日曜日の優雅「じゃない」昼ゴハン

いや、お見せするようなものではないのはわかっている。久しぶりの投稿でこんな写真はあんまりだろうと思ったが、まあいいや。


茹でている間に野菜を切ったり肉を解凍したりすれば、日清出前一丁は本当に3分でできてしまうんだから。そして、この即席ラーメンをすすり始めたら、先日外で食べたラーメンのことを思い出した。

「近所のお買い物通り」にある小さな日本料理屋、レストランと呼ぶにはあまりに庶民的なテイクアウトショップ、つまりマクドナルドの規模を1/3ぐらいにしてテーブルをぎゅうぎゅうに8つくらい置いた風情の、ひなびた店だ。「新メニュー:ラーメン!」というデカイ看板が出ているし、メニューカードにもでかでかと大きめの写真付きで載っている。

わたしは、ラーメンなら三食で3日ぐらい過ごせるぞ、というくらいのラーメン好きなので、ちょうど近くに行ったついでに注文してみた。

出てきたのは、豚骨ラーメン。これでもかというくらいうず高くつみあげたワカメと、回りの赤い本場中華風大甘のチャーシューが透けて見えるほどの技術を誇って3枚。これを見た時、「しまった」と思った。
案の定、味もそっけもない。麺はのびているし、スープに全くコクがない。豚骨使ってこのコクかよ、とテーブルをひっくり返したくなったが、何とか怒りを抑えて半分以上残して店を出た。お値段1200円(パースの外食はとんでもなく高いのだ。これは周知の事実)。

しかし、まてよ。「この味はどこかで食べたぞ」と、帰り道よく考えてみたら「日清の出前一丁・豚骨味」だった。こちらでもマレーシア製が1袋80円ほどで買えるし、今日のわたしの昼ゴハンも実はこれだ。

80円の即席ラーメンの味をそっくり再現できるとは、何というすごい技術だ。加えて、某パース・レストランガイドを見たら、「ここ好き」というコメントがなんと80%以上。つまり、コメントを寄せたひとたちの80%がこの店の料理が美味しいと思っているわけだ。わたしは英語でも西オーストラリア・パースのレストラン探訪ブログを書いていて、その後この店をクソミソにけなしたら読者がガクンと減った。

ひとの舌は本当に信用できない。
だから、わたしの書いていることも信用しないでね。お願い。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA