整然と並ぶトマトチャツネ

グレンはとても几帳面なひとです。キッチンの引き出しは、フォークやスプー ンが小さいものの順にきれいに並べられていますし、電話をとるために読みか けの新聞を床に落として席を立とうものなら、数秒後にはもうその新聞は古新 聞の束の上に片づけられてしまいます。それどころか、奥さんが食事の後片付 けを終えると、彼がすぐさまキッチンにはいって何もかもピカピカに磨きたて るそうです。

そんなグレンの家の近くでトマトの大収穫があり、いくつもの大きなダンボー ル箱にはいったトマトが畑の隅で売られていました。タダ同然の値段です。さっ そく買ってしまった彼ですが、子供が成人してしまった夫婦では食べきれる量 ではありません。何か変わったものを作ろうとレシピを探し、出来上がったの はスパイシーなトマトチャツネでした。ある有名なシェフの料理本でしたが、 几帳面な彼のこと、きっちりとレシピどおりに作ったら、まあビックリするほ ど美味しいのです。 先週末に、彼の家に何人かの友達が招待されたのは、実にこのチャツネのお披 露目をしたかったからかもしれません。バーべキュウされた仔牛肉のステーキ や魚に色鮮やかに添えられ、何も知らされていなかっただけに、誰もが舌鼓を うって賞賛しました。 食後、「美味しかったら一ビン持っていくかい?」と得意げに勧められ、食料 貯蔵室にはいると、そこには色とりどりの保存食がぎっしりと、しかもきちん と色分けされて並んでいます。「すごいなあ」と皆声が出てしまいましたが、 それはチャツネのビンが20本以上あったことよりも、その軍隊の行進のよう に整然とした貯蔵室の風景に見とれてしまったからでした。

初出:メルマガ「AVANCE!」No. 147

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA