日曜日の朝食:久しぶりのフレンチトースト

深夜に突然食べたくなって、あるところに「いきなり厚切りトーストにハチミツ混ぜた卵牛乳をじっとりねっとりと染み込ませてたっぷりのバタで両面きつね色になるまでじっくり焼いて上から粉砂糖とシナモンふりかけたフレンチトーストを食べたくなったんだけど誰か止めてくれ」などという戯言を書いたのが、2週間ほど前。
それからずっと「フレンチトースト…フレンチトースト…」と思い出しては忘れていたのだが、忙しくてそんなふうにゆっくりと朝食をとる時間さえなかった。しかし、今日は一大決心。ちょっと趣向を変えて、メープルシロップを使ったフレンチトーストを日曜日の遅い朝食にしよう。

maplesyrup

メープルシロップはカエデの樹液からとったほんの少し苦味が混じった独特の風味の甘味料。
カナダ産のものは世界中に出まわっている。わたしが持っているのはそんなに高級なものではないが、250mlで約900円ほどする。ハチミツや水飴のようにスプーンにつくほどねっとりしていない。どちらかというとサラサラとたれて、パンケーキなどによく染みる。ただし、あの日本で有名なホットケーキミックスについているものは、純粋なメープルシロップではなく「ケーキシロップ」と呼ばれるシロモノらしい。

この容器はそのカナダ産メープルシロップの独特の形だ。スイスに住んでいたときにも、メープルシロップが1瓶戸棚にあったが、それもブランドは違えど全く同じ形のものだった。

さて、パンは、時間を見計らってパン屋で焼きたてを買ってきた。「トースト用ですか、サンドイッチ用ですか」という言葉に「いや、切らないでください」と。これは自分で厚く切ったほうが美味しいからだ。

卵は撹拌機でよく混ぜ、そこに牛乳をたっぷり混ぜ込む。このとき、低脂肪牛乳なんぞ使ってはいけない。これは、あくまでも「禁断のフレンチトースト」なのだ。妥協は許されない。シナモンパウダーを加えてさらに撹拌。さて、そこに厚切りトーストを浸し、ずっしりと重くなったところで、バターをたっぷりと熱したフライパンへそっと置く。中火で最初中まで火を通し、通ったところで一気に強火で両面バターを焦がす。

frenchtoast

そこにメープルシロップをたっぷりかけて、ナイフで切る。表面はカリカリで中はクリームのようにふわふわだ。
オーストラリアの店で注文すると、よくこれに季節のフルーツ、特にイチゴやラズベリーやブルーベリーなどのベリー系にホイップクリームなどが添えられているが、ちょっと量が多すぎる。で、今朝の朝食は、このフレンチトーストに豆から挽いて淹れた珈琲を飲むだけにした。

ああ、至福の時。
後で摂り過ぎた糖分のため胸焼けがするだろうが、そんなことは食べているときには気にもかけない。困ったものだね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA