和風ミニハンバーグをおろしポン酢で

小さいときに実家の晩ゴハンに登場したハンバーグはたまに作る。
繋ぎにはパン粉を牛乳大さじ2杯に浸して混ぜ、玉ねぎは飴色になるまでよく炒めて、キャッチボールをしながら形をつくり、食べるときにはケチャップととんかつソースを混ぜて上からかけるヤツだ。
それとは別に、ラム肉のミンチで中近東風コフタも作ったりする。

今回は、わたしには酒のつまみ、母には晩ゴハンという和風ミニハンバーグにしてみた。日本には牛豚挽き肉などという便利なものがあるので、こちらを購入。

DSC00086 玉ねぎはみじん切りにして飴色になるまで炒め、広げて冷ましておく。この間に挽き肉をボウルに入れ、塩コショウし、ショウガのすりおろしを加え、卵を2個、牛乳はたっぷり…いや、たっぷりと言っても挽き肉が浮くほどではない。手で全部こねてみて、かなり柔らかく感じるくらい。繋ぎにパン粉は使わない。そのための卵2個、たっぷりの牛乳だ。

何しろ柔らかいので、ゴルフボールぐらいにそっと丸め、キャッチボールもしない。片栗粉をまぶしてから、オリーブオイルを敷いてフライパンにそっと置き、ほんの少し押し付けるだけ。フタをして焦げ目がついたら、裏返して透明な汁がふつふつと湧き上がってきたら出来上がりだ。

DSC00087

大根おろしをたっぷりのせて、ポン酢をかける。箸で切れるくらいふわふわと柔らかい。中から肉汁がどっとにじみ出る。

それを頬張りながらウーロンハイで至福の晩ゴハン。

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2014

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA