イースターの朝食:ホットクロスバン

イースター(復活祭)の金曜日は、イエス・キリストが十字架にかけられた日だ。

その金曜日には全てのパブが閉まり、レストランでは酒類を注文できない。つまり酒売買禁止の日でもある。それでも、もちろん自宅やパーティーで飲むことが禁止されているわけではないので、隣の家のように1日じゅうドンチャン騒ぎをしているウチもある。
加えて、小売店やショッピングセンターはどこも開いていない。いつもは日曜でも祝日でも開いている店がイースターは閉まる。おかげで木曜日のショッピングセンターは狂乱状態で、閉店間近には棚に何もなくなってしまう。

hotcrossbunところが開いている店もある。パン屋だ。なぜかというと、金曜日の朝に食べるホットクロスバン(Hot Cross Bun)を売るためである。イギリスから来た伝統で、シナモンなどのスパイスを混ぜた柔らかく甘いパンのことだ。表面には白く十字が描かれ、そのままでも温めてもいいが、必ずたっぷりとバターを塗って食べる。
普通は6個入りの袋で売られているためとてもじゃないけど食べきれないことが多いが、昨日金曜日の朝4つ入りの小さな袋を見つけたのでそれを買ってきた。

今日は土曜日なので店は開いているが、明日の「キリストが復活する日」と伝統的な振替休日である「イースターの月曜日」はこれまた休み。日本の正月と同じように、外出するよりは家で家族や友達と過ごすことの多い数日間だ。

マザー・グースの歌を思い出させてくれたひとがいるので、動画のリンクを追加。

懐かしい。日本ではこの歌で英語を習う子供も多いが、ホンモノのホットクロスバンを見た子は少ないだろうな。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA