1件のコメント

なぜ、がびのイカ墨フェトチーネは「赤黒い」のか

土曜日のスーパーに行くと、三軒先の魚屋から「モチ肌の小さい中国人女性」が手をヒラヒラと振っている。「丸顔のオジサン」の奥さんだ。確か第三子を出産したとかで、一年ほどあまり顔を見ることがなかったが、乳離れをしたのかこのごろよく店に出てくるようになった。

「ワタシ?」と人差し指を鼻に当てると(実は、この仕草は日本人特有。西洋人は胸に親指を当てる)、大きくうなずいてまた「来い、来い」と合図をする。近づくと、「アナタっ、今日はね、ものすごーく新鮮なイカがあるのよっ」と鼻息も荒い。ウインドウを覗くと、なるほど、目がまだギラギラと光っているピンピンのイカがたくさん並んでいる。
「刺身にしなさい、内臓とってキレイにしてあげるから」と言うが、待てよ、これだけ新鮮ならワタと墨が使える。もう包丁を手にとっている奥さんを制して、そのまま丸ごと袋に入れてもらった。

塩辛にしようか、とも思ったが、今日はちょっとコッテリとしたものが食べたかったので、半身と足をイカ墨のパスタ、半身を前菜の刺身カルパッチオにした。カルパッチオは、ちょいとレモンの酸味を利かせてたっぷりのオリーブオイルで合えれば、下に敷いたサラダもたっぷりと食べられる。

さて、イカ墨のソース。マックロなソースなので、初めて見るとビックリするしろものだけれど、慣れるともう美味しくって、舌や歯までマックロケになることなんかかまっていられない。
そうっと胴体と足を離すと目の上あたりに銀色に光る黒い小さな袋が見つかる。これがイカ墨。その下にワタがだらーりと下がっているので、わたしはこれも使う。両方とも茶碗にしごき出しておくこと。
フライパンにたっぷりオリーブオイルを熱し、つぶしたニンニクをいれて焦げないように香りが出るまで炒める。短冊に切ったイカを加えてさっと炒め、白ワインをどぼっと入れてアルコールをとばし、毎度のことながら自分のグラスにも注ぐ。火を弱火にしてから、前菜のカルパッチオ作りだ。(カルパッチオは先月アップしたので、作り方は省略)

大鍋に湯を沸かしている間に、今度はソースに自家製トマトソースを加える。ふつふつと言ってきたら、火を止める直前にイカ墨とワタを静かに混ぜ合わせる。ワタとイカ墨を一緒にしぼり出したときから、ワタのピンク色と黒が混ざって赤黒いなあ、とは思っていたが、トマトの入ったソースに加えたら本格的に鉄サビ色になってしまった。おや、まあ。アルデンテに茹でたフェトチーネをざざっと混ぜ合わせ、イタリアンパセリのみじんをぱらぱらと振りかけて出来上がりだ。

食べてみたら、ワタも入れちゃったせいで美味しいこと、美味しいこと。ねっとりとしたイカのエキスがたっぷり出ていて、たとえ色がマックロじゃなくても病みつきになりそうだ。

1件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    毎日、スーパーへ顔を出しているといいことがありますよね。
    鮮魚売り場のオジサンは、「よっ大将、今日はこの鯛はどうだい? まけておくよ」なんて半額の札を貼ってくれるしね。
    そちらで手に入るイカはどんな種類なのかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA