4月20日(水)
ローダーデールのモーテルはかなり大きくて、しかもカジノが併設されている。いや、カジノと言ってもパースのようにブラックジャックやカード・テーブルや、1枚10万円単位のチップをやりとりする個室があるわけではなく、Pokiesと呼ばれるポーカー機がずらりと設置されているだけ。地元のひとたちが夜やってきて、パブで酒を飲み、小銭を賭けるというヤツだ。

夕食はここで摂ったが、スパゲッティーは量だけは3人分ぐらいあったが、アルデンテを10分ぐらい通り越してふにゃふにゃだったし、サラダはデザート並みに甘いドレッシングがかかっていてとても食べられたものではない。ああ、パースのレストランが恋しいと思うのはこんなときだ。または、自分で作るパスタ。

ロスのベーカリーでパンのひとつも買って来なかったのが悔やまれた。

夜にかけて雨がポツポツと降り出し気温が一気に下る。そう言えば、ここ1週間曇ったこともあったが、天候にはかなり恵まれていたことに気づいた。帰る日直前の夜に雨が降るとは…送り雨だね。

4月21日(木)
朝食は前日の夕食でよくわかっていたので、部屋で紅茶に口をつけただけでモーテルを出た。雨は激しくなっている。

空港でレンタカーを返してから、ホバート空港のカンタス空港ラウンジへ。
結構混んでいるのは、国内線しかない空港でしかも次はメルボルン行きだから。

airport1

ここの珈琲は大型の全自動で、自分の好みのものが作れる。これは、カプチーノ。すでに朝食として濃いラテを飲んでチーズを挟んだトーストサンドイッチを食べてしまっているので、ビスケットと。

airport3

わたしが乗るカンタス・リンクの飛行機。カンガルー印のカンタス航空国内線用子会社の飛行機だ。天気が急に昨日から悪化したので、暗くてシトシトと雨が降り続いている。

airport2

飛行時間は1時間と15分なので、客室乗務員たちにとってはかなり忙しい。紙の箱に入った食事を配ったり、飲み物を用意したり。例によって飛行機の食べ物がキライなわたしは紅茶だけ頼んだ。

hobart_melbourne

メルボルン空港のラウンジで1時間半ほど待たされ、そこからは4時間と5分の旅だ。

mel_perth

飛行機の中ではまたiPadが渡され、今回は日本映画の「あん」を観た。樹木希林と永瀬正敏主演で、どら焼き屋を営む過去のある男とハンセン病患者の交流を世間の偏見を織り込みながら描いている。飛行機の中で鼻をかみながら泣いてしまった映画だ。日本映画の特徴でもあるセリフの少ない淡々と進むストーリーだが、長いことお婆さんを演じてきた樹木希林の自然な演技が実にいい。
若いころから年寄りの役をやる女優には故・北林谷栄がいたが、本当に年をとっってからはものすごく味のある演技をするひとだった。樹木希林も昔はかなりエキセントリックだったが、その若さゆえの棘が抜けたいまのほうがシリアスな老人役が似合う。

いずれにしろ感動して泣いてしまったおかげで、そのあとは映画を続けて観る気が起きず、Kindleで読書をしてつい読みふけっているうちに着いてしまった。早いものだ。

パース空港ではもちろん国内線用ゲートなので、税関なしですぐに荷物が出てくるだろうと思ったら、これが大きな間違い。かなり長く待たされたうえに時間が立つに連れてどんどんと前に出てくるひとが増え、160センチのわたしにはもう前方が全く見えない。どこでどう自分のスーツケースが出るのか、ひとの間を縫って背伸びをしたりかがんだりと目を凝らしていたため、いやはや疲れてしまった。

perthairport

今回の旅はルノーのコレオスSUVを借り、タスマニア州の東海岸を行って戻って全部で1022キロ走ってきた。駆け足のタスマニアだったが、1週間以上の旅は久しぶりである。

昔はよく旅をしたものだが、どうも年を重ねると腰を上げるのがおっくうになるのかもしれない。オーストラリアは大きい。またどこかに行きたいと思うようになったのも、今回の旅のおかげらしい。それほど楽しかった。

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA