手を差し伸べようよ

以前から様々なところに書いているが、わたしはオセッカイである。

オバサンと言われる年になってオセッカイがもっと楽になったこともあるが、何よりこれは遺伝なのでどうしようもない。困っているひとを見て無視することの「後味の悪さ」のほうが先に立ってしまうので、さっと助けてさっと離れる。母も今では自分の足もおぼつかないくせに、誰かが何か落としようものなら「ちょっとちょっと、あそこのひとがアレ落としたようだから教えてあげてくださいな」と隣の見知らぬひとを使ってまでオセッカイしているようだ。
(いや、いいことのオセッカイばかりではないのは当然で、それは母子ともども気をつけなければいけないなあと思う今日このごろ。閑話休題)

ところが、オーストラリアではわたしのオセッカイの出番があまりない。
バスや外階段の前で困っている乳母車を押す母親や荷物の多いお年寄りがいても、さて助けようと思うと隣から横取りされてしまうからだ。それほど、「手助け」するひとが多い。車を運転していて前方の車が煙をはいて路肩に止まると、必ず誰かがその後ろに車を止めて出てくる。ボロ車の多いパースで、エンコしてしまった車を一緒に路肩まで押してやるひとも数秒で2−3人。
オーストラリアには汚点も弱点も少々首をかしげてしまうことも多々あるが、この「手助け」に関してはオーストラリア人たちの救援意識の高さに頭がさがる。

反対に、今回の東京滞在でわたしがオセッカイする場面がかなりあることを振り返ると、日本は赤の他人に冷たい国だなと改めて思う。

珈琲店で幼児が倒してしまったグラスの水を、小さな紙ナプキンで拭く若い母親。倒したグラスの音はかなり高かったのに、幼児を置いては立つこともできない彼女に手を貸すひとは誰もいなかった。結局カウンターからダスターを借りて来たのは、彼女とはかなり遠い反対側の壁際にいたわたしだ。

10段ほどの階段を手すりにつかまりながら登る老齢の女性。もうひとつの手にはカートを重そうに1段1段置きながら運んでいる。そして何人かの若いひとがすでに駆け上がっているのに、誰も彼女を見ようともしない。わたしはちょうどその階段を降りてきたので、彼女に気づき、カートを持って2階の端に置きに行った。

近くのセブンイレブンでも手押しカートに買った荷物を入れようとしてよろめく老齢の女性がいた。カウンターから出てくることもしないスタッフは、黙ってそれを見つめているだけだ。見るに見かねて、カートのバッグファスナーを下ろして大きなビニール袋を入れてあげ、ファスナーを閉めた。その間たった10秒。

まだまだあるが、どれも「ごく些細な手助け」だ。やったことなど自慢にも値しない、たった10秒のオセッカイだ。そして、わたしはそうした「助けの必要なひとたち」を探しているわけでもなく、ただ毎日外に出て目にしてしまうだけだ。他のひとたちに見えていないはずがない。

「手助け」は震災後のボランティアや救援活動などの大きな目的意識を持った場合だけではなく、日常の些細な個人的手助けをも含むものではないのか。皆で 一緒にするグループでの救援活動には手を貸すが、自分ひとりがさっと手を差し伸べることができないのはなぜなのだろう。周りにひとがいるから、目立つから、もしかしてオセッカイかもしれないからか。そうした一瞬の逡巡で機会を逃してしまっただけだと信じたい。

だから、街で困っているひとがいたら、ほんの一歩踏み出してみてほしい。そして、そっと手を差し伸べてほしい。オセッカイだと思われてもいい、あなたの行為を介して見知らぬひとが喜ぶことの嬉しさに気づいてほしい。「ありがとうございました」「いいえ、どういたしまして。お気をつけて」と言葉を交わすことの暖かさを味わってほしい。

実はこれだってオバサンのオセッカイなのだが、「袖振り合うも多生の縁」に気づかないのはモッタイナイと思ってしまうのだよ、うん。

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2013

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA