酔っぱらいに酒を勧めたら罰金

国が違えば法律も違うわけで、それは「飲酒」でもそうだ。
日本に比べてはるかに「飲酒」に絡んだ暴力や事故などが多いオーストラリアでは、近くの住民が1杯引っ掛けにやってくるパブにも法律の告示が大きく貼りだされている。それも、「オーストラリアン・サッカー」を常時放送しているテレビの真下だ。誰もが顔を上げて熱心に見入るので、嫌でも目にとまる。

fined

拡大すると、こんな感じでオーストラリア政府と西オーストラリア州政府と警察のロゴつきだ。

fined_large

「酔っぱらいに酒を売ったり薦めたりすることは、違法です」と書かれている。そして、罰金の額がかなり高い。

酒売買の許可証保持者、またはその店のマネージャー:10000ドル(約百万円)
店に雇われているひと、または販売員:4000ドル(約40万円)
その他の場合:2000ドル(約20万円)

この「その他の場合」には、酔っぱらいと一緒に飲んでいる同僚だの友達だのが含まれる。つまり、日本の居酒屋でよく見る「まだ飲めるじゃんかよう、ほれほれ」とほとんどロレツも回らない隣の友達にやったら、オーストラリアでは店から警察に通報されて「アナタが」しょっぴかれるのだ。
いや、日本にももしかしたらこういう告示があるのかもしれないが、こんなふうに目立つ場所には貼られていない。少なくとも、わたしは今まで日本では気づかなかった。

この告示を見ていたときに、ふと気になり隣の友達に訊いた。
「ねえ、じゃあ酔っぱらっているひとは罰金を払わなくてもいいの?」「もちろん、払わないさ。酔っ払うこと自体は、ひとに暴力をふるったり車を運転したりしない限り自由だからね」

ふうん、そういうものか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA