4件のコメント

「触っちゃイケマセン」とクレオパトラのミルク風呂

昨日の市場の片隅にあった看板。オソロシク下手くそな絵だが、危ないってことだけは字が読めなくても大変よくわかる。

びりびりびりびり。

休暇最後の夜、久しぶりに浴槽にお湯をためて自家製**「クレオパトラの風呂ミックス」をたらし、蝋燭をつけてみる。普段は、早朝のカラスの行水で目を覚ますだけだが、ゆらゆらとする蝋燭を眺めながら熱い湯に身体を沈めるのも、たまにはいい。

しかし、こちらのバスタブは浅くて平たい(しかも長い)ので、アタマだけ出してすっかり湯に浸かるには寝そべらなければならない。足がアチラ側に十分届くほど背が高いなら安心していられるだろうが、両脇にしっかりつかまっていないと、オシリがつるんとすべって溺れそうになるのがリラックスを少々さまたげる。しゃがんで入れる和風浴槽が欲しいなあ。
まあいきなり絶世の美女になって風呂から上がれるわけでもないが、少なくとも明日の「戦場」(=教室)に備えて、よく眠れそうだ。

**「クレオパトラの風呂ミックス」**
お風呂好きなひとのための簡単に作れるレシピ。(飲まないでください。こんなもの口にしたら、下痢します。)
ヴァージン・オリーブオイル 半カップ
牛乳 2カップ
ジャスミン アロマオイル 3滴
ローズ アロマオイル 2滴
サンダルウッド(白檀)アロマオイル 2滴
ミネラルウォーター 2カップ
泡立て器を使って牛乳とオリーブオイルを混ぜる。
アロマオイルを一滴ずつたらしながら、混ぜる。
熱い風呂に全て流し込む。

4件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    こんばんは、はじめまして。
    クレオパトラの〜
    いいですね!!
    参考にさせていただきます。
    えと、アロマオイルはエッセンシャルオイルとは違うものなのですが、お風呂に入れて大丈夫ですか?
    100%Pureでなければ、お肌に悪いのでお気をつけ下さいね(^-^*

  2. SECRET: 0
    PASS:
    はじめまして、みぃさん。
    あ、そうです。エッセンシャルオイルです。ご指摘いただいてありがとうございました。
    (全く、タマにしか使わないので、語彙が貧困でマチガイが多い。)
    このレシピは、古代から伝わるものだそうで、入った後、肌すべすべピチピチ生き生きとするのが特徴だとか。(とわたしも信じたいです……)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA