マーガレット・リバーへ:2日目のHamelin BayとVoyager Estate

さて、2日目の朝。
昨日の飽食のせいで、ホテルの部屋に含まれている朝食はギリギリまで食べず、シャワーを浴びたり今日やることを確認したり。

20150530_2

朝食は併設されているイタリア料理店で。そこに行くには一旦外へ出て、井戸の横から塔のある家に入らなければならない。増築を重ねたらしく、どうもあちこちにドアやら開き戸があって、どうやってどこに行くのか、説明してもらわないとわからない。

20150530_3

そして、こんなふうな美しいステンドグラスのドアまで行くと、アチラがわはイタリア料理店だ。

20150530_1

出された朝食は結構ボリュームがあり、胸焼けが出そうなベーコンだけは残した。卵はバターを使うものは食べたくなかったので、ポーチドエッグで。パンも1枚だけ。でも珈琲は追加…したら400円取られた。

20150530_5-1

まだ午前中なので、マーガレット・リバーの反対側のはずれには市場がたつ。レトロなミニバスの珈琲店が出ていたり、カブなどのパースでは珍しい野菜や焼きたてのパンやお菓子が出ていて、どれも美味しそう。

20150530_6-1

わたしが買ったのは、柔らかくて味のよいヌガーと「ヌガーのリキュール」。甘くてとろりとしていて、とても美味しいお酒だ。

20150530_10-2

そこからは、一気に林を抜けて南下。ジャラーと呼ばれるマホガニーゴムノキの林を走るときには、窓を開ける。冷たくきりりとした風と木の香りが鼻をくすぐる。途中にいくつもある駐車場には、連休のせいか、沢山の観光客がハイキングシューズと大きなレンズのカメラに三脚を携えてゆっくりと歩いて行く。時間があったら、わたしもハイキングをしてみたいくらいの静けさだ。

20150530_9

途中にあった近くのアーティストたちのギャラリーで、この奇妙な形の花瓶(らしきもの)を購入。農家の古い門扉を繋いでいたジャラーの木の柱をリサイクルしたものだという。Roger Pykeというひとの作品。このまま飾るか、卓上ランプに改造するか、まだ考えているところ。

20150530_7-1

Hamelin Bay(ハメリン湾)は、マーガレット・リバーから約30キロのインド洋に面する静かな湾岸だ。砂は粒がとても小さくほとんどパウダーのようで素足に気持がいい。

20150530_11-1

20150530_12-1

ここはStingyrayと呼ばれるアカエイが集まるビーチとしても知られている。浜辺では釣りをするひとたちで賑わっているが、アカエイたちはそのおこぼれにあずかろうとやって来るらしい。巨大なエイだが性格はおとなしいと言う。ただし、怒らせるとその限りではない。シッポは鋭いキリのように尖っているので、これで刺されると命にもかかわる場合がある。

20150530_13-1

20150530_14-1

こちらは、YouTubeで見つけた同じ海岸のアカエイの動画。大きさがよくわかると思う。

帰り道で、Voyager Estate(ボエジャー・エステート)というワイナリーを訪れた。「マーガレット・リヴァーの⻩金の三角地帯」に1991年に設立された、かなり名の知られたワイナリーだ。

20150530_15-1

こちらでは、試飲はカウンターで立ったままする従来のものと、25ドル払ってテーブルで行われるプレミウムワイン6種類の試飲に分けられる。有料と言っても、ワインを購入すれば無料になるシステムだ。後者を選ぶと、立ち試飲カウンターの横にあるテーブルに座って担当者を待つ。ワイングラスは6個。赤か白、またはミックスなどの種類があり、わたしは赤のコースを選んだ。

20150530_17-1

iPadが提供され、各々のワインの説明を詳しく読むことができる。そして、鉛筆とワイン名と簡単な説明が記されたプリントも。至れり尽くせりである。担当者が来ると、よどみない説明とともにワインが次々に注がれる。あとは、自分に合った速度で飲みながらワインが選べるのだ。質問があるときには、呼べばすぐに担当者が戻ってくる。

20150530_18-1

立ち試飲のものより少しずつ量が多いので、ほんわりといい気持ちになってくる。そして、その勢いに乗って1ダース購入。立ち試飲ですでに心を決めていた、少し寝かせておきたい2013年の白Chenin Blancを6本。2009年のShirazを3本。続いてワイナリーの北ブロックのみの葡萄を使った2009年Cabernet Sauvignon Project U12を3本。どれも「今飲まないであと数年」と言われたワインだが、果たしていつまで持つことやら。

ホテルに戻ったら、門番猫が向こう側からじっとこちらを見ていた。まあ、何と立派な眉毛とおヒゲ。

20150530_19

実はこの日はランチなし。10時ごろに食べた朝ごはんのせいで、あまりお腹がすいていなかったせいだ。取りあえず予約しておいたワイナリーのコース料理が6時半。

20150530_20-1

そんなわけで、夕方に近くのTaphouseというパブでスナックのナッツとサイダーを。ここはまだ早い時間なのですいているが、昨日Miki’s Open Kitchenからの帰りに通ったら、若者のバンドが入ってものすごい騒音の中、皆飛び跳ねて踊っていた。いやー、わたしの年代はこんなふうに早い時間にささっとサイダーかビールを飲んで、ウチに帰ってしまうんだろうなあ。たぶん。

20150530_21-1

壁にはジャラーの木で作った大きな地図があり、カウンターではなんとドラフトビールならぬ「ドラフトワイン」まで注文できる。名前も書いていないから、たぶんとてつもなく安いワインなのだろうけれども。わたしはこのマーガレット・リバーの地元ビール醸造店からのドラフト・サイダーを。少々甘めだがさっぱりした後味。色はかなり薄い。

20150530_22-1

このあと、タクシー会社に電話をしたあたりから今日のハプニングが次々と始まるのだが、それはまた次のエントリで。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA